« POG 05-06 part XI | トップページ | MORIMOTO'S LEAD-OFF HR HELPS FIGHTERS A WIN OVER LIONS »

道草(ネタバレありません)#613

「チャーリーとチョコレート工場」CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY

監督:ティム・バートン

数年前のベストセラーに「ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本」がある。新しい英語の学習法を易しく解説した本だったが、その巻末にお勧め書籍(英語)があって、その中に「Roald Dahl's books」があった。その代表作としてこの映画の原作を取り上げている。そういえば小学生の頃、図書室で絵本版を読んだような記憶もある。今回キネ旬読者が評価したこともあって、手にすることにした。

世界中から選ばれた5人の子どもたちがチョコレート工場に招待され、その奇想天外な世界を垣間見る、というのがあらすじ。ティム・バートンは、そのほとんどの作品を観ているくらい好きで、「シザーハンズ」で決定的になり、最近では「スリーピー・ホロウ」もお気に入り。この作品ものっけから、おなじみダニー・エルフマンのスコアが鳴っているし、即座に彼の世界に浸れた。チョコレート工場内の様子を見ると、相変わらずのB級テイストも健在。子どもたちに事件が起き、音楽と踊りが始まった時にはもう完全に彼の世界を楽しんでいる自分が。またやられた!しかし今回はここまで。

事件→音楽・踊りがパターン化されてて、何回目かでちょっと飽きてきた。さらに終盤、チャーリーと賞を受けた子との価値観の違いにお互い過剰反応しているところが唐突に過ぎる気がする。こうなるとラストはもうお決まり。逆にラストをそのように持って行きたいがための展開・転換にしか見えない。とことん奇想天外を通して、踊り呆けてくれた方が良かったのかも。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆――

|

« POG 05-06 part XI | トップページ | MORIMOTO'S LEAD-OFF HR HELPS FIGHTERS A WIN OVER LIONS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106223/9759243

この記事へのトラックバック一覧です: 道草(ネタバレありません)#613:

« POG 05-06 part XI | トップページ | MORIMOTO'S LEAD-OFF HR HELPS FIGHTERS A WIN OVER LIONS »