« THREE-PEAT WIMBLEDON TITLES | トップページ | NAKAZAWA'S HEAD STOPS KASHIMA »

道草(ネタバレありません)Vol.01

「父、帰る」ВОЗВРАЩЕНИЕ

監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ

外国映画ベストテン 第3位(キネ旬 2004年)

観終わってよかったとかいう前に、「ほんとうにこの終わり方でよかったのか」という思いが駆け巡った。それだけ父と子のドラマがラストまで上手く運んでいたから。私のなかでは2つあって、ひとつは島での場面。もうひとつはエンディング。とにかく観たヒトの感じ方次第という作りになっています。

父とその息子兄弟のロードムービー。ロードムービーは基本的に面白い。昔のソビエト映画「誓いの休暇」(タイトルが思い出せず、キネ旬全史を繰る)を思い出す。ロシア映画でクルマが出てくるなんて前にあった!?切り取られるロシアの自然にも意外。ジャケットとのギャップが楽しめます。キネ旬によるとヴェネチアで賞をとったらしいけど、先物買いのヴェネチアだから・・・

最後に5段階で星を付しておきます。これは「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにつけました。
ということで・・・

DVD鑑賞
☆☆☆――

|

« THREE-PEAT WIMBLEDON TITLES | トップページ | NAKAZAWA'S HEAD STOPS KASHIMA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106223/4851991

この記事へのトラックバック一覧です: 道草(ネタバレありません)Vol.01:

« THREE-PEAT WIMBLEDON TITLES | トップページ | NAKAZAWA'S HEAD STOPS KASHIMA »