« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

道草(ネタバレありません)#620

「キング・コング」KING KONG

監督:ピーター・ジャクソン

視覚効果賞 Visual Effects(第78回アカデミー賞)他2部門
外国映画ベストテン 第9位(キネ旬 2005年)

日本の映画ファンにとって「怪獣」といえば、ゴジラ(もはやいろんな意味で世界に知れ渡っているが)。海の向こうの人々にとっては、このキング・コングなのだろうか。70年以上も前に作られたオリジナルも観たことがある。私個人としては、「乙女の祈り」の監督として印象深いピーター・ジャクソンが、指輪物語でメジャーになって以来の作品に期待して、ようやく手にすることができた。

世界恐慌の時代、未開の島にたどり着いた映画クルーと未知の生物との遭遇が、本作のあらすじ。オリジナル版を反芻して、かなり忠実に描いているのではないかと思う。大きな違いは現代テクノロジーによって蘇ったキング・コングであろう。指輪物語でも使った手法で、コングをワイルドにかつ、ヒューマンに作り上げているのが印象深い。未開の島に棲む他のクリーチャーとの格闘後の表情然り、有名なエンパイヤ・ステート・ビルでの表情然り。しかし最後の最後でコング頼りになった感がある。

お話は舞台女優や映画監督の背景から入って、未開の島へ進む船の中で、船長や脚本家など様々な人物描写を絡めながら未開の島へ上陸していく過程まではいい感じだった。しかし物言わぬクリーチャーや島の原住民との絡みになっていくと、途端にテクノロジーを振り上げ、凡庸になっていく。それまでアクの強かった監督の影が薄くなったのがいい例だろう。先にも述べたコングとクリーチャーとの格闘は見ていてスゴイ、のは確か。しかし自分たちの世界へ戻った後の彼ら(船長のその後も見たかった)に、人間的魅力と変化を感じられなかった。予定調和のエンディングまでテクノロジー頼り、人間は添え物。この前半と後半の落差は、3時間の長尺に耐えてきた私には酷い仕打ちだった。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回映画検定:結果

おとといの晩、仕事から帰ってみると、先月受験した映画検定の合否通知が届けられていました。結果は下の写真の通りです。V(^^)V

封筒の中には、他には何もなく、少々ガッカリ。例えば各問の正答率とか、平均点、自分の得点とその全体としての位置など、第1回なんだからいろんな角度から捉えたデータを見たかったです。もしかしたら今後のキネ旬号で明らかにされるのかも。期待します。

第2回は本年末だそうですが、予定が合えばチャレンジしたいです。今回はどの級も問題集マンマが多かったそうで、次が実力主義になりそうな予感。望むところです。

3q5703

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ZIDANE, HENRY SHINE AS RONALDINHO, RONALD SILENT

FIFA WORLD CUP

Rematch of the World Cup 1998 Final. There played six footballers each of the starters this night. Same situation as Frenchmen with Zinedine Zidane challenge the World Champion Brazil. And the result, France beat Brazil when French striker Thierry Henry volleyed the Zidane's long cross from the left into the net early second half. Brazil and Argentina, who was defeated by Germany in the penalty shoot-out, are forced to pack when four teams remaining are all Europeans.

Barcelona's playmaker Ronaldinho showed just a little parts of his talent to be eliminated the tournament. He might be fatigue enough to had fought until the end of last European seaon to get the Big Year and the Liga. Now two players who stood on the pitch of Champions League Final in Paris was left, Deco and Jens Rehman, who was sent off due to direct red card midway the first half. I expect how the Ronaldinho's fellow in the club challenges retiring European legend.

match result:

FIFA World Cup Germany 2006
Quarter-finals at Frankfurt (1 Jul)

Brazil 0-1 France
57' HENRY
*France up to Semi against Portugal

| | コメント (1) | トラックバック (0)

6月観戦記

ハイライトは、やはり4年に一度の祭典、FIFAワールドカップ。
グループステージで印象に残ったのはグループA、ホスト国ドイツが隣国ポーランドをロスタイムで破った一戦です。開幕戦を4-2で勝利しつつも、脆弱なバックラインを露呈したドイツ。初戦まさかの敗戦を喫したポーランド。お互い2戦目を引き分けるとベスト16に黄信号が灯るなか、地元クリンスマン監督の采配がズバリ、でした。ここからチームが波に乗っていったような気がします。
最後にジーコ・ジャパン、もうちょっと見たかったゾ!!

1(木)
ダラス@フェニックス(NBA プレイオフ game4)
巨人@日本ハム(NPB)
2(金)
ソフトバンク@阪神(NPB)
西武@巨人(NPB)
3(土)
ソフトバンク@阪神(NPB)
西武@巨人(NPB)
4(日)
クロアチア vs ポーランド(FIFA 親善試合)
ソフトバンク@阪神(NPB)
安田記念(JRA GⅠ)
西武@巨人(NPB)
6(火)
ボストン@NYY(MLB)
巨人@ソフトバンク(NPB)
7(水)
ロッテ@中日(NPB)
巨人@ソフトバンク(NPB)
8(木)
ロッテ@中日(NPB)
巨人@ソフトバンク(NPB)
9(金)
K.クリスターズ vs J.エナン-アーデン(WTA 全仏単準決勝)
マイアミ@ダラス(NBA ファイナル game1)
巨人@ロッテ(NPB)
10(土)
R.フェデラー vs D.ナルバンディアン(ATP 全仏単準決勝)
ドイツ vs コスタリカ(FIFA WC)
巨人@ロッテ(NPB)
11(日)
S.クズネツォワ vs J.エナン-アーデン(WTA 全仏単決勝)
巨人@ロッテ(NPB)
12(月)
マイアミ@ダラス(NBA ファイナル game2)
メキシコ vs イラン(FIFA WC)
オーストラリア vs 日本(FIFA WC)
13(火)
USA vs チェコ(FIFA WC)
14(水)
ブラジル vs クロアチア(FIFA WC)
ダラス@マイアミ(NBA ファイナル game3)
15(木)
ドイツ vs ポーランド(FIFA WC)
16(金)
ダラス@マイアミ(NBA ファイナル game4)
18(日)
イタリア vs USA(FIFA WC)
ポルトガル vs イラン(FIFA WC)
日本 vs クロアチア(FIFA WC)
19(月)
フランス vs 韓国(FIFA WC)
ダラス@マイアミ(NBA ファイナル game5)
20(火)
スペイン vs チュニジア(FIFA WC)
21(水)
マイアミ@ダラス(NBA ファイナル game6)
ポルトガル vs メキシコ(FIFA WC)
22(木)
チェコ vs イタリア(FIFA WC)
23(金)
日本 vs ブラジル(FIFA WC)
巨人@中日(NPB)
24(土)
巨人@中日(NPB)
25(日)
ドイツ vs スウェーデン(FIFA WC R16)
アルゼンチン vs メキシコ(FIFA WC R16)
26(月)
カナダGP(F1 第9戦)
ポルトガル vs オランダ(FIFA WC R16)
28(水)
スペイン vs フランス(FIFA WC R16)
29(木)
NYM@ボストン(MLB)
30(金)
NYM@ボストン(MLB)

#日付は放送日(日本時間)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残念だけど、大事なお知らせ

本日から2週間ほど更新ができない状態になってしまいます。

ということは、ワールドカップ決勝やウィンブルドンの決勝、

MLBオールスター、阪神×中日3連戦あたりの観戦記を

UPするのが遅れることになりそうです。

6月の観戦記もなるべく早くUPさせるつもりです。

これに懲りずまた訪れてください。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »