« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

CARD-RALLY HANDS A WIN TO PORTUGAL

FIFA WORLD CUP

Seventeen yellow-cards were lifted by Russian Referee Ivanov Valentin when two each players of Portugal and Netherlands were sent off due to being booked twice in the Round of sixteen match of FIFA World Cup Germany. Their performances were so vicious to watch that four red-cards were necessary for the game, I think. Portugal, who went through Group D with all three wins, showed a superbry attacking football before the tragedy. At 23 minutes, Deco surrounding Dutch players sent a ball to striker Pauleta, who connected to Maniche's shot past Edwin van der Sar. It was the tragedy that Portugal's coach Luiz Felipe Scolari lost not only Costinha's second yellow card to eject but also young hope Cristiano Ronaldo, who was substituted due to injury, at both 1st half.

Into the 2nd, Netherlands, who ranked the 2nd in the Group C by goal defference behind Argentina as same 7 points, failed continually decisive chances to score in right front of goal standing Ricald. After Khalid Boulahrouz' sent-off, Dutch coach Marco van Basten threw out strikers, Rafael van der Vaart and Jan Vennegoor of Hesselink, to challenge the power-play, which dissapointed me because the Oranges was expected to show their own football they had. Power play is not theirs. 10-man Dutch was obiously panic in trailing one goal. Portuguese had much strong defence and a little good luck despite losing Deco collecting two yellow cards in the match.

Holland, who lost Gio van Bronckhorst at ending the game, had been defeated by Portugal two in a row since Semifainal of Euro 2004. Watching Netherlands' preliminary games of this World Cup, they seemed to be near the Champion, so the result dissapointed very much. Next game will be difficult for Portugal, who is lack of Deco. I'll prey that the winner is not decided by penalty shoot-out in as many a game as possible.

match result:

FIFA World Cup Germany 2006
R16 at Nuremberg (25 Jun)

Portugal 1-0 Netherlands
23' MANICHE
*Portugal up to Qtr-final against England

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回映画検定受験

ワールドカップも佳境の最中、かねてより「問題集」を購入して臨んでいた映画検定の受験に行って参りました。もともと最上級を狙おうと思っていたんですが、問題集の内容を見て怖気づき、「絶対合格できる(だろう)」3級を受験しました。

6月に入ってパラパラと見て以来、特に準備らしい準備もせず当日が迫って来たのですが、一応問題集を全部把握できるようにしておきました。全60問、7割正答で合格ですから、18問は間違えることが出来ると思って、解答していきました(試験時間45分:マークシート4択)。

まず一覧して悩む時間が必要だと思ったのが、後半の折れ線の問題。たぶん上手くいったと思う。

一番困ったのが、苦手な韓流ネタ。日本のTVドラマや漫画などが原作でない作品は?の問いに、ハテナ百個・・・「シルミド」正解ですか???

全体を通して問題集の中のものがマンマ出ているのが多かった。これなら2級受ければ良かったかも。解答中、100%正解と断言できないものに△印を付けていったんですが、終了1分前に数えたら15個・・・

あとは祈るのみです。

Eiken5673_2

| | コメント (0) | トラックバック (3)

対ブラジル、臨戦態勢完了!!2点取るべし!?

遅ーーい!!BLUE FLAG!!

クロアチア戦までに間に合うということだったのに、私の手元にきたのは月曜の朝だった。まあ勤務先に届くように手配したので土日に来てたのかもしれませんが。

とりあえずは、これでブラジル戦にむけ体調を整えるのみ。この2日間はお決まりの結果だろうと思って、深夜はすべて睡眠に充てたので問題なし。

キックオフ後90分間息をしていられるか、はたまた空が明るくなる前に窒息してしまうか。ガーナがチェコを撃破できたんだから、不可能じゃないハズ。

FLAGは青の王者ルノーのポスターとサラブレッド・レジェンド、サンデーサイレンスの額の傍に掲げ、SAMURAI BLUEとフットボール・レジェンドをサポート!

さあ、見届けましょう!!

Bf5654_3   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEUVILLE'S LATE GOAL GIVES GERMANY A GIANT STEP THROUGH Grp-A

FIFA WORLD CUP

Unhappy Polish... To feel in my mind in ending game was that one when I watched host Germany beat the neighbor Poland in the Group A match of FIFA World Cup. German substitute Oliver Neuville slid also sub David Odonkor's cross past just looking Artur Boruc, who had performed a few fine savings during 90 minutes.

At the first hour, both teams showed much good defending and fast attacking as that let me feel a splendid match. Host player Michael Ballack, who didn't enter winning first game against Costa Rica, created scoring chances from both sides, Phillip Lahm and Bernd Schneider. On the other hand, Ebi Smolarek, who was a player of BV Borussia Dortmund where this match was performed, connected short passes to penetrate toward the area goalie Jens Lehmann stood. But it didn't last until the ending of the game.

Into the 2nd, the Germans were dominating the field as the situation changed. Host coach  Juergen Klinsmann moved quickly to send young Odonkor for defender Arne Friedrih before continuing troubling the Polish. Moreover, Polish midfield Radoslaw Sobolewski was sent off at fifteen minutes remaining due to the yellow twice. Right side Odoncor, left side Lahm. Especially Lahm supplied from there to two polish-born strikers Miroslav Klose and Lukas Podolski, who both failed desicive chances to frustrate home crowd. Going to the end, fatigue 10-man Polska gradually retreated to strengthen the defence gather in front of the goal to get unsatisfied one point. Then over ninety minutes, Neiville for Podolski aimed for the ball from the right...

Now Poland, who was defeated Ecuador in the opening match, have no point to face Costa Rica in the final game of the group while Germany may be able to go through it if Ecuador deserves the 2nd win tomorrow.

match result:

FIFA World Cup Germany 2006
Group-A match at Dortmund (14 Jun)

Germany 1-0 Poland
90'+ NEUVILLE
*Germany going through Grp-A with 6 pts Ecuador

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRAZIL STARTS IT UP WITH A WIN OVER CROATIA

FIFA WORLD CUP

2002 FIFA World Cup Champion team had come there. Brazil kicked off the first match against Croatia of FIFA World Cup Germany 2006 to grab the two consecutive Cup. Expecting the South American's dominance in the game, I found Brazil's left back Roberto Carlos the most energetic when the Real Madrid player prevented the European side from one of the attacking option. Croatia's key right wing Darijo Srna was busy with defending Roberto Carlos on his own side.

There was also a problem to Brazil. Ronald, who entered the third time World Cup to collect twelve goals in his career, moved heavily to end only one shooting over the bar before the striker was replaced by Robinho, who was first appearance in the World Cup. Dissapointing Ronald! Then it was Kaka who gave the Selecao one step forward the Cup as the Milan's boy fired from outside the box past stretching Stipe Pletikosa.

Croatia, who was forced captain Niko Kovac to replace due to the injury into the second half, tried to create few chance when striker Ivan Klasnic challenged middle shot. Brazilian goalkeeper Dida, however, comfortably saved in front of the Brazil goal to deny Croatian chance with center back Lucio and Juan.

This night, I stayed up by chance at that time when I watched the game that Brazil beat Croatia. During the Group-match of this World Cup, I'm having it record. It is still a point that stay up late. I'm going to be careful about physical condition management because Fun is from this.

match result:

FIFA World Cup Germany 2006
Group-F match at Berlin (13 Jun)

Brazil 1-0 Croatia
44' KAKA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#619

「メゾン・ド・ヒミコ」

監督:犬童一心

日本映画ベストテン 第4位(キネ旬 2005年)

オダギリジョーが最近気になる。「血と骨」や「パッチギ!」で印象的な役どころを演じていたからかもしれないが、最近映画にしか出なくなったのかな、と思ってたところにTV「時効警察」でまた面白い人物として目撃してしまったので、作品を選ぶのが上手い人なのだなと思った。「ジョゼと虎~」の犬童監督もあって、なかなか1週間で借りられなかった本作をようやく手にとることができた。

ゲイ専門の老人ホーム(タイトル)を舞台に、死を待つヒミコとその娘、そしてその愛人の周辺を描く、というのが本作のあらすじ。こんな表現でいいのかどうか苦しい。というのも観終わって、この3人の着地点がどう変わったのか判然としないからだ。眺めていくと、柴咲コウ演ずる娘の変化が話の軸なんだろうと想像したのだが、さにあらず。ゲイの住人とはともかく、ヒミコとのわだかまりを解消できたかは全体を通して最後まで分からない。気持ちのいいラストシーンだっただけに、彼女の落とし前のつけ方にいまひとつすっきりしなかった。

しかし「最後は欲望・・・」愛人のこのセリフで、今までのすべてを許すことができる。柴咲コウの数少ない表情豊かな場面(ピッピキ、ツアコン、ラブリーです!)で見せた力技も、この言葉あればこそだった。オダギリジョー、今回もカッコいいです。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#618

「六月の勝利の歌を忘れない」

監督:岩井俊二

長短のスポーツ・ドキュメンタリーはNHK、民放問わずしばしばもてはやされる。筋書きのないドラマ、舞台裏の選手たちの表情や苦悩が、更なる感動を誘う。4年前のFIFAワールドカップ日韓大会も然り。岩井俊二が監督だったので早く観たかったのだが、なかなか手にとれずにいた本作をこのタイミングで鑑賞してみようと思った。だけどVHS(DVDもらしい)2本組みにビックリ!!

2002年ワールドカップにホストとして参加する、フィリップ・トルシエ率いる日本代表23名の大会期間中の表情を追いかけるドキュメンタリー。しかし記録物とはいえ見世物。トルシエ・ジャパンのフラット3の如く(?)機能しているのだろうか?観終わってやはり、3時間半超の長尺はどうにかなったと思う。大会前後の表情の変化は必要かもしれないが、緊張感のない練習風景やダイアローグはもっと少なくていいのではないか。初戦を迎えるまでの時間が長すぎてダレる。ベルギー戦をこなし、大会を転がり始める日本代表の様子が面白かっただけに惜しい。さらには音楽の使い方も一考では。試合に臨み結果を出すあたりの緊張感を高めるパートでは効果的だったとは思うが、コミカルな面を助長する音楽なんていらないし、終始熱い山本コーチが浮いて見えてしまう。

とはいえ、日本チームの初戦が近づき監督の語気が強まるにつれ、選手の合宿中とは異なる表情が露わになるのを見て、段々と画面に引き込まれていく。ゲームシーン(処理が素敵っ!)になると、当時会社で仕事を忘れて見入っていたのを思い出し、感動が蘇る。日本を熱狂させた彼らのアナザーサイドを堪能できた。

トルコ戦前、「君たちは2006年にはもっとパワーアップしているだろう・・・」と語るトルシエ。当時サブだった選手の中に、中田英寿とともにドイツのピッチに立つ者もいる。2002年当時彼らは成長途上だったのかもしれない・・・成熟するのは2006年かどうか分からないけれども、SAMURAI BLUEの健闘を祈ります。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

VHS鑑賞
☆☆☆――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POLAND SEES OFF CROATIA IN WC STYLE

INTERNATIONAL FOOTBALL

It was some more days to the World Cup. FIFA World Cup Germany finalists, Croatia and Poland met at Wolfsburg, Germany, to play each other in the World Cup Style. But it was done just during the 1st half. Croatia coach Zlatko Kranjcar made some players replaced in the start of the 2nd. Three players, Dario Srna, who hit a long range shot from the right to the crossbar at end of the 1st, Niko Kranjcar and Ivica Olic, who entered the game for Dado Prso with a pair of striker Ivan Klasnic, were substituted by Ivan Leko, Ivan Bosnjak and Marian Buhat, who is not named the World Cup player. Many times was repeated substitutions for both sides after Ebi Smolarek's header from the corner gave Poland a lead midway throgh the 2nd half.

Luka Modric was energetic enough to carry it forward in the starting point but after standing behind two strikers for Kranjcar into the 2nd, he didn't become as brightly as in the 1st. Croatia failed scoring chances despite defeating Polish defencemen by the high-ball strategy. After watching the TV, I considered that it was very game like the World Cup because there were little fantagic plays near the box while they adhered to a victory to keep their slight lead. It's boring, but this is the World Cup.

Poland will face Ecuador in the first Group A match on June 9, while Croatia has more warm-up game against Spain before meeting Brazil in the Group F match on June 13.

match result:

FIFA International Friendly
at Wolfsburg, Germany (3 Jun)

Poland 1-0 Croatia
54' SMOLAREK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月観戦記

ハイライトはプロ野球交流戦。このゲーム、と挙げるのは難しいのですが、今年は巨人が開幕ダッシュに成功したのと、セパとも3~4チーム混戦模様のため、たくさん観ることができています。若手の投手起用がハマった巨人と日ハム、昨年の経験で揺るぎないゲーム展開のロッテと阪神。サッカーW杯が始まりますが、野球も見捨てずチェックしていこうと思います。
最後に、松井秀喜選手の早い復帰をお祈り申し上げます。NYYにはゴジラが不可欠!!

3(祝)
西武@日本ハム(NPB)
4(祝)
ロッテ@ソフトバンク(NPB)
5(祝)
オリックス@ロッテ(NPB)
亀田興毅 vs カルロス・ファハルド(ボクシング フライ級10回戦)
7(日)
大相撲夏場所(~21)
鹿島@浦和(Jリーグ 第12節)
NHKマイルC(JRA GⅠ)*
ヨーロッパGP(F1 第5戦)
8(月)
バルセロナ@セルタ(リーガエスパニョーラ 第36節)
9(火)
巨人@オリックス(NPB)
11(木)
ダラス@サンアントニオ(NBA プレイオフ Game2)
13(土)
ケンタッキー・ダービー(海外競馬 GⅠ)
巨人@西武(NPB)
14(日)
マイアミ@ニュージャージー(NBA プレイオフ Game3)
ヴィクトリアマイル(JRA GⅠ)*
巨人@西武(NPB)
スペインGP(F1 第6戦)
16(火)
ソフトバンク@巨人(NPB)
17(水)
ソフトバンク@巨人(NPB)
18(木)
バルセロナ vs アーセナル(UEFA CL決勝)
日本ハム@阪神(NPB)
ソフトバンク@巨人(NPB)
19(金)
NYM@セントルイス(MLB)
20(土)
NYY@NYM(MLB)
21(日)
NYY@NYM(MLB)
オークス(JRA GⅠ)*
22(月)
NYY@NYM(MLB)
23(火)
阪神@ロッテ(NPB)
日本ハム@巨人(NPB)
24(水)
西武@中日(NPB)
日本ハム@巨人(NPB)
25(木)
西武@中日(NPB)
日本ハム@巨人(NPB)
26(金)
ロッテ@巨人(NPB)
27(土)
ロッテ@巨人(NPB)
中日@ソフトバンク(NPB)
28(日)
中日@ソフトバンク(NPB)
日本ダービー(JRA GⅠ)
ロッテ@巨人(NPB)
モナコGP(F1 第7戦)
29(月)
イラン@クロアチア(FIFA 親善試合)
30(火)
巨人@日本ハム(NPB)
31(水)
日本@ドイツ(FIFA 親善試合)
巨人@日本ハム(NPB)

#日付は放送日(日本時間)
*ライブ観戦

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »