« KOBAYASHIs GIVE MARINES A VICTORY OVER HAWKS | トップページ | HAPPY 1st ANNIVERSARY »

道草(ネタバレありません)#615

「シンデレラマン」CINDERELLA MAN

監督:ロン・ハワード

アメリカ人は本当にボクシングが大好きだ。「ロッキー」シリーズは言うに及ばず、オスカーに絡んだ作品だけでも「レイジング・ブル」「ハリケーン」「ミリオンダラー・ベイビー」など簡単に出てくる。野球やアメフトのように、一発逆転を好むお国柄ですね。だからサッカーは流行らない。ロン・ハワードとラッセル・クロウがまたもタッグを組み、公開当時米批評家から大絶賛、さらにキネ旬読者からも大絶賛を受けた作品を鑑賞開始。

1920~30年代、アメリカに実在したジム・ブラドックというヘビー級のボクサーの生きざまを描く。ロン・ハワードの映画をすべて観ているわけではないが、彼の作品には(真の)悪人がいない。「バックマン家の人々」「アポロ13」「ビューティフル・マインド」・・・だから彼の作品は観ててとても気持ちがいい。本作もこれまでのフィルモグラフィーに負けず劣らず、気持ちのいい終わり方で幕を閉じる。ボクシングもののパターンともいえるクライマックスの試合についても、インサートとして入る市井の人々とラジオの実況、なにより控えめな音楽などの使い方が上手くて、過剰に煽ってないのが良かったのでは。観終わって正直に、あぁ~いいオハナシだったな~、という感慨に浸れた。やや長尺ですが、とても楽しい時間を過ごしました。

オスカー候補にもなったポール・ジアマッティがいい。「サイドウェイ」の彼も良かったけど、いい役者さんですね。そしてロン・ハワード。彼の作品は全般に、ハズレがないことを今回再確認しました。最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

|

« KOBAYASHIs GIVE MARINES A VICTORY OVER HAWKS | トップページ | HAPPY 1st ANNIVERSARY »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106223/9801907

この記事へのトラックバック一覧です: 道草(ネタバレありません)#615:

» カナダでの永住権取得 [カナダ・トロント大図鑑]
カナダでの永住権取得カナダに移住したい場合に取得します。手続きはカナダ大使館・領事館などのカナダ国外にある機関を通すか、国内で申請したい場合は専門の弁護士か会社に相談するとよいでしょう。 [続きを読む]

受信: 2006/05/08 23:20

« KOBAYASHIs GIVE MARINES A VICTORY OVER HAWKS | トップページ | HAPPY 1st ANNIVERSARY »