« 1月観戦記 | トップページ | 道草(ネタバレありません)#606 »

道草(ネタバレありません)#605

「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」STAR WARS: EPISODE III REVENGE OF THE SITH

監督:ジョージ・ルーカス

外国映画ベストテン 第8位(キネ旬 2005年)

キネマ旬報のベストテンを見て、一番意外に思ったのがこの映画。SWシリーズは製作順には見てきた。最後に4を観たのは5年くらい前だろうか。エピソード4~6を既に通過してきている大半の者にとって、このエピソード3は、新しいトリロジーの最終章という意味合いよりもむしろ、エピソード4への辻褄あわせに過ぎないのではないか。何か1つの映画としての新しさはあるのか、それを確かめたく早速手にとり鑑賞開始。

遠い昔、はるか彼方の銀河系で・・・共和国最高議長とジェダイ評議会との間で揺れる若きジェダイ騎士の姿を描く3部作完結編。観終って思ったのは、やはり「通過した」という感慨だけだった。娯楽映画にありがちな長尺には目を瞑ろう。SFに多い状況説明のセリフの多さも目を瞑ろう。ヨーダの素晴らしさは相変わらずだが、この辺りばかりが映画の売りになっている気もする。

レイアとルークの秘密を本作で見せきっているのだが、これだと1から順番に観ていくと、セカンド・トリロジーの面白みの一つが損なわれてしまうのでは。逆にハン・ソロのドタバタぶりを微笑ましく眺めていられる、という解釈もあるが。そのうち4以降を再見する機会を作りたい。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆―――

|

« 1月観戦記 | トップページ | 道草(ネタバレありません)#606 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106223/8480783

この記事へのトラックバック一覧です: 道草(ネタバレありません)#605:

« 1月観戦記 | トップページ | 道草(ネタバレありません)#606 »