« 2月観戦記 | トップページ | CROATIA GETS A FRIENDLY WIN OVER ARGENTINA »

78thオスカー速報を見て・・・雑感

先ほど第78回アカデミー賞の受賞発表がすべて終わったようです。昼食をとりながらインターネットの速報を確認していたのですが、意外な結末でした。調べてみると3年前の結果に酷似しています。

授賞式をご覧になったことのある方はご存知でしょうが、主要部門の発表順は主演男女優賞のあと、脚本/脚色賞、監督賞、作品賞と続いていくわけですが、大方の予想通り、「ブロークバック・マウンテン」と「クラッシュ」による取り合いの展開となります。

オスカーがどっちに行ったかは、よそでご確認いただくとして、3年前の話をすると、当時は「シカゴ」と「戦場のピアニスト」の一騎打ちでした。ラスト3賞を前にロブ・マーシャルのミュージカル映画は5つのオスカーを既に手にしています。かたやロマン・ポランスキーのカンヌ作品は主演男優賞のみ。作品賞までの大勢は明らか。しかしガチンコ対決となった脚色賞は「~ピアニスト」へ。さらに監督賞と作品賞はセットで一つの作品が受賞するのが通例なのですが、結果は・・・

このような流れが2006年の今年も起こったようです。

授賞式の様子は18日(NHK)まで待たねばならない私ですが、米国人であるアカデ ミー会員の思惑がどのように揺れたのか、放送を目にするまで現地の記事を読んで楽しみたいと思います。ちなみに2003年の両作品についてはどちらも私的には大満足だっただけに、今年の両作品もそうあってほしいものです。

kt06

|

« 2月観戦記 | トップページ | CROATIA GETS A FRIENDLY WIN OVER ARGENTINA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106223/8970094

この記事へのトラックバック一覧です: 78thオスカー速報を見て・・・雑感:

» 「第78回アカデミー賞」受賞結果 [Mumble ★ 全力疾走KENのつぶやき]
今年もやってきました、アカデミー賞 。 毎年、自分はアカデミー賞 で、作品賞にどれが輝くかをひとりでこっそり予想しています。 今年のノミネートは、 『ミュンヘン』 『ブロークバック・マウンテン』 『カポーティ』 『グッドナイト&グッドラック』 『クラ... [続きを読む]

受信: 2006/03/06 18:42

» なぜ「クラッシュ」がアカデミー賞? [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 1カ月近く映画を観ず、従って、このブログも更新していなかった。「コメントスパム」という恐るべきコメント、TB攻撃に遭い(大量の無意味なコメント、TBが押し寄せてくるのです)、ブログにちょっと興味を失いかけていたのも事実。しかし、きょうは映画の祭典、アカ....... [続きを読む]

受信: 2006/03/07 16:14

» 第78回アカデミー賞決定〜♪ [京の昼寝〜♪]
☆★☆★☆ 第78回アカデミー賞作品決定! ☆★☆★☆  待ちに待ったアカデミー賞の発表がありました〜5日の日曜日に「アカデミー・シネマフェスティバルin 丸の内」に行き、実際に映画で俳優が着た素晴らしい衣装を見て来た後だけに興奮しました〜 WOWOWは観れないので、早く録画したDVD借りて観たいなぁ〜<主要6部門> ★ 作品賞   『クラッシュ』     <ノミネート>    『ブロークバ�... [続きを読む]

受信: 2006/03/07 17:55

» ピンとこない米アカデミー賞発表 政治的意図見え隠れ [時事問題ショートコメント!]
 第78回アカデミー賞の発表が5日夜(日本時間6日)あった。作品賞が、人種対立が題材の群像劇「クラッシュ」。監督賞に、保守的な土地で同性愛に目覚めた若いカウボーイ2人の愛と苦悩を描いた「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー。  主演男優賞は作家トルー...... [続きを読む]

受信: 2006/03/08 03:10

» アカデミー賞アジア人初の監督賞アンリーおめでとう! [ラスタ・パスタのレレ日記]
第78回米アカデミー賞が発表されました。なんと、監督賞では、『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー李安監督が受賞。アジア人初の監督賞受賞とのことです。おめでとうございます。アン・リー監督は台湾出身で、『ウエディング・バンケット(喜宴)』(93年)2...... [続きを読む]

受信: 2006/03/08 22:15

« 2月観戦記 | トップページ | CROATIA GETS A FRIENDLY WIN OVER ARGENTINA »