« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

PATRIOTS EDGE OUT STEELERS

NATIONAL FOOTBALL LEAGUE

It were both opponent's defences and their own penalties for New England Patriots to suffer from in the rematch of last AFC championship game against Pittsburgh Steelers. NFL champion team scored opener in Runningback Corey Dillon's touchdown rush but in the next series, home-team Quarterback Ben Roethlisberger completed long pass to Flanker Hines Ward to touch down before Pittsburgh made Kicker Jeff Reed's field goal to lead Patriots, 7-10 in the 1st quarter.

It was the 2nd quarter in which Steelers defence sparked. Linebacker Clark Haggans invited visitor Runningback Kevin Faulk's fumble lost and Freesafty Chris Hope intercepted a ball that Right Defenceend Kimo von Oelhoffen deflected visitor Quarterback Tom Brady's pass.

Farthermore, it occured in the last quarter when New England defence made a big mistake to fail a comfortable victory. Refree called Cornerback Chad Scott's play a pass interference in Pittsburgh's 4th-down consequence about one minute to end. Next play, Steelers tied the game to complete a pass to FL Ward.

Patriots Kicker Adam Vinatieri contributed this night's win to make three of four field goal attempts including a winnig kick 5 seconds before time ended. It'll be a long long winding road, I think, for Bill Belichick's men to take the three consecutive titles in the Super Bowl XL next February.

match result:

New England 23-20 Pittsburgh (25 Sep)
(07-00) 1Q TD RB Dillon 4 yd run with Vinatieri's kick
(07-07) 1Q TD FL Ward 85 yd catch with Reed's kick
(07-10) 1Q FG K Reed 33 yd
(07-13) 3Q FG K Reed 24 yd
(10-13) 3Q FG K Vinatieri 48 yd
(17-13) 4Q TD RB Dillon 7 yd run with Vinatieri's kick
(20-13) 4Q FG K Vinatieri 35 yd
(20-20) 4Q TD FL Ward 4 yd catch with Reed's kick
(23-20) 4Q FG K Vinatieri 43 yd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)Vol.08

「スゥイングガールズ」

監督:矢口史靖

日本映画ベストテン 第7位(キネ旬 2004年)

タイトルからしてモロ「ウォーターボーイズ」(同じ監督)とかぶってますが、商売的にはこのわざとらしさが私は好きです。WB自体好きな作品なので、おもわずお店で手にとり、鑑賞開始。

ひょんなことからジャズ演奏とかかわることになった女子高生たちが、晴れの舞台をめざすのが話の筋。観終わって、同じ監督で同じような(?)筋なのにこうも出来が違うものかというのが正直な思いです。私が男であるということを抜きにしても、まったく彼女らの心の動きに共感できなかった。

どうしてコギャルたちが管弦楽を手にするのか。ハナシの根本が抜け落ちてて、音楽の演奏でごまかすという悪い映画的処理を使っている。そのわりにはWBの形にこだわっているのか、オイシイところ(聴かせどころ)は最後にしかない。雪積もる学校の屋上での演奏シーンはもっと見たかったなぁ・・・

サントラは是非一度聴いてみたいと思いつつ、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆―――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NFL SEASON HAS COME AGAIN !

NATIONAL FOOTBALL LEAGUE

On Monday Night in the opening week, Atlanta Falcons had met again Philadelphia Eagles since NFC championship game last January. Quarterback Micheal Vick of Atlanta, who visited Japan to play with Indianapolis Colts last month, became the first Atlanta's scorer in this season when he rushed 7 yards to touch down in the 1st quarter. Atlanta's early lead gave them a 14-10 victory over Eagles.

It was offencive line men for Falcons to get a early lead. Thanks to them, rushing plays including Vick's touchdown run exercised their power. Dirty Bird had no point after 2 touchdowns, that was why it was big for them.

I could not watch this recorded-game immediately, so when I finished to watch it, week 2 had come in which Atlanta arrived at Seattle to get a loss, 18-21.

Now I'm looking forward to watching Super Bowl XL at Detroit on February 5 in next year.

match result:

Philadelphia 10-14 Atlanta (12 Sep)
(00-07) 1Q TD QB Vick 7 yd run with Peterson's kick
(00-14) 1Q TD RB Duckett 1 yd run with Peterson's kick
(07-14) 2Q TD RB Westbrook 9 yd catch with Aker's kick
(10-14) 4Q FG K Aker 44 yd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TRES TRES TRES BIEN, HENRY !

INTERNATIONAL FOOTBALL

Zinedine Zidane had returned to the first international turf as a starting member since EURO 2004 in Portugal. Although the Real Madrid star fired a superb curling ball which was pushed out by Irish goalkeeper Shay Given in early time of the first half, it was not French No. 10 who saved France on that night, but Thierry Henry.

On that night in Dublin, Brian Kerr's men fought to defend well to stop the Frenchmen's ball. The Arsenal striker had only a situation unmarked with a ball and never failed to carry it into the right side net in the second half. It was time when powerful green defences were becoming tired to drive back blue attacks. France deserved a valuable away win over Republic of Ireland to get a step to qualify the European group 4 of FIFA World Cup Germany 2006, in which les bleus moved to the top with Switzerland.

Raymond Domenech selected Claude Makelele's return as well as Zidane. The Chelsea midfielder mostly contributed to the team, I thought, to be more indispensable for it than any other players. But Makelele and Zidane are veteran players. It comes time not to be able to pick them up a couple of years later. For France, the slection is good for long, I wish it strongly.

match result:

FIFA World Cup Germany 2006 Qualifier in Europe
Group 4 at Lansdowne Road in Dublin (7 Sep)

France 1-0 Ireland Rep.
68' HENRY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K by K

MAJOR LEAGUE BASEBALL

Big Unit versus Knuckleballer. Batters of both teams had stood in the situation where it became difficult for them even to hit a single. Jason Giambi's long ball helped New York to take over Boston, 1-0, in the series final at Yankee Studium.

Giambi's flyball in the bottom of the 1st went up to right near the poll and droped down the Main Box crowd. Watching TV, I didn't know where his ball passed, but umpire called it Home Run ! The first hit gotten from Red Sox starter Tim Wakefield had become a run. That was big for Bronx Bombers. New England's knuckleballer made a good performance to allow three hits with 12 strike-outs during 8 innings.

On the other hand, Yankees starter Randy Johnson was also good to limit only a single by Kevin Youkilis with 8 strike-outs during 7 innings. Big Unit's fastball is still alive.

Yankees' dream is not over yet to have shorten the game differences between both teams to 3 games. Hideki Matsui entered the game as the 5th batting and leftfielder to get no hit and no RBI.

match result:

Boston 0-1 New York (11 Sep)
W:Johnson(14-8)
S:Rivera(37)
L:Wakefield(15-11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)Vol.07

「下妻物語」

監督:中島哲也

日本映画ベストテン 第3位(キネ旬 2004年)

2004年のキネ旬ベストテンが発表されて以来、もっとも早く観たかった作品のひとつがコレ。レンタル屋でなかなか7泊にならなくてイライラしつつ(私、週単位で借りないと返却日を忘れてしまうのです)、今回レンタルできて当然期待値はMAX。

ジコチューな娘が自分の世界に耽溺しつつ、人間的に成長する(?)オハナシ。観終わって思ったのは、終盤主人公がバイクに乗る理由をもっと個人的(ジコチュー)な別のものにしてくれれば、サイコーの筋書きだったんだが・・・とにかく濃いキャラ勢ぞろいでテンポ良く楽しめます。そのわりにメイン以外の出番が控えめなのは、深田恭子のロリータぶりを全開に見せようという腹積もりなのでしょう。映画の原始は見世物なのだから、暗闇の中これにどっぷりはまるが勝ち、もちろん私もモニターの前ではありますが楽しませてもらいました。

しかし深田恭子って、フリフリの時とそうでない時の表情がガラっと変わってていいですね。彼女に対する印象がかなり変わりました。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

| | コメント (4) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)Vol.06

「父と暮らせば」

監督:黒木和雄

日本映画ベストテン 第4位(キネ旬 2004年)

結婚して劇場から遠ざかって久しい。もはや年に1回銀幕で観られればラッキー、という領域まで来ている。キネ旬もベストテン決算号しか購入してないし、まして公開間近の作品の情報は(邦画は特に)皆無に近い。本作もまったく予備知識なく鑑賞開始。原田芳雄の最初のセリフを聞いたときは、「なんじゃこりゃ!?」だった。

終戦後数年たったヒロシマで日々葛藤する娘とその父の物語。父・原田芳雄の役へのアプローチといい、父娘二人の長ゼリといい、これは・・・と思ったのだが、観終わったラストクレジットにあるこまつ座の名をみて納得。「シカゴ」や「ラヂオの時間」など最近観た舞台の映画化作品のなかでも、これはとびきり芝居臭い。長ゼリやロングショットにどれだけの意味があるのだろう。インサートの回想シーンも効果的(映画的?)かどうか。よほど舞台が完成されているのか気になる。ストーリーは人畜無害。「火垂るの墓」のように毎年季節になるとTV放送されることになるかも。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NAKATA DOMINATES TIGERS

BASEBALL

It was no chance that relievers went out there. Rookie Kenichi Nakata's strong pitching gave Dragons 5-2 victory over Tigers, who had been shortened their lead to 2 games in Central League.

Kazuyoshi Tatsunami was the hero in batting tonight. Despite batting slump this season, he recieved coach Hiromitsu Ochiai's expectation to keep on entering games as the 3rd batter. He added a score in the 2nd inning to homer against Tigers starter Kei Igawa, who allowed 8 hits and 3 runs in five innings, and hit a good breaing ball Tigers reliever Masashi Sazikihara threw to homer again in the 6th inning when the 2nd batter Hirokazu Ibata homered behind Tatsunami.

Breaking balls Nakata threw tonight were marvellous, I thougt. It is Ochiai's decision that Nakata, who allowed six hits and 2 runs, was replaced by closer Hitoki Iwase in the situation of the 9th and 2 out, but it's not an exaggeration that he might become a great pitcher in the world of Japanese Baseball.

match result:

Hanshin 2-5 Chunichi(6 Sep)
W:Nakata(5-2)
S:Iwase(39)
L:Igawa(11-7)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)Vol.05

「モーターサイクル・ダイアリーズ」THE MOTORCYCLE DIARIES

監督:ウォルター・サレス

外国映画ベストテン 第7位(キネ旬 2004年)

ロバート・レッドフォードが絡んでいる(製作総指揮)作品だということは観終わってから知った。だからタイトルが英語なのかとも思ったが、内容はラテンアメリカでの話だし、本編中のクレジットは全てスペイン語。英米合作の形をとっているとはいえ、私の印象が大多数の印象と等しいと思う。このタイトルはよくない。ちょっとさわやか過ぎやしないか?

最近ではレッドフォード=サンダンス(映画祭)と同義になりつつある。サンダンスの作品は米批評家での受けがけっこう良い。米批評家絶賛で私も見た最近のサンダンス出身作品は、「クジラの島の少女」「イン・ザ・ベッドルーム」「メメント」などがある。これらの作品だけみてもハリウッドの大作群と一線を画し、もうひとつのアメリカ映画(英語圏映画)の受け皿たりえている。本作品はそれとはちょっと意味合いが違うが、優れた企画を実現させるサポートをしたと言うべきか。

のちの革命家となる若者の放浪を描いたロードムービー。私は恥ずかしながらこの革命家を名前程度しか知らない。アカデミーの脚本賞にノミネートされていたのでハナシは面白いのだろう、ぐらいの先入観だった。観終わって感じたのは、確かに魅力的なキャラクターとロケーションなのだが、ロードムービーの常である「旅の終わりの心の成長」、それは彼が誰であるかということが分かれば読めてしまう。ホン書きがそれを避けているというのは、終盤の長ゼリまで、彼の「医者」という部分を大きく取り上げて進めていることからも感じ取れる。その長ゼリのあともなんとなくアマゾンの川に流されるが如く、彼の「のちの革命家」という部分をうやむやにしてエンディングとなっているような。彼(ら)は成長したのだろうか。これはロードムービーなのだろうか。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月観戦記

どうも8月はなかだるみの日々だったような・・・今月はNFL開幕、MLB優勝争いなど目白押し。UEFAチャンピオンズリーグでは先シーズン快進撃だったヴィジャレアル(スペイン)のゲームを今年は見てみたい。

7(日)
韓国 vs 日本(EAFF 東アジア選手権)
9(火)
阪神@中日(NPB)
10(水)
阪神@中日(NPB)
17(水)
イラン@日本(FIFA W杯予選)
19(金)
駒大苫小牧 vs 大阪桐蔭(全国高校野球選手権大会 準決勝)
20(土)
京都外大西 vs 駒大苫小牧(全国高校野球選手権大会 決勝)
31(水)
中日@阪神(NPB)

#日付は放送日(日本時間)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)Vol.04

「Mr.インクレディブル」THE INCREDIBLES

監督:ブラッド・バード

長編アニメ賞 Animated Feature Film(第77回アカデミー賞)
音響編集賞 Sound Editing(第77回アカデミー賞)

PIXARの作品は米批評家にすこぶる評判がよい。これまでの作品は5本あるが、すべて私は観ている。しかもCGの出来がどんどん良くなっている。今回もご多分に漏れず批評家から大絶賛だったわけで、もちろん期待して観た。

基本的なストーリーは勧善懲悪がベースになっていて、アメコミ的展開とCGを上手く融合させているように観終わって感じた。とにかくインクレディブル一家(原題)のキャラクター作りがこの作品の全て。その荒唐無稽さを楽しめるかどうかでしょう。

娯楽作品にとってこれは蛇足だが、もう少し短くてもよかったような気がする。山をたくさん作りたいのは分かるが・・・しかし娯楽の最大のテーマは、「見ている間いかにお客さんを楽しませることが出来るか」だ。私に対してこれは大成功の作品。さらに、

「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

| | コメント (0) | トラックバック (1)

WOODS' GRAND SLAM TAKES D's WHERE TO CAPTURE T's

BASEBALL

Coming back home from an annual long road trip due to Summer Tournament of High School Baseball, Hanshin Tigers welcomed Chunichi Dragons at Koshien. Both teams sent starters for the mound who were going to enter the postponed game of yesterday. They didn't seemed to be better condition than usual.

Dragons starter Kenshin Kawakami gave two homeruns to open the scores in the second. However Hiromitsu Ochiai's bat-men loaded the bases in the top of third and then Tyrone Woods reversed the game to get grand slam against Tigers' starter Kei Igawa, who was replaced before he allowed seven hits and six runs in three innings.   

After Kawakami got off the mound by 5 2/3 innings with nine hits and five runs, Chunichi's relievers gave no run for 3 1/3 innings to hand closer Hitoki Iwase. Meanwhile Akinobu Okada thew into bullpens including originally starting roll Shinobu Fukuhara to set up the game with no run, but couldn't reach short.

Dragons had shortened the difference with Leader Tigers to half game.

match result:

Chunichi 7-5 Hanshin (31 Aug)
W:Kawakami(11-5)
S:Iwase(38)
L:Igawa(11-6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »