« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

道草(ネタバレありません)Vol.17

「血と骨」

監督:崔洋一

日本映画ベストテン 第2位(キネ旬 2004年)

ジャケットには大きくビートたけしの表情が写っている。原作小説にはいろんなキーワードがあるのだろうが、映画としてはこのジャケットが全てを語っているように思える。

朝鮮半島から大阪へ渡り、昭和を生きた男の生涯を描く、のがあらすじ。観終って思ったのは、主人公を演じるビートたけしの存在感、これに尽きる。主人公の言動は周りにいる者すべてを巻き込んでいくのだが、それ以上に彼の肉体が迫力を持って物語を支配する。「在日」とかいうテーマがあったとしても、それを吹き飛ばすほど。まさに「化け物」で、彼自身が映画だ。しかしこれには悪い面もでた。

「生涯を描く」ということは晩年も描く、というわけで、これがお粗末だった。ビートたけしが老け役をやると、どうしてもバラエティのコントにしか見えない。監督は主人公のバイタリティ溢れる姿を見せるだけでよかったのではないか。どうせ冒頭からナレーションを使っているのだし、彼の最期は違う形で処理して終わらせてくれたらなぁ、と悔やむばかり。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

VHS鑑賞
☆☆☆――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HEART'S CRY ROARS TO BEAT DEEP IMPACT

HORSE RACING

Everybody was surprised by two things when Arima-kinen's result was appeared. One was that unbeaten Deep Impact had been defeated to finish the 2nd in this race, another one was that jockey Christophe Lemaire had positioned Heart's Cry a row ahead during the race. Then Heart's Cry followed it without resisting his instruction to win a big race first time.

The owner of Heart's Cry is Shadai Race Horse to which Yoshida family relates and who made own Six Sense go to Hong Kong two weeks ago. In 2006, the two horses may fly out to race it in Europe or USA as well as past good horses, Lohengrin, Dance In The Mood, Stay Gold and so on.

Former Grand Prix winner Zenno-Rob Roy and '03 Japan Cup winner Tap Dance City had retired in this race. Deep Impact would have entered little of Japanese races to challenge international races next year. It continues still for JRA to develop new heroes who consists of a Nippon Derby winner.

race result:

50th Arima-kinen (25 Dec)
G1, 2500M, turf, at NAKAYAMA Racecourse

1.Heart's Cry #10 Christophe Lemaire, Kojiro Hashiguchi, 2:31:9
2.Deep Impact #6 Yutaka Take, Yasuo Ikee, +0.1
3.Lincoln #14 Norihiro Yokoyama, Hidetaka Otonashi, +0.3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SIX SENSE STUNS HONG KONG

INTERNATIONAL HORSE RACING

I was more impressed by Japanese horse Six Sense climbing the 2nd place in the Hong Kong Vase rather than Japan's Mile Championship winner Hat Trick won in the Hong Kong Mile at Sha Tin.

Six Sense and Jockey Hirofumi Shii were not suitable of the rythm to delay starting. But the 3-year-old colt advanced with a position near at head before the last stretch. Some horses including Six Sense tried to come out to a head from the outside, but the most fastest was Ouija Board, who had won British Oaks last year and had gone across the sea via Japan Cup. 2-3/4 of a length behind her, the Hiroyuki Nagahama's colt positioned down home Best Gift under Douglas Whyte right before the goalline. Race favorite Westerner was the 5th.

In Japan, Six Sense and others were defeated three times by Deep Impact in Triple Crown races. I'm suspicious how much abilities the losers have. When thinking based on Ouija Board, who finished Japan Cup in the 5th place after BC Filly & Mare Turf in USA, 2nd, the race result might have showed that Six Sense's generation was the vintage one.

Now the generation ace Deep Impact is going for Grand Prix, Arima-kinen, to be the horse of the year.

race result:

Hong Kong Vase (11 Dec)
G1, 2400M, turf, at SHA TIN Racecourse

1.Ouija Board #7 Kieren Fallon, Ed Dunlop, 2:28:90
2.Six Sense #11 Hirofumi Shii, Hiroyuki Nagahama, +0.4
3.Best Gift #8 Douglas Whyte, John Moore, +0.4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG 05-06 part VI

3回中京5日目中京2歳S

この週は初の愛馬4頭出しでしたが、軒並み二ケタ着順を喫する有様。その中でこのところ苦戦続きのオースミタキオンが、追い込みに不利なコースで4着健闘しました。とはいえ勝ち馬に1秒以上離されてのゴール、今後の路線に注目です。今回はこの栗毛の2勝目はあるか考えてみます。

まずはプレイバック。格上初戦の萩S(5着)、0.2秒先着の3着馬が次走2勝目を果たしOPを好走、0.4秒退けた7着馬も次走2勝目を挙げました。両馬とも本馬と同じここは格上初戦でした。

次走はまたもOP京都2歳S。一線級との差をまざまざと見せつけられた格好でした。連対馬はともかく、接戦した3着以下はすべて格上初戦。しんがり(6着)以上に失うものの多かった一戦でした。

そこで今回のローカル遠征だったわけですが、勝ち馬は萩Sでは4着(0.2秒差)だったのに、大きく水をあけられてしまいました。前回(重)は馬場の巧拙だったのか?ただ5着馬(葉牡丹賞17着)に小差とはいえ、先着できたのが救いです。

以上振り返って、オースミタキオンの現時点での稼ぎどころは、上り勝負にならないマイル前後、手薄なメンバーとなるローカルの千八限定でしょうか。なんとか休まずに年明けの小倉、春の中京と続き、結果を出せればごほうびにトライアル出走、となれば最高です。もはや馬主さんも京都2歳Sのようなチャレンジは望まないでしょう。

keiba@niftyのPOGに参加しています。

レース結果:

12月17日 中京1800M(OP)
1着、メイショウサムソン 1分47秒5(R)石橋守Jk
2着、トップオブツヨシ +0.3

4着、オースミタキオン +1.1 和田竜二Jk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)Vol.16

「オールド・ボーイ」올드보이

監督:パク・チャヌク

審査員特別賞 Grand Prix(カンヌ映画祭2004)
外国映画ベストテン 第6位(キネ旬 2004年)

世は韓流。どんな形にせよ日本人が韓国の文化に興味をもつということは、前世紀では考えられなかったこと。韓国文化と言えば、「風の丘を越えて」(イム・グォンテク監督)、チョー・ヨンピル、ならすぐ思い出せる。以前はドメスティックなイメージが強すぎて、どうもなじめなかった。そんな私が「シュリ」を観て、「JSA」に驚嘆し、もはや抵抗感なく「ブラザーフッド」を観ている(冬ソナは観てないけど)。もはやハングルが聞こえてこなければ韓国映画と分からぬほど。でも四天王とチェ・ジウぐらいしかまだ顔と名が一致しない。今回の主人公役が「シュリ」に出ていたと言われても全く思い出せない。カンヌが絶賛した本作をようやく手にとり鑑賞開始。

不可解な監禁を強いられる男がその謎に立ち向かう、というのがあらすじ。観終って思ったのはとにかく壮絶の二文字。登場人物と正面で向き合う勇気が求められる作品です。これまでも数ある優れたサスペンス映画に遭遇しましたが、それらに匹敵するほどの展開と、なにより作り手のパワーを強く感じました。原作である日本の漫画にどこまで忠実かは分かりませんが、オリジナルであるエンディングについては、私は好意的に受けとめています。

どうもアバウトな表現でしか伝えられない本作ですが、まだ未見のみなさんに是非触れていただきたい。ただ、好き嫌いがでるのは確かでしょう。最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SAO PAULO TRAPS TO WIN TOYOTA CUP

INTERNATIONAL FOOTBALL

Brazilian goalkeeper had shut out a lot of red attacks, having offside-trapped them, to hand Sao Paulo FC to a win over Liperpool FC in the final of the FIFA Club World Championship TOYOTA Cup Japan 2005. That's why the keeper Rogerio Ceni named an MVP in the match.

The Sao Paulo strikers attacked efficiently while Liverpool dominated around the field. At the 1st half, the game was still well balanced between two teams' power, but was inclining at the red team after Amoroso and Aloisio exchanged short-passes and found Mineiro in the box to score a opening goal. Liverpool FC is like a World All Star team, sending  off players of Spain, Ireland, Finland, Australia and Mali including England as starters. Spanish coach Rafael Benitez changed a game-plan to put on Fernando Morientes as lone striker in the night and Harry Kewell and Steven Gerrard trying from the side. That plan didn't seem to work well for Liverpool to threaten Paulo Autuori's defence. Gerrard tried sometimes from outside box but shot wide. Sao Paulo didn't defend the lead during the game when 2 strikers including defenceman Cicinho counterattacked to carry the ball to threaten a goal. Then it was too late for Liverpool to substitute strikers to tie the game before time ending.

That game was the one, I thought, that the characteristic of both teams was demonstrated each other. It is no doubt that renewal TOYOTA Cup have attracted football fans more than before.

match result:

FIFA Club World Championship
TOYOTA Cup Japan 2005
Final at Yokohama (18 Dec)

Sao Paulo FC 1-0 Liverpool FC
27' MINEIRO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASIAN CHAMP LOSTS BUT SURPRISES THE WORLD ENOUGH

INTERNATIONAL FOOTBALL

As you expected, Sao Paulo FC beat Al Ittihad with 3-2 to advance to the Final of the FIFA Club World Championship TOYOTA Cup Japan 2005. The Brazilian team, however, might have been surprised at the big scoring power the Saudi Arabian team had, of course I was.

Copa Libertadores Champion developed effective attacks at the 1st half when Brazilian international Cicinho from the right found striker Amoroso to connect an opening goal. Then AFC CL Champion was patience to wait for the oppotunity to score when Sierra Leone international Kallon's shot shed the hands of goalkeeper Rogerio Ceni and Mohammed Noor brought it in the goal.

In the beginning of the 2nd half, Sao Paulo's concentration to add points leaded to Amoroso's second goal and following a penalty call he got, which Rogerio Ceni connected with the 3rd goal for Paulo Autuori's team. Anghel Iordanescu's men didn't give up the game to get a chance to spotkick from the right. There was Hamad Al Montashari, who was named the AFC player of the year 2005. The Saudi Arabian defender headed the ball in, which from Brazilian Tcheco's free-kick midfielder Mohammed Haidar changed the course. Asian dream was over but their good fight would means the success in this tournament. I expect a victory in the 3rd place match.

Sao Paulo FC meets UEFA CL Champion at Yokohama while Al Ittihad faces CONCACAF CL Champion at the same on next Sunday.

match result:

FIFA Club World Championship
TOYOTA Cup Japan 2005
Semifinal at Tokyo (14 Dec)

Al Ittihad 2-3 Sao Paulo FC
(0-1)16' AMOROSO
(1-1)33' NOOR
(1-2)47' AMOROSO
(1-3)57' ROGERIO CENI(p)
(2-3)68' AL MONTASHARI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG 05-06 part V

今季POGの登録馬10頭が本日決まりました。最後の10頭目は今週のデビューです。

グッドバニラ by エンドスウィープ 角居勝彦 厩舎
クリノゴールド by ブラックタキシード 田所秀孝 厩舎
ゼンノファイター by ジェニュイン 佐々木晶三 厩舎
カノヤザミラクル by ダンスインザダーク 橋口弘次郎 厩舎
マチカネゲンジ by サンデーサイレンス 藤沢和雄 厩舎
オースミタキオン by アグネスタキオン 南井克巳 厩舎
フレアキャスケード by エルコンドルパサー 小野幸治 厩舎
ジョウノナンシー by フレンチデピュティ 森秀行 厩舎
ブルーミングスノー by サンデーサイレンス 音無秀孝 厩舎
トウカイポリシー by エルコンドルパサー 松元省一 厩舎

牡牝の配分は上手くいったのですが、極端に関西馬寄りになってしまい、愛馬を目の当たりにするのが難しそうで、それがちょっと残念です。なんとか東上を果たしてほしいところです。

この中から私をダービーやオークスへ連れて行ってくれる孝行者が出てくれることを祈っています。

keiba@niftyのPOGに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NYG WINS WHILE FEELY FAILS IT AGAIN

NATIONAL FOOTBALL LEAGUE

On Week 13, New York's defence overwhelmed Dallas leading Quarterback Drew Bledsoe, whose performances would seem to be rude even if team other than NY defended against him, when Giants edged out Cowboys, 17-10. It was not only Bledsoe that the game became such a result, but also Giant Kicker Jay Feely's kick-miss.

Feely had failed two winning feild-goal-attempts in overtime against Seattle on Week 12, which I floated on the head when Giants got a chance to extend the lead in the last quarter. "He did AGAIN !", I instinctively voiced in front of TV. Then, the momemtum for Cowboys ? No. NY good defences or QB poor plays, those were why Dallas couldn't add points to tie the game.

I don't know which team wins NFC East title. And it is certain that both are good defencing teams. Anyway, it may be difficult for both to go up the play-offs next January in watching the game like this.

match result:

Dallas 10-17 New York (4 Dec)
(00-07)2Q TD RB Jacobs 1 yd run with Feely's kick
(00-10)2Q FG K Feely 27 yd
(00-17)3Q TD MLB Pierce 12 yd fumble return with Feely's kick
(03-17)3Q FG K Cundiff 34 yd
(10-17)3Q TD WR Glenn 7 yd catch with Cundiff's kick

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SEMIS, HARD TEST FOR THEM

INTERNATIONAL FOOTBALL

AFC Champion and CONCACAF Champion each won the first game to advance to semifinal in the FIFA Club World Championship TOYOTA Cup Japan 2005. Both teams defended the opponent's hard attacks and grabbed one chance to win. Next games are challenges for them. Al Ittihad faces Sao Paulo FC at Tokyo while Deportivo Saprissa meets Liverpool FC at Yokohama.

I watched AFC Champions League Final and CAF Champions League Final last month. The imprresion I'd had at that time was kind of that almost all players had stopped the opponents by extreme fouls, which had seemed to be called the red-card in Japan. Actually, I was surprised that both teams played each other with fair-play spirits and that was fan game to watch.

CONCACAF and OFC Champions were my first time to see but the Australian team was known by Japanease Kazu Miura's belonging to host country's people. He entered the game as a starter to make chances to score at the 1st half, but his team suffered from opponent's firm defence after allowing a winning goal at the beginning of the 2nd half. Coach Pierre Littbarski should have exchanged Kazu for another striker to tie the game. He had seemed to stick to a 38-year-old striker too much to wast many attacks and much time.

Anyway, I expect to be exciting semifinal games.

match results:

FIFA Club World Championship
TOYOTA Cup Japan 2005

Quarterfinal at Tokyo (11 Dec)
Al Ittihad 1-0 Al Ahly

Quarterfinal at Toyota (12 Dec)
Sydney FC 0-1 Deportivo Saprissa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BENFICA GOES THROUGH AS UNITED LEAVES OUT EURO

EUROPEAN FOOTBALL

Dead or Alive. Entering the game as the 3rd and 4th team, it was just a win for Manchester United and Benfica Lisbon to want for at Estadio da Luz, Lisbon, in the final match of UEFA Champions League Group D.

It was the 3rd team from England to score opener. Right-back Gary Neville found free Paul Scholes in the box and the Englishman made a poor ball-touch but carried the ball with his own body before Portugal team goalkeeper Quim reached it. United seemed to take an initiative of the game. But the away-team couldn't have such a situation to add goals. It was a reason that Benfica's defence worked well to stop United's attacks from the central field, in which Sir Alex Ferguson's men were deprived a ball before they moved it toward a sideline. Another reason was two international strikers, Wayne Rooney and Ruud van Nistelrooy, who moved around the field too excessively to carry a ball to the shot range at last.

Home team's thunderous attack made a success when Brazilian Geovanni dived for a cross from the right to tie the game. But that wasn't enough for Ronald Koeman's team to quarify Final 16. And time came for Portuguese supporters to roar with the excitement. Brazilian Beto shooted directly from the middle range for Lisbon past away goalkeeper Edwin van der Sar after Manchester deffence cleared out a cross.

United always almost had the ball of the possesion during the 2nd half, but Benfica disallowed a chance to score before a referee called time up. Lisbon's dream for King keeps going on. Manchester's Euro campaign ends.

match result:

UEFA Champions League 05-06
Group D, Match Day 6 (7 Dec)

Manchester Utd 1-2 Benfica
(1-0)06' SCHOLES
(1-1)16' GEOVANNI
(1-2)34' BETO
*Benfica into Final Phase Next Feb
*16/Dec. Draw Gives Benfica a Tie with Liverpool in 1st KOR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)Vol.15

「ミリオンダラー・ベイビー」MILLION DOLLAR BABY

監督:クリント・イーストウッド

作品賞 Best Picture(第77回アカデミー賞)
監督賞 Directing(第77回アカデミー賞)他、2部門
外国映画ベストテン 第1位(キネ旬 2005年)

今年もBSでアカデミー賞の授賞式を見た。ここ最近、大作と小品を交互に受賞させている「作品賞」だったが、主要4部門をとった、ハリウッドが愛する作品にようやくお目にかかることができた。

女性ボクサーをジムに抱えることになった老トレーナーの心の機微を描く。老トレーナー役のイーストウッドの存在がとてつもなく大きい。彼の顔の皺、物腰、そして寡黙な中にも滋味深いセリフ。これらがストーリーの中に溶け込んで、魅力ある映画に仕立て上げている。彼なくして、オスカーを受賞した2人の輝きはありえないでしょう。役者で観れる映画、と言うべきでしょうか。まるで舞台を見ているような。ディテールにこだわらず、登場人物の人間味に深く浸れたひとときでした。

オスカー受賞も今年は納得。同業者が選ぶアカデミーだけに、誰もがこの魅力ある役柄にチャレンジしてみたいと感じたからこそ、早春のコダック・シアターで多くのスタンディング・オベーションがあったのかもしれません。私も素晴らしき小品に手を叩きます。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

| | コメント (3) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)Vol.14

「アビエイター」THE AVIATOR

監督:マーティン・スコセッシ

撮影賞 Cinematography(第77回アカデミー賞)
編集賞 Film Editing(第77回アカデミー賞)他、2部門
作品賞ノミネート(第77回アカデミー賞)

ハワード・ヒューズというと、映画プロデューサーとしてしか知らないし、フィルモグラフィーを見ても、観た作品があるかどうかあやしい。そのひととなりに関心を示す前に、「ギャング・オブ・ニューヨーク」に失望した私にとって、どこに鑑賞のモチベーションをもっていこうか悩むばかりだった。

タイトル通り、飛行家としての彼の情熱を中心として物語を展開させている。彼の台詞に『世界一の大富豪になること、世界一有名なプロデューサーになること、世界一の飛行家になること』がある。この作品を象徴するものだが、このために欠陥だらけの映画になってしまったようだ。ハワード・ヒューズという人物を3方すべてから捉えようとする試みには無理があったと思う。1点挙げさせてもらえば、『プロデューサー(映画人)』として出会うことになる、彼の周辺にいる女性(=女優)の扱いが酷すぎる。例えばキャサリンとの場面にもっとも多く時間を割いているが、全体としてあまり効果的ではない。エヴァについては、なぜそこまで彼に尽くせるのかまったく分からない。

結果、ディカプリオ&スコセッシにはまたしても長い時間を奪われたという気持ちしか起こらなかった。ディカプリオの上半身を見ることになったとき、どうしてあれだけのことがあったのに健康的に見えてしまうのか(私はこの時点で観る気が失せた)。またスコセッシのはどうしてどれもこれも長いのか、さらに言えばエンディングにも疑問の余地はある。これじゃ彼が幸か不幸か分かりゃしない。

もはや疑問の余地はない↓

DVD鑑賞
☆――――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG 05-06 part IV

5回中山1日目葉牡丹賞

この週は未勝利を脱出したマチカネゲンジが1勝馬クラスと初対戦。前走のレコード勝ち(GⅢ東スポ杯では4着相当)のせいか本命に押されましたが、大外を回らされたこともあって、2着に敗れました。今回の出走馬のレベルを考えてみたいと思います。

皐月賞と同距離のこのレース、1番人気は上記の通り未勝利明けの本馬、2番人気が札幌GⅢ4着惜敗で2ヶ月ぶりの実戦。3番人気が同GⅢ惨敗でこちらもぶっつけ。結果は2番人気→1番人気→3番人気の順。また7着までが勝ち馬と0.4秒以内という大激戦でした。いい物差しとして使えるのは5着だった逃げ馬ではないでしょうか。

この馬は札幌GⅢ組で結果惨敗でしたが、その前走はGⅢ馬(アドマイヤムーン)とハナ差2着、ここはぶっつけでなく1戦消化(2着)のため、必勝だったはず。とすれば、5着馬にGⅢでも先着している1着馬と3着馬の間に入ったマチカネゲンジは、まだ将来性があるのでは。今週GⅠにエントリーする札幌GⅢ2着馬の結果でさらに力関係がつかめそうです。

keiba@niftyのPOGに参加しています。

レース結果:

12月3日 中山芝2000M(500万下)
1着、ナイトレセプション 1分59秒9(R)ダヴィ・ボニヤJk
2着、マチカネゲンジ +0.3 ケント・デザーモJk
3着、フラムドパシオン +0.3
4着、ダークメッセージ +0.3
5着、ニシノアンサー +0.4
6着、エイシンキャプテン +0.4
7着、ハネダテンシ(f) +0.4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)Vol.13

「鬼が来た!」鬼子來了

監督:チアン・ウェン

審査員特別賞 Grand Prix(カンヌ映画祭2000)
外国映画ベストテン 第3位(キネ旬 2002年)

ビデオ屋で借りたいものがいくつかあって、どれにしようか迷ったとき、判断材料として上映時間をまず考える。120分を超えてるとちょっとニの足を踏んでしまう。そうこうしているうちにこの中国映画を観るのに数年たってしまった。カンヌのグランプリをとってたなんてことも忘れ、早く観ればよかったと反省。

太平洋戦争時下、中国のとある村に二人の捕虜(日本人軍曹と中国人通訳)が連れられてきたことから物語は始まる。観終わって思ったのは、捕虜の一人、中国人通訳は必要だったのかなぁ、ということ。いない方が、この物語が推し進める『疑心暗鬼』の度合いがより高まるのではとも思った。しかし、これによって作品を貶めることはできない。“彼らを生かさなければならない―”この絶対条件がすばらしいサスペンス装置となって、最後のクライマックスまでなだれ込んでゆく。通訳を除けば、すべての人物が魅力的。長尺ということが観ている間まったく気にならないほどでした。

戦場だけではない、自分たちの周辺でも起こりうる事象をこの作品は孕んでいるのだと意識せずにはいられない。ここに登場する日本兵や村人が持った感情、物語前段と後段との落差は、観ていて身震いする。わたしもこれを持っているかもしれない。ではどうすればよいのか。そのことを今でも頭の中で巡らせています。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月観戦記

ハイライトはサッカー、イングランド対アルゼンチンを挙げます。
両チームの、親善試合を通り越してベストの布陣で勝利を追及したプレーの連続に感謝。ワールドカップの熱狂を一足先に満喫したひとときでした。
CXが中継を敢行した英断にも、この場を借りて拍手を送りたい。今後も日本人選手出場に固執せず、良質な試合を提供してください。

4(金)
フィラデルフィア@デンバー(NFL week8)
7(月)
アルアイン@アルイテハド(AFC CL決勝 2leg)
8(火)
インディアナポリス@ニューイングランド(NFL week9)
12(土)
浦和@G大阪(Jリーグ 第30節)
13(日)
大相撲九州場所(~27)
14(月)
イングランド vs アルゼンチン(FIFA 親善試合)
16(水)
ブリーダーズ・カップ ターフ(海外競馬 GⅠ)
ブリーダーズ・カップ クラシック(海外競馬 GⅠ)
20(日)
マイルCS(JRA GⅠ)
21(月)
エトワールサヘル@アルアハリ(CAF CL決勝 2leg)
インディアナポリス@シンシナティ(NFL week11)
24(木)
バルセロナ@Rマドリー(リーガエスパニョーラ 第12節)
26(土)
千葉@G大阪(Jリーグ 第33節)
ジャパンカップ ダート(JRA GⅠ)
27(日)
ジャパンカップ(JRA GⅠ)

#日付は放送日(日本時間)
*ライブ観戦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »