« HIMEJI SEES OFF KIRYU into QF | トップページ | TOMAKOMAI ADVANCES TO SEMI PAST HIMEJI »

道草(ネタバレありません)#622

「ミリオンズ」MILLIONS

監督:ダニー・ボイル

以前仕事で英国へ行くことがあった。てっきり通貨はユーロだと思っていたら、まだポンドのままだったことを知らなかった。実際に行ってみれば何の不都合もなかったのだが・・・それからわずかと経っていないのに、この映画ではまもなくポンドもユーロに切り替わるらしい。へー知らなかった、でも遂に代わるんだー

私ははすでに、全米の批評家も絶賛した英国監督の魔術にかけられていたのだ・・・

ポンドからユーロへ移る間際のイギリス。片親となった男の子の下にある日お金が降ってきた。ポンドが紙くずになるまであとわずか。男の子のとった行動は・・・、というのが本作のあらすじ。観終って思ったのは、主役の少年はとても魅力的なんだけれども、あまりにもリアリティに欠けるなぁ、ということ。違うのだ!今思えば、自分は子供心を失ってしまったなぁと嘆くばかり。

お気づきの方もいるでしょう。現実のポンドは(現時点で)半永久的にポンドのまま。私はこの物語がファンタジーであることに気付かず、90分強を過ごしてしまったのだ・・・なるほど物語のダイアローグのほとんどは子供たちが担っているし、伝説の聖人まで出てきて話し出すし(聖人は少年の母への強い思いの表れだとばかり思っていたが、舞台の場面で聖人が少年の代わりにセリフを言う場面がこれを否定している)。大人たちも存在するのかしないのか分からない雰囲気があるし、ラストも少年のかなり個人的な欲求に家族全員が付き合っているし・・・

最初からメガネを掛け違えていたとは。今なら「僕の子供たちに堂々と観せられる映画を作りたいと思った」という監督のメッセージに素直に共感できる。私のような子供が多数派でないことを祈るのみである・・・

最後に、「わたしの貴重な時間」はともかく、皆さんの貴重な時間を気持ちよくさせてくれることを祈って、

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

|

« HIMEJI SEES OFF KIRYU into QF | トップページ | TOMAKOMAI ADVANCES TO SEMI PAST HIMEJI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106223/11479029

この記事へのトラックバック一覧です: 道草(ネタバレありません)#622:

» 映画「ミリオンズ」 [Andre's Review]
「ミリオンズ」 2005年 イギリス 「トレイン・スポッティング」(←この映画も中毒性が高いよね。かなり好きです。)の監督ダニー・ボイル氏の最新作は、なんとビックリの子供向けファンタジーでした。しかしそれでもキラリと光る抜群のセンスは健在で... [続きを読む]

受信: 2006/08/18 09:58

« HIMEJI SEES OFF KIRYU into QF | トップページ | TOMAKOMAI ADVANCES TO SEMI PAST HIMEJI »