« YANKEES REACH TO AL EAST TITLE | トップページ | MCLAREN EXCITES SUZUKA »

POG 05-06 part I

4回京都2日目6R

keiba@niftyのPOGに毎年参加しています。
これまで6頭がデビューし、先日ようやく1勝を挙げました。
SS系産駒オースミタキオンです。デビュー勝ちでした。

近年、「SS系」といわれる、サンデーサイレンス産駒の代表馬が種牡馬となり、素晴らしい成績を挙げていますが、SS系産駒重賞勝ち第一号であるダイタクリーヴァ(父フジキセキ)が1999年に登場以来、ダービーまでの1400M以上の重賞を勝ったSS系は一昨年まではフジキセキとダンスインザダークの両産駒しかいませんでした。そこへ昨年度は新たに3頭のSS系が産駒に重賞勝利を与えました(アドマイヤベガ、スペシャルウィーク、エイシンサンディ)。この波にのるべく彼をセレクトしたわけです。

サンデーサイレンス産駒が今年限りなのは周知のことですが、その穴を埋めるのはSS系なのかどうかは来年のPOGを計る上でも非常に注視していかなければならないでしょう。私としては、とりあえずオースミタキオンによって成功例を見出したことで、初勝利ともどもホッとしているところであります。

これからも不定期で愛馬レポを書いていこうかと思います。

レース結果:

10月9日 京都芝1800M(新馬)
1着、オースミタキオン 1分53秒0 和田竜二Jk
   父 アグネスタキオン by サンデーサイレンス
   母 サムソンレディ by Caerleon
   栗東 南井克巳 厩舎

|

« YANKEES REACH TO AL EAST TITLE | トップページ | MCLAREN EXCITES SUZUKA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106223/6349004

この記事へのトラックバック一覧です: POG 05-06 part I:

« YANKEES REACH TO AL EAST TITLE | トップページ | MCLAREN EXCITES SUZUKA »