« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

BARCA GOING HOME WITH HUGE ADVANTAGES AT CHELSEA

EUROPEAN FOOTBALL

The spectacles of being hard to believe jumped into my eyes, bad surface at Stamford Bridge, a blues' Asier Del Horno's sent-off and a goalscoring by own-goal each. And header by Samuel Eto'o gave Barcelona a huge away-win over Chelsea in the 1st leg of the UEFA Champions League's first knockout round. The two teams, who had met here each other last tournament, were said to be same 4-3-3 formation but it was invisible to me at such way.

The English Champion had a problem. Michael Essien had been suspended two games in CL and coach Jose Mourinho placed Eidur Gudjohnsen for Essien this night. I was surprised to see him show his talent as a footballer as much as play on central midfield. Mourinho's plan, however, was broken when Norwegian referee Terje Hauge called Del Horno's charge against Lionel Messi a red-card at 1st half. After John Terry's own goal in the 2nd, the London club started to allow free space to play on the left side where Messi and playmaker Ronaldinho made a chance to score. And to a Cameroonean header.

The Spanish Champion changed usual formation. Coach Frank Rijkaards selected another option lone striker Eto'o to place Thiago Motta next to Edmilson to enrich central midfield. Behind the game by Motta's own goal, Swede striker Henrik Larsson went out there for Motta and Ronaldinho moved from the right area to the left where the Brazilian confused blue defences with Messi. And to a Cameroonean header.

I don't know where the tie's winner goes. What had happend to Chelsea might happen to Barcelona. I wouldn't witness the ending somehow but am looking forward to it.

match result:

UEFA Champions League 05-06
First Knockout Round, 1st leg (22 Feb)

Barcelona 2-1 Chelsea
(0-1)59' own goal
(1-1)72' own goal
(2-1)80' ETO'O

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SWEDES HOLD GOLD OVER NEIGHBOR FINS

ICE HOCKEY

Seconds after starting the 3rd period with a tie score, Nicklas Lidstrom found the target to hit the puck near the blueline on the final day of Winter Olympics. Turin's crowd including me in front of TV was stunned the Swede shot and it instinctively went out of the mouth, "YATTA !" The Sweden team had grabbed gold medals of men's Ice Hockey to beat Scandinavian rival Finland, 3-2.

Finland, who was the first appearance in the gold medal game, stood there as an unbeaten team but Erkka Westerlund's men had fetal moments when they allowed Swedes' Henrik Zetterberg and Lidstrom of both Red Wings to get the tallies in less than a minute of each period. Until the end of time, Finland was given space of carrying the puck by the North European Neighbors.

Bengt Ake Gustafsson's men, who grabbed the gold since the Lillehammer-1994, had NHL players whose performances I had expected, because there were as many players I knew as Canada or Czech Rep, Tomas Holmstrom of the Red Wings, Daniel and Henrik Sedin brothers of both Canucks, and Peter Forsberg of the Flyers, whose moments of goals we couldn't see, to our regret.

Winter Olympics Torino 2006 had given me happy moments to have made me enjoyed exciting Ice Hockey games after a long time. In the future, I want to make a chance to watch NHL games.

match result:

Olympic Winter Games Torino 2006
Ice Hockey -Men

Gold Medal Game at Palasport (26 Feb)

Finland 2-3 Sweden
(1-0)1P TIMONEN
(1-1)2P ZETTERBERG
(1-2)2P KRONWALL
(2-2)2P PELTONEN
(2-3)3P LIDSTROM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ARAKAWA SHINES GOLD WITH PERFECT SKATING

FIGURE SKATING

Time has come when the Japanese who watching TV every early morning have been rewarded finally. Japanese Shizuka Arakawa managed her skating without a mistake to stand the top of the podium in Women's Figure Skating of Winter Olympics Torino 2006. She had come back from the 3rd position(66.02) in short programs the two days before, when Sasha Cohen of USA ended SP so close 0.03 pts ahead of Russian Irina Slutskaya finishing 2nd(66.70).

This night on the 14th day of the Olympics, under no-medal frustrating Japanese press, Arakawa expressed the whole things she could with the whole body. It was likely that jump failures of Cohen and Slutskaya helped the Asian a little bid. All things winded for the blue dressed Japanese. The rest of Japanese, Fumime Suguri and Miki Ando, starting from SP 4th and 8th, finished the 4th and 15th.

Arakawa's gold medal seemed the only one for Japan, but I want to say thank-you for all Japanese players in Turin.

match result:

Olympic Winter Games Torino 2006
Ladies' Figure Skating
Free Style at Palavela (23 Feb)

1.Shizuka Arakawa, JPN, 191.34
2.Sasha Cohen, USA, 183.36
3.Irina Slutskaya, RUS, 181.44
4.Fumie Suguri, JPN, 175.23

| | コメント (2) | トラックバック (0)

LIGHTNING EARLY GOALS HAND CANADA A WIN OVER CZECH

ICE HOCKEY

Both countries had already clinched the playoff berth, but I was sad that Canada and Czech Republic stood like this at the ice rink of Palasport on the final day of the preliminaries of the Olympic Winter Games Torino 2006. Both teams had 2 wins each but surprising losses by Finland and Switzerland.

Ice Hockey gave me more surprises. Canada, who had been shut out last 2 games, took double in the 1st, thanks to Brad Richards and Martin St. Louis, who both were former Stanley Cup Winner Lightning players of NHL. And Chris Pronger extended the lead for Canada at ending when I was being disappointed by the way that the game went to.

The Czech team had gone for a good way with Pavel Kubina's go-ahead goal under the power-play situation in the 2nd. When Petr Cajanek cut the deficit, 3-2, right after the 3rd started, I felt that this match progressed in the interesting  direction. Canada's goaltender Martin Brodeur had saved during the rest of time since Alois Hadamczik's six men rushed for the net to equalize the game with goalie Milan Hnilicka out when Pat Quinn's men deserved a win over the East Europeans.

I wonder that both two teams will go up to the final for gold medals. I expect exciting games next tournament.

match result:

Olympic Winter Games Torino 2006
Ice Hockey -Men

Preliminary Round
Group A, Game 28 at Palasport (21 Feb)

Canada 3-2 Czech Rep.
(1-0)1P RICHARDS
(2-0)1P ST-LOUIS
(3-0)1P PRONGER
(3-1)2P KUBINA
(3-2)3P CAJANEK
*3rd Placed Canada has a tie with Russia in QF
*4th Placed Czech Rep. faces Slovakia in QF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジブリ美術館を訪ねて

うちの子が最近「となりのトトロ」にハマっていることもあって、かねてから行ってみたかった三鷹の森ジブリ美術館へ行ってきました。

まずは予約済みのチケットを渡して入館するのですが、前の回に入った人がまだたくさんいたので、入口から続く中央ホールはごったがえしていました。常設展示室には、数々のジブリ作品のラフスケッチやセル画などがありましたが、うちの子はトトロオンリー。企画展示室(ハイジでした)も子供の気を惹いたのは模型のポッポという具合。ヤツにはちょっと早すぎたかもしれません。

本日のお目当て、ネコバスは2階に待っていました。最初は恐る恐るだっだ我が子も、段々と慣れてマックロクロスケを投げてはネコバスに飛び込んでいました。ひとまず当面の目標は達成。残念ながら中学生以上の大人はこれで遊べません(泣)

階下へ進むと、タイミングよく映画(水ぐも~)の上映時間だったので観ることにしたのですが、子供にとっては始めての映画(館)。ちょっと手持ち無沙汰な感じで、ときどき天井の絵を眺めていました。

館外へでると中庭に手こぎポンプがあるのですが、「~トトロ」に出てきてたのを坊主が覚えていて、自分でそれを動かそうとするのですが、子供には力が要るほどの代物です。私が手伝って勢いよく水が出ると、素直に感動している息子でした。

ひと通り見て回って、まさに美術館、テーマパークではないな、という印象です。露骨に商売っ気もないし。絵の好きな方、アニメの好きな方には楽しめる場所だと思います。

子供が大きくなって、他のジブリ作品も観るようになったらまた来ようと思います。 楽しいひとときでした。
gbl01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

FINLAND BEATS CZECH TO KEEP UNBEATEN

ICE HOCKEY

Finally I've gotten a chance to witness NHL players on TV. Not in Canada or USA but in Turin's Olympic. Everyday, I've been reading the match reports on the webcite of NHL to remember the names of the superstars. It had rocked out the season last year, but my expectation to see them had been more spured this season. I watched the Czech's game with Finland, putting the roster lists on the table.

Before the game, I knew the Czech Republic team consisted of all NHL players except a goaltender, and goalie Tomas Vokoun of the Predators replaced injured Dominik Hasek to enter it. I expected the way that the Fins including Jere Lehtinen of the Stars fought against the number-one seeded team.

Defenceman Marek Zidlicky scored the opener but Czech's forwards were not given a scoring chance by the Suomi. Despite being turned around it and sidelined Jaromir Jagr, who didn't return the rest of game, Czech tied it at 2 by Zidlicky's 2nd goal. Finland worked to defend well, and at last Teemu Selanne's winning goal and Lehtinen's 2nd goal into the 3rd gave the former World Champion the 2nd loss in the group. Finland(3-0) had quarified the quarter-final spot and Czech(1-2) had noticed a difficult road to go through Italy and Canada they left.

Now I'm deep emotion to enjoy the moments surrounding the exciting plays of ice hockey for several days.

match result:

Olympic Winter Games Torino 2006
Ice Hockey -Men

Preliminary Round
Group A, Game 18 at Palasport (18 Feb)

Czech Rep. 2-4 Finland
(1-0)1P ZIDLICKY
(1-1)1P JOKINEN
(1-2)2P LEHTINEN
(2-2)2P ZIDLICKY
(2-3)3P SELANNE
(2-4)3P LEHTINEN
*Finland Clinched Playoff Berth

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#607

「亡国のイージス」

監督:阪本順治

日本のアクション映画なんてどの位ご無沙汰だったんだろう。もちろん絶対数の少なさもあるが、どうやら新「ガメラ」シリーズ以来ではなかろうか。ハリウッドも含めてアクションになかなか手が向かない者にとって、読者選出ベストテンというのは、お店で背中を押してくれるありがたい存在。感謝してます。

テロリストたちが自衛隊の護衛艦を乗っ取って首都を脅かす中、それを阻止せんと立ち向かう男たちの姿を描く、のが本作のあらすじ。観終わって思ったのは、ストーリーの細部がもう少し丁寧だったらなーということ。その最たるものは、偵察衛星の扱い。原田芳雄から「そういえば偵察は・・・」なるセリフを聞いた瞬間、これまでのリアリティ構築とお付き合いしてきた私の忍耐がわなわなと崩壊してしまった。海上自衛隊、航空自衛隊の全面協力のおかげで外見は非常に迫力があって良かったし、音楽と編集をハリウッドから連れてきているのも、画面に貢献していたのでは。ほんと残念の一語。

これは本作に限ることではありませんが、アクション映画って、簡単に死ぬ奴と、なかなか死なない奴の格差が大きいのがいつも気になります。例えば射殺の訓練をきちんと受けている善悪がいるとして、一方は一発で仕留めているのに、片方は仕留めきれずにあとで撃たれた奴に殺されちゃう、とか・・・そういう所がご都合主義なんで、このジャンル観なくなっちゃうんですよねー。ストーリーの大義名分も大事だけど。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆―――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAPAN'S GAME PLAN HELPS USA RECIEVE A WIN

INTERNATIONAL FOOTBALL

Zico Japan's campaign for the World Cup had started from the friendly match against USA. Wearing new uniforms for the World Cup, Japan's players stood at San Francisco's SBC Park but they'd showed me the least bearable performances in the games of Japan I've watched in last a couple of years. Japan allowed USA to make decisive chances to rush for the goal in the 1st half after six Japanese midfielders couldn't collect the ball. The time did came that USA's centerback Eddie Pope easily found the target out of Yoshikatsu Kawaguchi's hands. USA cruised, moreover, to add the goal by Clint Dempsey and Taylor Twellman, who headed it from the corner by captain Landon Donovan early in the 2nd.

It appeared that Zico led for a bad situation by a 3-6-1 formation at head of Tatsuhiko Kubo, who had returned from the injury since 2004. Starting the 2nd half to change a usual 3-5-2 formation with substituting two strikers Seiichiro Maki and Hisato Sato for Kubo and midfielder Yasuhito Endo, it flowed more badly to allow the 3rd goal against USA. Then Zico more changed it to a 4-4-2 formation to use the rest of time for the test of young players, Yuki Abe and Makoto Hasebe off the bench at 35 minutes to end. At last it found a better way to make the ball move around the field. I didn't think that USA players got fatigue, because Japan's bench players including Masashi Motoyama fought back to activate starters Alex Santos and Ryo Kaji. That was how Japan tried to come back the game to cut the deficit by Maki and Yuji Nakazawa lately.

This night, USA had physical strength and speed much more, while Japan showed more toughness and bench works. As a Japanese, I expect to watch the rematch in the R16 of FIFA World Cup Germany.

match result:

FIFA International Friendly
at San Francisco, USA (10 Feb)

Japan 2-3 USA
(0-1)24' POPE
(0-2)39' DEMPSEY
(0-3)50' TWELLMAN
(1-3)60' MAKI
(2-3)90' NAKAZAWA

| | コメント (0) | トラックバック (1)

キネマ旬報2月下旬号#1450を購入して

気になっていた読者選出のベストテンを確認することができました。選考委員によるベストテンには出てこなかった作品を以下に挙げたい。これで今年鑑賞する作品がすべて出揃いました。

<日本映画>
蝉しぐれ
カーテンコール
亡国のイージス

<外国映画>
シンデレラマン
チャーリーとチョコレート工場
オペラ座の怪人
Ray/レイ
サイドウェイ

このベストテンの特徴としては、全国の愛読者による投票のため、地方の方も観られるロードショー系か、秋頃までに地方公開できたミニシアター系で構成されることが多い。本年度もそれが反映されているようですが、作品の出来はともかく、たくさんの映画ファンに愛された写真に触れる機会を早く作りたいと思います。

「カーテンコール」は11月公開なのにランクインとは・・・この監督もここ最近コンスタントに作品を発表してますね。私がチェックするのはずっと後になりそうですが、気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG 05-06 part VIII

1回東京4日目共同通信杯

2歳チャンピオンが登場、さらに高レベルの札幌組を代表する馬が出走とあって、観戦に行ってきました、第40回の共同通信杯。朝日杯覇者の本レース出走は93-94シーズンのナリタブライアン以来。一方ラジオたんぱ杯2着馬の出走はジャングルポケット(00-01)以来。非常に見応えのある直線の攻防でした。

1番人気のフサイチリシャールは9月のデビューから朝日杯まで5戦消化。近年にはないローテに、松田国英トレーナーの強い意気込みを感じます。かたや2番人気のアドマイヤムーンは札幌で3戦無敗を通し、その後札幌組の秋の活躍を見て暮れのGIIIを使いましたが、使ってきている好調馬に足元を掬われる格好となりました。GI馬のネームバリューとコースを経験している点などで人気が決まったのかな、と感じてる間にゲートオープン。

逃げ馬を見ながら強い競馬を示そうする本命馬、内で虎視眈々の対抗馬、という道中の展開。直線に入るとすぐに前を潰し、後ろを押さえにかかるフサイチリシャール。残り1ハロンでジョッキーの鞭が動きます。かたやアドマイアムーンは進路を外にとって直線を進む。まだ鞍上の手は動きません。遂に動いたのは残り100、本命を捕まえにかかった瞬間でした。

この両者、府中では何回やっても軍配は勝馬では、と思わせるパフォーマンスでした。中山でのGI馬の巻き返しが楽しみです。あとはこの2強に割って入れる馬がいるのかどうか。3月のトライアルはそのあたりに注目。私の愛馬もそこに食い込んでいきたいものです。

keiba@niftyのPOGに参加しています。

レース結果:

2月5日 東京芝1800M(GIII)
1着、アドマイヤムーン 1分48秒4 武豊Jk
2着、フサイチリシャール +0.1 福永祐一Jk
3着、マッチレスバロー +0.2 後藤浩輝Jk
4着、ショウナンタキオン +0.3 田中勝春Jk
*映像閲覧は主催者まで
am5526   

| | コメント (0) | トラックバック (1)

道草(ネタバレありません)#606

「ウィスキー」WHISKY

監督:フアン・パブロ・レベージャ、パブロ・ストール

東京グランプリ(東京国際映画祭2004)
外国映画ベストテン 第7位(キネ旬 2005年)

ウルグアイは苦難に満ちた歴史を歩んできた。(中略)大国の利害に翻弄されてきたウルグアイが最終的に独立したのは1825年、英国の調停によってアルゼンチン、ブラジルの緩衝国として成立したのである・・・ <NUMBER PLUS Dec. 05より>

ちょうどウルグアイのサッカー記事を読んでいるときにこの映画を観た。タイトル、ジャケット、監督の名前から中身どころか、どこの国の映画か想像できないまま、お店でDVDを手にとった。

ブラジルから帰郷する弟と、偽装夫婦を演じる工場社長の兄とその従業員のお話。なぜ偽装する必要があるのか?ブラジルでうまくやってる弟への感情なのか?観終わって思ったことはいっぱいある。登場人物が一堂に会し別れる、その前後の日常をそれぞれもう少し見せてほしかったなぁ。彼らが一緒にいるときに日常の行為をどのくらい逸脱しているかの判断がちょっと難しかった。含みを持たせすぎじゃない?中盤のホテルも私にはウルグアイなのかブラジルなのか分かりにくかったです。

狂いそうなほど地味で静かな映画。カウリスマキを引用する方もいますが、彼にはまだロックがある。こちらはラストまで音楽もかからないし。カウリスマキは好きだけど、これはなじめなかった。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆―――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#605

「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」STAR WARS: EPISODE III REVENGE OF THE SITH

監督:ジョージ・ルーカス

外国映画ベストテン 第8位(キネ旬 2005年)

キネマ旬報のベストテンを見て、一番意外に思ったのがこの映画。SWシリーズは製作順には見てきた。最後に4を観たのは5年くらい前だろうか。エピソード4~6を既に通過してきている大半の者にとって、このエピソード3は、新しいトリロジーの最終章という意味合いよりもむしろ、エピソード4への辻褄あわせに過ぎないのではないか。何か1つの映画としての新しさはあるのか、それを確かめたく早速手にとり鑑賞開始。

遠い昔、はるか彼方の銀河系で・・・共和国最高議長とジェダイ評議会との間で揺れる若きジェダイ騎士の姿を描く3部作完結編。観終って思ったのは、やはり「通過した」という感慨だけだった。娯楽映画にありがちな長尺には目を瞑ろう。SFに多い状況説明のセリフの多さも目を瞑ろう。ヨーダの素晴らしさは相変わらずだが、この辺りばかりが映画の売りになっている気もする。

レイアとルークの秘密を本作で見せきっているのだが、これだと1から順番に観ていくと、セカンド・トリロジーの面白みの一つが損なわれてしまうのでは。逆にハン・ソロのドタバタぶりを微笑ましく眺めていられる、という解釈もあるが。そのうち4以降を再見する機会を作りたい。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆―――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月観戦記

ハイライトは大相撲初場所。大関栃東、カド番からの優勝を挙げます。ある時はおっつけながら徐々に自分の相撲に持ち込むかと思えば、ある時は瞬時に相手のまわしを掴んで速攻を決める。強くて巧い栃東が帰ってきたことを実感した15日でした。
栃東だけでなく、新大関琴欧州や大関獲りを狙う白鵬もいる、平幕からも虎視眈々・・・ようやく横綱朝青龍の連覇が止まり、多士済々の今シーズンを象徴する場所となっていければ、楽しめそうです。

1(日)
浦和 vs 清水(JFA 天皇杯決勝)
8(日)
大相撲初場所(~22)
10(火)
ジャクソンビル@ニューイングランド(NFL プレイオフ)
13(金)
カロライナ@NYG(NFL プレイオフ)
16(月)
ワシントン@シアトル(NFL プレイオフ)
22(日)
サンアントニオ@マイアミ(NBA)
23(月)
カロライナ@シアトル(NFL プレイオフ)
ピッツバーグ@デンバー(NFL プレイオフ)

#日付は放送日(日本時間)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第78回アカデミー賞候補発表さる

現地時間1月31日の早朝、ハリウッドにてアカデミー賞のノミニーが発表されました。詳細は他でご確認いただくとして、鑑賞候補の5本が決まりました。

<作品賞>
BROKEBACK MOUNTAIN 「ブロークバック・マウンテン」
CAPOTE「カポーティ」

CRASH 「クラッシュ」
GOOD NIGHT, AND GOOD LUCK.「グッドナイト&グッドラック」
MUNICH 「ミュンヘン」
*「 」内は邦題

"Brokeback Mountain"が主要5部門を含む最多8部門でノミネート、これに"Crash"、"Good Night, and Good Luck"、"Memoirs of a Geisha(邦題:SAYURI)"が6部門で続いています。また宮崎アニメ"Howl's Moving Castle(ハウルの動く城)"がBEST ANIMATED FEATURE(長編アニメ賞)候補に挙がっています。

授賞式は現地時間3月5日、ハリウッドのコダックシアターにて、ジョン・スチュワートの司会で行われます。ABCが中継。私はNHK-BSでチェックします。当日が楽しみ。

【資料】第79回アカデミー賞候補はコチラoscar78 

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »