« JAPAN'S GAME PLAN HELPS USA RECIEVE A WIN | トップページ | FINLAND BEATS CZECH TO KEEP UNBEATEN »

道草(ネタバレありません)#607

「亡国のイージス」

監督:阪本順治

日本のアクション映画なんてどの位ご無沙汰だったんだろう。もちろん絶対数の少なさもあるが、どうやら新「ガメラ」シリーズ以来ではなかろうか。ハリウッドも含めてアクションになかなか手が向かない者にとって、読者選出ベストテンというのは、お店で背中を押してくれるありがたい存在。感謝してます。

テロリストたちが自衛隊の護衛艦を乗っ取って首都を脅かす中、それを阻止せんと立ち向かう男たちの姿を描く、のが本作のあらすじ。観終わって思ったのは、ストーリーの細部がもう少し丁寧だったらなーということ。その最たるものは、偵察衛星の扱い。原田芳雄から「そういえば偵察は・・・」なるセリフを聞いた瞬間、これまでのリアリティ構築とお付き合いしてきた私の忍耐がわなわなと崩壊してしまった。海上自衛隊、航空自衛隊の全面協力のおかげで外見は非常に迫力があって良かったし、音楽と編集をハリウッドから連れてきているのも、画面に貢献していたのでは。ほんと残念の一語。

これは本作に限ることではありませんが、アクション映画って、簡単に死ぬ奴と、なかなか死なない奴の格差が大きいのがいつも気になります。例えば射殺の訓練をきちんと受けている善悪がいるとして、一方は一発で仕留めているのに、片方は仕留めきれずにあとで撃たれた奴に殺されちゃう、とか・・・そういう所がご都合主義なんで、このジャンル観なくなっちゃうんですよねー。ストーリーの大義名分も大事だけど。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆―――

|

« JAPAN'S GAME PLAN HELPS USA RECIEVE A WIN | トップページ | FINLAND BEATS CZECH TO KEEP UNBEATEN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106223/8673581

この記事へのトラックバック一覧です: 道草(ネタバレありません)#607:

« JAPAN'S GAME PLAN HELPS USA RECIEVE A WIN | トップページ | FINLAND BEATS CZECH TO KEEP UNBEATEN »