« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

KOMANO, FUKUNISHI LIMIT GERMANY WHILE JAPAN FORCED DRAW

INTERNATIONAL FOOTBALL

That was a fun game to watch. Japanese striker Naohiro Takahara's double wake up us in front of TV in Japan early morning. But the Sumurai Blues was forced to draw with host Germany at Leverkusen's BayArena in the warm-up game for June's FIFA World Cup. Under Germany's dominance since starting the game, it was Yuichi Komano and Takashi Fukunishi who contributed to change it before leading Takahara's opening goal at 12 minutes of the 2nd half.

Komano, who was replaced for injured Akira Kaji midway through the 1st, went on challenging forward the goal to create the chance to score. At last he made German left side Bastian Schweinsteiger reduce attacking drives seen at the 1st. Fukunishi, whom Brazilian Coach Zico put on there as a defensive midfielder by the side of Hidetoshi Nakata, limited the performances of German captain Michael Ballack during the game. The German skipper failed to score many times under the situations of the spot-kick and was likely recieving the yellow cards due to charge to Fukunishi. In the match, Japan's threat was not the breakthrough from the central but high balls from the side.

Germany's first scoring drive was Schweinsteiger's early cross near the halfway line to striker Miroslav Klose, who shook off Japanease defender Tsuneyasu Miyamoto. And the eqaulizer was produced from the free-kick near the right corner to Schweinsteiger, who headed in escaping from the defence.

Japan had exposed the weakness of the defence for high balls that every opposites against Japan think and hadn't been able to deny it this night. But Japan is now more hopeful than the host country. I will expect Japan's leaping in coming Group-F matches against Australia, Croatia and Brazil.

match result:

FIFA International Friendly
at Leverkusen, Germany (30 May)

Japan 2-2 Germany
(1-0)57' TAKAHARA
(2-0)65' TAKAHARA
(2-1)76' KLOSE
(2-2)80' SCHWEINSTEIGER

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG 05-06 part XIV(終)

総括

オペラハウス産駒のメイショウサムソンが石橋守Jkを背に皐月賞に続く2冠を達成したところで、私の今季POGは幕を閉じました。5年連続で愛馬を出走させてきたダービーも今年は出走なし(涙)、今回は今季POGの総括をしてみたいと思います。

6月26日に愛馬が初出走し、暮れになって10頭目がデビュー。のべ70回の出走を果たし計7勝を挙げることができました。OP・重賞未勝利で獲得賞金は1億円超。終わった印象としては、全馬がフルに稼動してくれ、最低ラインのポイントはなんとかこなせたかなと感じています。稼ぎ頭はサンデーサイレンス産駒(マチカネゲンジ)で、次点がエルコンドルパサー産駒2頭(フレアキャスケード、トウカイポリシー)。両種馬とも今季のPOGに産駒を送り出していないので、来年度のPOGも一から種馬探しをしなければならないようです(泣)

今季POGの全体の印象としては、SS亡き後の過渡期の始まりが1年早くやってきた、という思いです。SS産駒はG1を勝つことができず(過去2度あり)、SS系種牡馬は言うに及ばず、キングヘイローやクロフネなどフレッシュな血が駆けた反面、オペラハウスやパラダイスクリークなどこれまでの中堅どころが爆発するなど、来季の10頭選びにはより一層のバランス感覚が求められそうです。

そして来年の新種牡馬は? 米2冠馬カリズマティックとウォーエンブレム、日本ダービー馬ジャングルポケットとタニノギムレットなど話題性はありますが、10頭の中心には選べない。せいぜい大穴ねらいで1~2頭入ればなぁと思いますが。

ともかく来季POGは6月17日函館ほか2場で開幕。セレクトする馬リスト作成も大変ですが、毎年開催が危ぶまれるkeiba@niftyの「NET POG」の方が心配。来季も頼んます。

<ad>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#617

「リンダ リンダ リンダ」

監督:山下敦弘

日本映画ベストテン 第6位(キネ旬 2005年)

THE BLUE HEARTSは私がティーネイジだったころ流行っていたロックバンド。当時のカラオケブームもあって、大学のころにはボックスで十八番にしている先輩もいた。そんな先輩を別にしても、当時彼らの楽曲「リンダ リンダ」のサビくらい口ずさめない学生は、文化祭で焼きソバの模擬店を目にしないことよりも少なかったはずだ。かくいう私もサビぐらいはなんとか・・・さらにクラスで模擬店の売り子の経験も少々・・・ともかくノスタルジックなタイトルをようやく手にすることができた。

文化祭前日。内紛で壊れかけた女子バンドが新ボーカルを加え、まとまっていく姿を描く。始まり方は面白かった。当事者の周辺から何がどうなのか段々教えていくので、最初はダレずに見れた。しかしメンバーが決まったあと、彼女らの結束していく過程がイマイチはっきりしない。これといった事件が何もなく発展もないのに、時間経過とともに予定調和の如く、歌えない唄が歌えるようになり、稚拙なギター捌きがイイ感じになってきたりするのである。とって付けたような恋愛シーン。無理矢理な感じの雨の疾走シーン。作り手は皆、リズムがあるだけで体育館の舞台に群がり、無感覚に飛び続ける生徒たちの如く安易だ。

例えば、湯川潮音のボイスに(私とともに)愕然としていて足が止まっている(ように見えた)ボーカル役の気持ちをもう少し映画に反映してあげてもいいのではないか。次に出てきて歌う彼女の一生懸命な姿の切り返しが無脳な観客のジャンプでは、とても救われない気がした。映画的な要素がたくさんあるのにこれでは非常に残念。

「わたしの貴重な時間を邪魔」したのは確かですが、もしかしたら青春映画好きにはたまらないかもしれないので・・・

DVD鑑賞
☆☆―――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEW HOPES OF EACH BASEBALL CLUB

BASEBALL INTERLEAGUE

Yomiuri Giants and Hokkaido Nippon-Ham Fighters were the 5th position on each league's table last season. It is surprised that both teams excite Japanese baseball now. Both coaches appointed young and fresh players to activate the team effort and are working well. I watched their games at Tokyo Dome on TV.

I live in Tokyo, so despite almost not watching Giants' games last year, I knew new players picked up on the Draft commission and new foreign players scouted for the Tokyo ballclub. Coach Tatsunori Hara, who was named as the manager since 2003 season last autumn, lost experienced pitchers like Hisanori Takahashi, Masumi Kuwata, and Koji Uehara. Then he gave a chance to play with the top team to young players like Tetsuya Utsumi, Kentaro Nishimura and Satoshi Fukuda(rookie) in pitching, or Yoshiyuki Kamei and Manabu Iwadate in batting. Especially Utusmi grew up on the mound to earn the 5th win on the midgame of this series as a 24-year-old boy is the second best ERA in the Central League, 2.12, to answer the manager's expectation most.

On the other hand, Fighters' coach Trey Hillman didn't make the batting members defference from last season like Giants, who have put Lee Seung Yuop from the Marines on the 4th batting since the opening of this season. However the American coach, who is the 4th year since going to the north land, found a new coming pitcher go out there, Tomoya Yagi. A 23-year-old rookie allowed 4 hits and one run in 6 2/3 innings to contribute to Fighters' victory over Giants, 5-2 on the last game of the series, Fighters' 49th game this season, when he is now leader on the Pacific League's ERA standing, 1.64, and co-leader with three pitchers collecting 6 wins in the League. I'm afraid to be anxious of that reliever Hisashi Takeda and closer Michael Nakamura enters the most games in the league, 27 and 24.

Next series, Fighters go back home to meet Tokyo Yakulto Swallows, while Giants stay home to face last season Champion Chiba Lotte Marines. You have long days yet until FIFA World Cup is opened. For a while, I will enjoy the Japanese baseball Interleague.

match results:

Nippon-Ham 5-3 Yomiuri (23 May)
W:Lee(4-3)
S:MICHEAL(12)
L:Nishimura(3-1)

Nippon-Ham 1-4 Yomiuri (24 May)
W:Utsumi(5-3)
L:Darvish(2-5)

Nippon-Ham 5-2 Yomiuri (25 May)
W:Yagi(6-2)
S:MICHEAL(13)
L:Glover(3-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TIGERS DEFEAT MARINES SURROUND AUTUMN ATMOSPHERE

BASEBALL INTERLEAGUE

It was a rematch of last year's Nippon Series. Chiba Lotte Marines have piled nine consecutive victories after defeated Hanshin Tigers at Koshien on May 11, but Marines manager Bobby Valentine looked like not allowing more loss to Tigers, who went to Chiba with sweep against Orix Buffaloes at home last weekend. In the series opener, the American made a decision when, under the situation of 1-1, he sent off closer Masahide Kobayashi at the 9th. It was like autumn atmosphere.

Although Kobayashi put it zero to succeed starter Shingo Ono, who made a solid pitching with allowing 4 singles including Makoto Imaoka's homer at 7th, Marines couldn't capture Hanshin starter Kei Igawa at the bottom of 9th, who allowed 7 hits and a run by Koichi Hori's RBI single at 3rd until replaced reliever Kyuji Fujikawa at 10th. At the top of the 11th, the designated hitter Shinjiro Hiyama's home run off Yasuhiko Yabuta for Kobayashi and closer Tomoyuki Kubota's save gave the road team a victory under windy and a little rainy condition. Hanshin closed the gap with the Central League leader Yomiuri Giants to 0.5 games as Tigers had the fourth consecutive win.

I could watch only this game of the series but not the rest of it on NHK BS. This weekend, Tigers will go to the Seibu Dome while Marines is going to Tokyo Dome. I expect more games like this night in the Interleague and each league.

match result:

Hanshin 2-1 Lotte (23 May)
W:Fujikawa(3-0)
S:Kubota(9)
L:Yabuta(2-2)
*11th inning

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BROADCASTING MATSUI FOR MATSUI

MAJOR LEAGUE BASEBALL

Japan Broadcasting Corporation, or Nippon Hoso Kyokai, decided to change the MLB programs led by Hideki Matsui after the Yankees slugger had gotten injured in the left wrist. It's very sorry for him not to be able to see to play this season at worst, but very happy for NHK to give us the other Japanese MLB players' games entering Takashi Saito of LA Dodgers, So Taguchi of St. Louis Cardinals, Akinori Otsuka of Texas Rangers and Kazuo Matsui of NY Mets. Especially LITTLE Matsui, compared to Godzilla Matsui of Yanks, and the Mets are expected to lead the National League East, so the Mets meeting a top team Cardinals was watched is the gladdest. 

In the last game of three game series, both Matsui and Taguchi went out there as a pinch hitter but couldn't hit a single neither. Taguchi stayed there as leftfielder after that, while Matsui was replaced by relief pitcher Darren Oliver. Matsui, however, was a rest day this afternoon, and seems to enter it usually as the 7th or 8th order at bat except the 2nd in case of catcher Paul Lo Duca's absence.

In the subway series against city rival Yankees, Matsui entered all of three game series to hit 2-of-11 singles, one of which was an RBI single to tie the game, 6-6, in the series opener. In addition, he made totally four double-plays with SS Jose Reyes and 1B Carlos Delgado together. He is currently evaluated as a good second baseman, I thought. This is the last year of the three-year contract for him. I expect Matsui and the Mets more rising, and expect to continue more broadcasting it.

match results:

NY Mets 3-6 St. Louis (18 May)
W:Marquis(5-4)
S:Isringhausen(13)
L:Lima(0-3)

NY Yankees 6-7 NY Mets (19 May)
W:Wagner(3-0)
L:Rivera(1-3)
*Wright's walk-off single in 9th

NY Yankees 5-4 NY Mets (20 May)
W:Rivera(2-3)
L:Julio(1-2)
*11th inning

NY Yankees 3-4 NY Mets (21 May)
W:Glavine(7-2)
S:Wagner(9)
L:Small(0-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG 05-06 part XIII

第1回新潟7日目

今季のPOGもあと2週と迫ったこの週、ありがたくも1頭エントリー、めでたく未勝利を脱出できました。エルコンドルパサー産駒のトウカイポリシーです。芝の新馬を惨敗後ダートに路線変更し、安定した成績を収めてきましたが、今回は本命に推され期待にこたえた格好です。

この黒鹿毛の牡馬は最後に選んだ馬。当時選出馬がなかなか決められず、既出のフレアキャスケード(牝)と同じ血統だったのですが、祖母がトウカイテイオーの母ということもあってセレクトを決めました。やっぱり年明けデビューというのはPOGにとってかなりリスキー。10頭の中にダブった血統を入れるリスキーと天秤にかけ、結果は最後に吉と出たかな、と思っています。

この翌日、オークスで6月生まれの3月デビュー馬がトップゴール。過去12年見ても2001-02のノーリーズン(6/4生、1月デビュー)を上回る記録。こういう馬はなかなか選べません(さらに父は種馬2年目のキングヘイロー)。まさに今季の混沌さを象徴した事件でした。

最後に、私の今季選出リストの中から、年明けデビューで走った馬がいました。
テューダーローズ(牡)1月デビュー、1勝
アエローザ(牡)3月デビュー、2勝・京都新聞杯4着
フォーリクラッセ(牡)4月デビュー、1勝

keiba@niftyのPOGに参加しています。

レース結果:

5月20日 新潟D1800M(未勝利)
1着、トウカイポリシー 1分54秒7 芹沢純一Jk
 父、エルコンドルパサー by Kingmambo
 母、トウカイティアラ by サンデーサイレンス
 栗東 松元省一 厩舎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BARCA OVERCOMES WALL OF GUNNERS TO LIFT THE BIG YEAR

EUROPEAN FOOTBALL

It was sorry of me that Arsenal goalkeeper Jens Lehmann had been sent off the turf due to trapping Barcelona striker Samuel Eto'o out of the box at midway through the 1st in the Final of UEFA Champions League. Although substitute goalie Manuel Almunia, who replaced midfielder Robert Pires, denied a scoring chance that Brazilian Ronaldinho tried, I wondered if, as almost all spectators expected, it'd be going to the way of the English club's defending the Spanish club's fierce attacks.

It appeared that Frank Rijkaard's men had dominated the field since 10-man Arsenal. But once Arsene Wenger's men could possese the ball, they gradually carried it toward the shooting range. It came the time nobody believed when Arsenal defender Sol Campbell's header from Tiery Henry found the target past helpless Victor Valdes. People all over the world including Parisien at Stade de France were given the most exciting result in the events that it could happen. All I was interested in was how Barcelona would make a chance to score under the Arsenal's statistic to put eight men except Henry on their own box.

Into the 2nd, at 15 minutes to end, there was a person running into Arsenal area at the same time as the ball was rolling toward substitution Henrik Larsson in the box. I thought the Cameroonean was off-side when the Swede gave it him. But it was not called as Barcelona finally tied the game, 1-1. For the Gunners, there wasn't left any gas to lead the game again while, some minutes later since the Blaugrana equalized, sub Brazilian Belletti run into the right side of the box shooted it from Larsson. It was the moment that Barcelona deserved a 2-1 comeback win over Arsenal.

Now that Barcelona has had a ticket to fly to Japan next December when they will play at TOYOTA CUP. Before that, FIFA World Cup Germany is coming. I'm looking forward to a lot of exciting plays by finalists including Zico JAPAN.

match result:

UEFA Champions League 05-06
Final at Stade de France, Paris (17 May)

Barcelona 2-1 Arsenal
(0-1)37' CAMPBELL
(1-1)76' ETO'O
(2-1)81' BELLETTI

| | コメント (2) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#616

「ヒトラー ~最期の12日間~」DER UNTERGANG

監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル

外国映画ベストテン 第10位(キネ旬 2005年)

世界史の中のヒトラーといえば、ナチ結党から電撃作戦、反ユダヤ政策と続くイメージが強いが、私のような同時代に生きていない人間からすれば、勝利者から与えられる歴史しか知らない。それこそ他のブログやサイトでは知られざる豊富なデータが満載だろう。彼の真の姿は英雄なのか、鬼畜なのか、はたまた一人の人間でしかないのか。本年度オスカー候補(米題:DOWNFALL)にもなったドイツ映画を手にとってみた。

1945年4月。ナチ党首と幹部たちが敵軍に囲まれ没落(原題)してゆく姿を描く、というのがあらすじ。時代考証は総統の個人秘書による新証言だけでなく、歴史的著作からもなされているという。そのせいか、とっても金のかかった再現モノを見ているような感じになってきた。話に面白みがないのである。ラストはどうなるのか分かっているのだし、秘書(それほど出ずっぱりでもない)の証言だけで構成したほうが、信憑性はともかく、アナザーストーリーとして面白く映画を観れたのではと悔やまれる。ドイツ人がこの題材を取り上げたことだけで終わっていて、映画的効果はほぼ皆無。歴史モノのご多分に漏れず長尺。否定的な要素ばかりが揃った。

ドイツ映画ってなかなか観れませんが、役者陣は素晴らしいの一語。天使ブルーノ・ガンツが主役とは観終わるまで全く分かりませんでした。最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆―――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この1年で見たTVドラマから【1周年記念】

既エントリー「はずれない映画を見る方法」でも紹介しているTVドラマについて書きたいと思います。

邦洋問わずTVドラマのDVDって、1枚で3~4エピソード入っているので、1週間で借りれる枚数に限界のある私、だいたい一度に1~2枚くらいしか借りられない。さらに他にも観たい映画があるから連続して観ることも難しい。そんなこんなでこの1年見たTVドラマは以下のようになりました。

☆「フレンズ」第8シーズン
この番組はリリース当初まったく観る気はなく、奥さんのリクエストで観はじめたのですが、今では借りてきても私だけが観ています。30分という手軽さ。話の単純さ。進展してそうで不変な登場人物の相関関係。レイチェルが妊娠・出産するこのシーズンはめでたくエミー賞の作品賞を受賞しました(2002年)。残りのシーズンもあとわずか、何とか早く完走したいものです。

☆「ER 緊急救命室」第6シーズン
エミー賞作品賞をとった第2シーズン(1996年)以降観るスピードが年々遅くなっていくのですが、まだ完走まで距離半ば。がんばります・・・

☆「となりのサインフェルド」第1シーズン
1990年にオンエアされた、「フレンズ」などのシットコム・ブームの走りとなった番組のようです。最初のシーズンが何故かDVD1枚(5話)のみというのも不思議ですが、エミー賞に輝いたシーズンまで付き合ってみます。

☆「24」第1シーズン
ついに昨年末、奥さんにせがまれ観てしまいました。これは他の番組と違って連続ものなので、毎週追いかけるように借りて観ていたのを思い出します。ワタクシ的には画面を分割して多方面を見せるやり方に批判があるのですが、見ていくうちにこだわらなくなっていきました。映画と違って長丁場なのでケンカしないように見るのがいい。

☆「義経
源義経って知ってそうで知らないな、と思い「利家とまつ」以来のNHK大河にチャレンジ。一度見逃しただけで、なんとか義経の最期を見届けることができました。大河って話そのものよりも初めて見る役者さんが多くて、役者の名前を覚えるのにも便利ですね。1年付き合うわけですから、いろいろ吸収しようと努めていました。

以上、韓国ドラマは依然手付かず。何か目安になる韓国ドラマ賞ってないんですかねぇ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この1年で読んだ本から【1周年記念】

ブログ開設後「いま読んでいます」欄で、私が仕事の合間などに読んでいる本を紹介しています。

大学時代からずっとベストセラーを中心に読む本を選んでいます。マンガはほとんど読まないけれど、ときどき文庫版のものをまとめて買って読んだりはします(いまチビチビ見てるのは「釣りキチ三平」と「あさきゆめみし」)。雑誌もほとんど最近は読まず、「Number」と決算号の「キネ旬」くらいでしょうか。

今回1周年を記念し、昨年来読んだ本の中から、「これはBOOKOFFに持っていくのはよそう」我が家の本棚に置いとくべき、と悟った本について書きたいと思います。2冊あって、どれも映画化された作品です。

☆『ダ・ヴィンチ・コード』ダン・ブラウン
道草でも一度書いたことがありますが、前にルーブル美術館に行ったことがあって、その記憶を反芻しながら当時ページをどんどんめくっていきました。世界史も好きだったので、キリスト教文化の薀蓄あたりも非常に興味深く、物語としてのラストシーンも良かったです。映画版はまだ観るかどうか分かりませんが、ロン・ハワードだけに不満は出ないのではないかな、とも思っています。

☆『電車男』中野独人
これは小説ではないけど、新しい形のストーリー・テリングだなと。さらに世のモテたい男性にとってのマニュアル本としても使えるのではないかなと。ところどころで話の腰を折られるのは、この本の宿命でしょうが、あとでパラパラ見るには逆にいいかなと。映画・TVドラマ・舞台、どれも見てませんが、ライターの創造を掻き立てるのに適した題材だと思います。

以上、ベストセラーって圧倒的にノンフィクションものが多いんですけど、この1年に限っては上のような例外が印象に残った年でした。

あとこれも告知してきませんでしたが、最近5件のエントリーに下のようなバナーを貼っています。これをクリックいただけるとお安く購入できるサイト等に飛んでいきます。ご利用いただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HAPPY 1st ANNIVERSARY

本日めでたくブログ開設1周年を迎えることが出来ました。

これもひとえにご来訪いただいている皆様の支えあってこそと思っております。

今後もスポーツと映画の両輪で続けていければと思いますが、ブログでできる可能性をもっと追求して参りたいと思います。

また、これを機に少しずつ記事の整理を行っていきたいと思います。なるべく見易いようにやってみます。

いままで言う機会もなかったですけど、人気ブログランキングに参加中です。下のアイコンを1日1回クリックいただけると最高です。

banner_02

| | コメント (0)

道草(ネタバレありません)#615

「シンデレラマン」CINDERELLA MAN

監督:ロン・ハワード

アメリカ人は本当にボクシングが大好きだ。「ロッキー」シリーズは言うに及ばず、オスカーに絡んだ作品だけでも「レイジング・ブル」「ハリケーン」「ミリオンダラー・ベイビー」など簡単に出てくる。野球やアメフトのように、一発逆転を好むお国柄ですね。だからサッカーは流行らない。ロン・ハワードとラッセル・クロウがまたもタッグを組み、公開当時米批評家から大絶賛、さらにキネ旬読者からも大絶賛を受けた作品を鑑賞開始。

1920~30年代、アメリカに実在したジム・ブラドックというヘビー級のボクサーの生きざまを描く。ロン・ハワードの映画をすべて観ているわけではないが、彼の作品には(真の)悪人がいない。「バックマン家の人々」「アポロ13」「ビューティフル・マインド」・・・だから彼の作品は観ててとても気持ちがいい。本作もこれまでのフィルモグラフィーに負けず劣らず、気持ちのいい終わり方で幕を閉じる。ボクシングもののパターンともいえるクライマックスの試合についても、インサートとして入る市井の人々とラジオの実況、なにより控えめな音楽などの使い方が上手くて、過剰に煽ってないのが良かったのでは。観終わって正直に、あぁ~いいオハナシだったな~、という感慨に浸れた。やや長尺ですが、とても楽しい時間を過ごしました。

オスカー候補にもなったポール・ジアマッティがいい。「サイドウェイ」の彼も良かったけど、いい役者さんですね。そしてロン・ハワード。彼の作品は全般に、ハズレがないことを今回再確認しました。最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

| | コメント (0) | トラックバック (1)

KOBAYASHIs GIVE MARINES A VICTORY OVER HAWKS

BASEBALL

On TV Tokyo, which has been an energetic channel for broadcasting professional baseball programs since last year, I watched a tie of Fukuoka Softbank Hawks welcoming Chiba Lotte Marines at the Yahoo! Dome in the Pacific League of Japanease Baseball.

Both teams sent off a fresh pitcher each other. It was first appearance this season for Shinji Kurano of Fukuoka, while Hiroyuki Kobayashi had twice entry with a win last pitching. Kurano deserved a lead by Jolbert Cabrera's RBI single to score Naoyuki Omura, who hit lead-off single at opening inning, before Kobayashi was helped by Matt Franco and Koichi Hori's solo shot at the 2nd and 3rd each to turn around it. After that, both pitchers showed almost perfect performances with no score to hand the game to relief pitchers.

Reliever Yoshiaki Fujioka and Koji Mise for Kurano were very lucky enough. Fujikoa made bases loaded after 2 outs before the second-base man Mitsuru Homma full-stretched grabbing Franco's grounder helped the rookie lose runs at 8th. Mise tossed by Fujioka allowed Val Pasccuci to lead-off single, after pinch-hitter Saburo's flyout, however, Toshiaki Imae's hitting ball lined luckily into shortstop Munenori Kawasaki's glove to get a double-play ending at 9th. On the other hand, Soichi Fujita, Yasuhiko Yabuta and closer Masahide Kobayashi had perfect inning each with no single to save H.Kobayashi's second win.

Marines beat Hawks, 2-1. Five teams except Rakuten Eagles are making fans entertain the games in the Pa-League. I'm looking forward to them facing Yomiuri Giants leading Ce-League in coming Interleague games.

match result:

Lotte 2-1 Softbank (4 May)
W:H.Kobayashi(2-0)
S:M.Kobayashi(11)
L:Kurano(0-1)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#614

「大統領の理髪師」효자동 이발사

監督:イム・チャンサン

外国映画ベストテン 第6位(キネ旬 2005年)

彼は韓流四天王などよりも、私にとって一番顔なじみのある韓国俳優になってしまった。ソン・ガンホ。「JSA」「殺人の追憶」に続き三度目。さらにムン・ソリ。「オアシス」の女優さんだったとは後で知った。こちらが本当の彼女なのかもしれない。なんとなくロマンチックなタイトルを手に取り、鑑賞開始。

1970年代、ひょんなことから韓国大統領の理髪師になってしまった男の周辺を描く、というのが本作のあらすじ。それほどロマンチックでもなかった。どちらかといえば戦後の動乱期だった韓国社会の一部を垣間見れた。李承晩や朴正熙の名前を見ると、高校時代がんばった世界史を思い出す。朴正熙政権なんて軍事政権と聞いているから、よっぽど暗黒時代なのかと思ったら、この映画からそんな雰囲気は漂ってこない。そうなのだ。“大統領は国家だ”と言っておきながら、理髪師と大統領の間で何か化学反応が起こる様子もない。周りにビクついてばかりの理髪師に、唐突に家族愛みたいな展開になって、そのうち突然新しい大統領が誕生する。この辺からイム・チャンサン初監督作品への印象が良くなる雰囲気は漂ってこない。エピソードがバラバラで着地点が分からないし、ソン・ガンホも今回ばかりはまったく魅力を感じなかった。

本年度ベストテンの6位にしてちょっと残念な結果。今後、下位で観てない映画を手にするのが重くなりそう・・・最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆―――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月観戦記

ハイライトはチャンピオンズリーグ、バルセロナ対ミランを挙げます。昨年はグループリーグで対戦した両者。お互いに才能溢れるブラジル人を擁する両チームの戦いは1点を求める緊迫した試合になりました。これが2試合も観られるなんて、準決勝でほんとによかった。
ロナウジーニョ、4年前のジダンのように、W杯前に消耗しないでね~

1(土)
G大阪@清水(Jリーグ 第6節)
2(日)
オーストラリアGP(F1 第3戦)
4(火)
横浜 vs 清峰(第78回選抜高校野球大会 決勝)
7(金)
ベンフィカ@バルセロナ(UEFA CL QF 2leg)
8(土)
NYY@LAA(MLB)
鹿島@G大阪(Jリーグ 第7節)
9(日)
NYY@LAA(MLB)
桜花賞(JRA GⅠ)
10(月)
NYY@LAA(MLB)
12(水)
中日@阪神(NPB)
13(木)
中日@阪神(NPB)
15(土)
G大阪@横浜(Jリーグ 第8節)
16(日)
皐月賞(JRA GⅠ)
19(水)
阪神@中日(NPB)
21(金)
バルセロナ@ミラン(UEFA CL SF 1leg)
23(日)
サンマリノGP(F1 第4戦)
25(火)
日本ハム@西武(NPB)
28(金)
ミラン@バルセロナ(UEFA CL SF 2leg)
中日@巨人(NPB)
29(土)
中日@巨人(NPB)
30(日)
マンチェスターUtd@チェルシー(プレミアリーグ 第36節)
天皇賞・春(JRA GⅠ)
中日@巨人(NPB)

#日付は放送日(日本時間)
*ライブ観戦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG 05-06 part XII

2回東京3日目青葉賞

この週の出走は1頭、ダービートライアルのG2青葉賞にマチカネゲンジが登場しました。3番人気で大目標への出走権確保に期待が寄せられましたが、直線ほぼ最後方からメンバー中上がり1位タイでやってきましたが、3着に1馬身半+クビ届かず5着に敗れました。我が愛馬の中では出世頭の本馬、これでダービー出走が絶たれ、事実上今シーズンのPOG終戦となりそうです。

振り返って、今年は10頭選ぶのにかなり苦労した年でした。サンデーサイレンス産駒から例年4頭ほど選んでいたのですが、秋競馬に入っても選べずじまい。結局1頭目はスプリンターズSの週でした(マチカネゲンジ)。またサンデー産駒が振るわない中、たくさんの繁殖を抱え大キャンペーン中の新種牡馬の産駒が活躍を始めるのですが、順調に勝ち進んだ馬はともかく、我が愛馬を含め、なかなか勝ちきれない馬については、トレーナーも距離やサーフィスを替えたりしていろいろその馬の適条件を探っていきます。それがかえって出世を遠回りさせてしまう結果になったのでは。愛馬の番組の選択を見て思ったりしました(例えばクリノゴールドやフレアキャスケード)。

こうした状況は今後数年続いていくことでしょう。というか、これまでのサンデー天下の時代が実は大例外、これがPOG本来の姿なのかもしれません。難解でもあり、魅力でもあり・・・来シーズンもがんばります!!

keiba@niftyのPOGに参加しています。

レース結果:

4月29日 東京芝2400M(G2)
1着、アドマイヤメイン 2分25秒3 武豊Jk
2着、マイネルアラバンサ +0.7
3着、エイシンテンリュー +0.9

5着、マチカネゲンジ +1.2 横山典弘Jk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ドームに行ってきました

日曜日、息子を連れて巨人対中日6回戦を観に、東京ドームへ行ってきました。結婚してから初めてのドームです。16時過ぎには球場に入ったのですが、子供は初めての場所にキョトンとするばかり。私はと言えば、久しぶりの生野球観戦にワクワクでした。

1週間前にぴあでチケットを取れたのですが、運良く指定席。指定されたゲートから入ると、中学生以下の子たちには白い野球ボールをプレゼント!我が子ももれなくゲットしました。しかし開けてみるとゴムボールでも、当然硬球でもなく、発泡スチロール!!何だかなぁ~~大人心に夢破れた感じでした。

さて、何年か経って時代とともにドーム内の様相も変化したようです。4階の売店横に「キッズ・ドーム」なる小学生未満を対象にしたスペースがありました。試合開始前にお休みあそばした子どもをどうしようか思案していたところに、電光掲示板に映った案内がそれ。やっぱり指定席買っておいてよかった!さっそく4階(階段しかないっ!!エスカレーター設置希望!!)へ。行ってみると何人かの家族が利用している模様。利用者への浸透度はあるんだなぁ。授乳やオムツ替えの個室スペースもあり、それなりの格好を呈している。窓際のスツールに腰を下ろし、息子を横にして寝かせることに成功した。父も安堵。

試合は巨人グローバー、中日は中田が先発。二岡選手の大記録で巨人が大勝したのですが、私、二岡選手のホームランを1本も見れずじまい。息子が試合開始と同時に起きてからはキッズ・ドームで遊び始め、そのあとは焼きソバを食べたいと言われ、売店の横で一緒に食べる始末・・・結局席についたのは4回オモテ。グローバー選手の好投、李選手の安打から小久保選手のホームランは見ることが出来ました。そのあと中田投手が降板、ここまでです。「もう帰る」という我が子の連呼でサヨウナラ。わずかなわずかな野球観戦でした・・・

自宅に帰るとスコアは2対15。二岡選手の偉業も終わったあとデシタ。次の野球観戦はまだ数年あとになりそうです(泣)

Kd5578

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »