« IT IS NOT FRIENDLY | トップページ | 道草(ネタバレありません)Vol.10 »

POG 05-06 part II

5回東京4日目3R

この週は今季初の愛馬3頭出し。すべて掲示板を確保し、ようやくエンジンがかかり始めたかな、といった感じです。とりわけマチカネゲンジの未勝利脱出にホッとしました。サンデーサイレンス産駒です。

ダービーまでの1400M以上の重賞を勝ったSS産駒で、母父Woodmanという馬はこれまで残念ながらいないのですが、その父=Mr. Prospectorの直仔が母父となると、過去SS産駒デビュー以来11シーズンの中で2頭います。それは99-00シーズンのマニックサンデー(母父Miswaki)と、02-03のゼンノロブロイ(母父マイニング)がそれです。前者は牝馬でオークストライアル優勝、後者は言わずと知れた昨年の年度代表馬で、青葉賞を勝ち、ダービー2着でした。どちらも遅咲きが難の血統ではあるのですが、トレーナーがロブロイと同じだし、デビューが早かったのでセレクトしたわけです。

SSが亡くなった2002年に種付けして生まれたのが現2歳世代。死ぬ直前までSSは働いていた訳ですが、この世代の競走馬登録は107頭とこれまでより少ない(前世代188頭、前々178頭)。それだけ他の種牡馬に鞍替えした生産者がいるわけで(SSの病状悪化に伴い止む無くもあるでしょうが)、このあたりの推移の見極めが来年以降の愛馬選択の決め手になるのではないでしょうか。SSの埋め合わせを出来る馬はそういないだけに、今後セレクトの興味は尽きません。

keiba@niftyのPOGに参加しています。

レース結果:

11月13日 東京芝1800M(未勝利)
1着、マチカネゲンジ 1分47秒6(R) 北村宏司Jk
   父 サンデーサイレンス by Halo
   母 マチカネササメユキ by Woodman
   美浦 藤沢和雄 厩舎

|

« IT IS NOT FRIENDLY | トップページ | 道草(ネタバレありません)Vol.10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106223/7139152

この記事へのトラックバック一覧です: POG 05-06 part II:

« IT IS NOT FRIENDLY | トップページ | 道草(ネタバレありません)Vol.10 »