« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

道草(ネタバレありません)#624

「クラッシュ」CRASH

監督:ポール・ハギス

作品賞 Best Picture(第78回 アカデミー賞)
脚本賞 Original Screenplay(第78回アカデミー賞)、他
外国映画ベストテン 第8位(キネ旬 2006年)

いよいよこの目で見る機会を得た。今年のオスカー・レースは稀に見る個性的な作品が並んだといわれる。まずはその中で歴史に名を刻んだ作品を鑑賞開始。

現代のLA。ある交通事故に収斂していく1日を、関係するたくさんの人々の視点から描く群像劇。根底にあるのは、この街(国?)が持つ白人優位(とされる)の社会構造。私のLAでの経験を持ち出すまでもなく、過去幾多の作品が訴えているように、また今年のオスカーに選ばれたことを証左として、このお話は真実に違いない。考えさせられることがたくさんある。では映画的にはどうなのか?この点でなんとも物足りない思いが募る。厳然としてある差別、止まらぬ銃社会。程度は別にしてLA(アメリカ)だけの問題ではない。何か映画的な落としどころを作って欲しかった。天使の街なんだから・・・

しかし、素晴らしい脚本に拍手。これだけの登場人物を上手に動かしていて、見ている間は本当に飽きなかったです。ラストの街に起こる現象、そして暗転。なかなかにシンボリック。ただアノヒトが死ななかった理由だけがサッパリ分からない。天使の街だから!?

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FOXドラマ「24」がエミー賞作品賞を受賞

たまたまエミー賞のサイトをチェックしていたら、ついこのあいだ今年のウィナーが発表されていたようですね。日本でも発売間近の「24」第5シーズンが今年のエミー賞(Primetime Awards)ドラマ部門作品賞を受賞しました。また主演男優賞(K.サザーランド)、監督賞(第1話)なども受賞した模様。詳細はコチラ

第1シーズンを完走したものの、長々と続くシリーズに引き込まれるのが怖くて、これまで二の足を踏んでいた私ですが、決心しました。来年1月には全米で第6シーズン開始、映画版もあるとかないとか・・・どこまで続くかわからぬドル箱シリーズですが、突っ走ってみます!

調べてみると、第1~3シーズンのエピソードはTSUTAYAで半額の模様(10/1まで)。善は急げです!!

Ew24_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SEIBU EVENS IT TO KEEP DIFFERENCE WITH HAWKS

BASEBALL

Fumiya Nishiguchi's strong pitching and reliever's efforts gave Seibu Lions a 8-5 win over Fukuoka Softbank Hawks in the two-game series Sunday. Seibu evened the series to keep game difference at 2 and stealed Hawks' dream for top position by their own, left two games at Invoice Seibu Dome next month.

Both teams started to pile only a score in only chance early innings but Lions got a 5-2 lead with Toru Hosokawa's homer off starter Hayato Terahara and each RBI single of Yasuyuki Kataoka and Takeya Nakamura off both reliever Kazuhiro Takeoka in top of 5th while Softbank failed to cut the deficit due to double-play in which second-baserunner Naoyuki Omura ran out there by Hidenori Tanoue's fly to center in bottom of it. Afterwards, the two ballclubs took three runs each other to end the game.

12 hits tie, 4 longballs tie, 7 to 6 strikeouts and 6 LOBs tie. Seeing the stats, likely same numbers are listed to amaze me! I don't know until October playoff which team wins finally.

match result:

Seibu 8-5 Softbank (27 Aug)
W:Nishiguchi(8-8)
S:Onodera(23)
L:Terahara(3-6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WASEDA TAKES HOME FIRST SUMMER TITLE

HIGH SCHOOL BASEBALL at KOSHIEN

It'll be one of the most histrical games in the Japanese high school baseball, which is called the first rematch in Final since a game of Matsuyama-Syo and Misawa in 1969. Waseda-Jitsugyo deserved first summer title over two straight champion Komadai-Tomakomai next day after they fought 15 innings into a draw game on Sunday. Both ace pitchers, Yuki Saito of Waseda and Masahiro Tanaka of Tomakomai, made it amaze and impress who witness their pitching with brave and sportsmanship.

Saito, who allowed 6 hits including 2 homeruns with no walk in 9 innings on Monday, effectively threw breaking balls to collect 13 strikeouts after 7 hits and 4 walks in 15 innings Sunday. In a while, Tanaka, who had given 7 hits and 3 walks midway through 12 2/3 inning on draw game, also relieved starter Syota Kikuchi after 2 outs in the 1st but gave the opponent scoring oppotunities from walks in every earning-runs innings this day. But nobody couldn't blame him. West-Tokyo side pitcher more calmed down in good luck.

This year, Waseda might be supported by not only people concerned with school but a lot of people all around Japan, who may love the guraduated players, Softbank Hawks manager Sadaharu Oh or Seibu Lions pitching coach Daisuke Araki. Though it's very sorry that South-Hokkaido team's ambitious for three-peat had broken out, you sending a warm look to both players, reluctantly ends the 88th high school baseball tornament championship at Koshien.

match results:

The 88th Summer Tournament at Koshien
Final

Komadai-Tomakomai 1-1 Waseda-Jitsugyo (20 Aug)*
*15th inning before Both Forced Rematch

Komadai-Tomakomai 3-4 Waseda-Jitsugyo (21 Aug)
W:Saito
L:Kikuchi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#623

「バッドアス!」BAADASSSSS!

監督:マリオ・ヴァン・ピープルズ

全米の批評家から大絶賛の作品ということで手にとって見たのだが、いつの間に日本で公開されていたんだ?ジャケットを見る限り、ブラック・ムービーだということと、監督が「ニュー・ジャック・シティ」以来とんと見かけてなかったM.V.ピープルズだということ。最近何してたんだろう?予備知識なく鑑賞開始。

1970年代、ひとりの黒人映画作家が自分の作りたい映画をとことん追求する姿を描く、のがあらすじ。知らないというのは本当に怖いことだということを今回も思い知らされることになった。映画を観ている途中で気がついた。このピープルズって父親も監督じゃなかったっけ・・・映画に監督の息子が出てたけど、もしかして名前は・・・そうなのである、これは実話だった。不覚にも「スウィート・スウィートバック」を私は観たことがない。時々出てくる画質の荒い映像は当時のフィルムだったようだ。観終わって思ったのは、後に世界中で大ブレイクするミュージシャンとの出会いや、劇場公開の件なんかは、実話と知らなければ、出来すぎのような感もある。序盤がテンポ良く運んでいただけに、実話とはいえ、その辺の見せ方がちょっとありきたりだったと思う。中途に関係者のインタビューを挟んでいるのだし、それを上手く使えれば・・・

しかし、トリュフォーの「アメリカの夜」を例に出すまでもなく、こうした映画作りの舞台裏ってとても面白い。本作のように監督のイメージが強烈で、それに付き従ったり反発したりするスタッフや出演者たちを見てると、人間的でいいなあと画面を観てて楽しんでしまう。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディズニー・アート展に行ってきました

連日暑い日が続きます。息子がミッキーを分かってきたので、涼みがてら、東京都現代美術館で開催中の「ディズニー・アート展」に先日出かけてきました。昼食を済ませてすぐに入館したため、それほど混んでない様子、並ばずに入れました(出た時には入場する人の列があったけど)。詳細は他をご覧いただくとして、それほど広くないスペースにたくさんの原画やセル、スケッチが展示されている。まさにアニメーションを超えたアートと呼べるものばかり。来た甲斐はありました。しかし段々と飽きてきた息子を抱え、なだめながら足早で館内を進む始末。もっとゆっくり見たかったなぁ。

展示室は3階だったのですが、1階に降りるとカキワリの前で写真を撮ったり、ディズニー・アニメに出てくるような帽子やティアラを切り貼りして作るスペースがあったりと、ありました、子供が喜ぶ場所が。ほとんどの時間を我が子とここで過ごし、帽子を作って、記念撮影をして帰ってきました。

いまでは出口のショップで購入したカタログを、部屋で小さく鑑賞しています。

Aod5719_2

| | コメント (2) | トラックバック (1)

TANAKA CREATES A CHANCE OF THREE-PEAT FOR TOMAKOMAI

HIGH SCHOOL BASEBALL at KOSHIEN

Komadai-Tomakomai's ace pitcher Masahiro Tanaka relieved Masahiro Okada from on the way of the 2nd and showed strong pitching to contribute a win over Chiben-Wakayama in the Semifainals of the Tournamnt at Koshien. Tanaka allowed 4 hits and a run with 2 walks over 8 innings. Especially his breaking ball was marvellous enough to collect ten strikeouts from a Kinki region team, whose slugger Ryosuke Hiroi was stopped tournament tie record 5th homerun to end no hits and 3 strikeout of 5 at-bats.

Now one more win to three consecutive win of the tournamnet for Tomakomai. The Hokkaido team meets Waseda-Jitsugyo of the West-Tokyo side, which is the guraduated-school of WBC Japan Team and Fukuoka Softbank Hawks manager Sadaharu Oh. The title holder may have to fight with a lot of people cheering Oh.

match result:

The 88th Summer Tournament at Koshien
Semifainals (19 Aug)

Chiben-Wakayama 4-7 Komadai-Tomakomai
W:Tanaka
L:Matsuguma
*Tomakomai Faces Waseda-Jitsugyo in Final

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOMAKOMAI ADVANCES TO SEMI PAST HIMEJI

HIGH SCHOOL BASEBALL at KOSHIEN

Komadai-Tomakomai aiming three-peat deserved a win over home Toyodai-Himeji 4-5 in the quarterfinals of the national high-school baseball championship 2006. In 7th inning, Tadao Mitani's infield single, or the fielding error between firstbaseman and pitcher I thought, gave Tomakomai a big winning run to home the third-base runnner Yamaguchi, who walked to enter the ininng and advanced to third after a sac bunt and a groundball to shortstop. Himeji led the game since first inning with four runs including Ryo Hayashizaki's two-run homer in 1st. Starter Kinya Tobiishi limited the South-Hokkaido team to just a hit and a walk until he allowed them to equarlize infielders' bad fieldings and 4 consecutive hittings in 6th.

Title-holder's ace pitcher Masahiro Tanaka had bad performances this day but ended the game breaking through the danger when he got the jam in 8th and a runner on 3rd in 9th. Tomakomai maybe lucky to score runs thanks to the opponent's errors. Next round semis, it's anxious how Tanaka has his tiredness in front of 1997 and 2000 winner Chiben-Wakayama, who had a walk-off win against Teikyo on the same day.

match result:

The 88th Summer Tournament at Koshien
Quarterfinals (17 Aug)

Toyodai-Himeji 4-5 Komadai-Tomakomai
W:Tanaka
L:Inui
*Tomakomai Meets Chiben-Wakayama in Semifinals

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#622

「ミリオンズ」MILLIONS

監督:ダニー・ボイル

以前仕事で英国へ行くことがあった。てっきり通貨はユーロだと思っていたら、まだポンドのままだったことを知らなかった。実際に行ってみれば何の不都合もなかったのだが・・・それからわずかと経っていないのに、この映画ではまもなくポンドもユーロに切り替わるらしい。へー知らなかった、でも遂に代わるんだー

私ははすでに、全米の批評家も絶賛した英国監督の魔術にかけられていたのだ・・・

ポンドからユーロへ移る間際のイギリス。片親となった男の子の下にある日お金が降ってきた。ポンドが紙くずになるまであとわずか。男の子のとった行動は・・・、というのが本作のあらすじ。観終って思ったのは、主役の少年はとても魅力的なんだけれども、あまりにもリアリティに欠けるなぁ、ということ。違うのだ!今思えば、自分は子供心を失ってしまったなぁと嘆くばかり。

お気づきの方もいるでしょう。現実のポンドは(現時点で)半永久的にポンドのまま。私はこの物語がファンタジーであることに気付かず、90分強を過ごしてしまったのだ・・・なるほど物語のダイアローグのほとんどは子供たちが担っているし、伝説の聖人まで出てきて話し出すし(聖人は少年の母への強い思いの表れだとばかり思っていたが、舞台の場面で聖人が少年の代わりにセリフを言う場面がこれを否定している)。大人たちも存在するのかしないのか分からない雰囲気があるし、ラストも少年のかなり個人的な欲求に家族全員が付き合っているし・・・

最初からメガネを掛け違えていたとは。今なら「僕の子供たちに堂々と観せられる映画を作りたいと思った」という監督のメッセージに素直に共感できる。私のような子供が多数派でないことを祈るのみである・・・

最後に、「わたしの貴重な時間」はともかく、皆さんの貴重な時間を気持ちよくさせてくれることを祈って、

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

| | コメント (0) | トラックバック (1)

HIMEJI SEES OFF KIRYU into QF

HIGH SCHOOL BASEBALL at KOSHIEN

Toyodai-Himeji won against Kiryu-Daiichi the 3rd round match of the 88th Summer Tournament at Koshien. Home team in Hyogo prefecture took an advantage to score each run in the first three innings including Ryo Hayashizaki's homer in 1st. The North Kanto region high-school cut the deficit at 2 with no hits and a wild pitch by Himeji's Kinya Tobiishi in 2nd. But Tobiishi allowed two hits and two runs with 5 walks and 6 strikeouts in 7 innings to hand ace pitcher Masahiro Inui to end the game.

The 1999 Champion, Kiryu made a chance to score with one out and bases loaded in 7th, but missed to be struck out next two batters. The 1977 winner, Himeji advenced to quarterfinals and I wonder if they meet Semifainal opponent at that time, Imabari-Nishi.

match result:

The 88th Summer Tournament at Koshien
3rd round (15 Aug)

Kiryu-Daiichi 2-5 Toyodai-Himeji
W:Tobiishi
S:Inui
L:Ikoshi
*Himeji into QF against Komadai-Tomakomai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SHUTOUT RELAY HELPS HAWKS EARN SERIES WIN

BASEBALL

Though Fukuoka Softbank Hawks, who had been lack of manager Sadaharu Oh almost all second half of season, didn't have a rythm in attack to be defeated allowing Fighters starter Yoshitaka Hashimoto shutout game in the first of three-game-series against Hokkaido Nippon-Ham Fighters, it was marvellous that Hawks' chief coach Hiroshi Moriwaki's men drew victory twice in just a couple of chances to score. Hawks won the series thanks for good performances of pitchers and their combinations.

Especially third game, after Julio Zuleta's RBI double in 6th brought home the runnner Munenori Kawasaki, who hit a sliding double to center, Yoshiaki Fujioka relieved starter Yasushi Kamiuchi, who allowed three hits and no runs in 6 1/3 innings. Fujioka perfectly held the game with no hits and two strikeouts and fielding double-play to keep the no-run relay. Takahiro Mahara closed the door with allowing one hit and two strikeouts before accomplishing shutout relay with 1-0 victory. Here is coming one to one of Seibu Lions and Hawks in the Pacific League 2006.

match results:

Nippon-Ham 7-0 Softbank (8 Aug)
W:Hashimoto(4-2)
L:Arakaki(9-2)

Nippon-Ham 3-5 Softbank (9 Aug)
W:Wada(11-5)
S:Mahara(22)
L:Yagi(9-6)

Nippon-Ham 0-1 Softbank (10 Aug)
W:Kamiuchi(6-2)
S:Mahara(23)
L:Shimizu(1-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BUTTON, HONDA WIN IN RAINY HUNGARY

FORMULA ONE

It was the first win for the driver Jenson Button as his carrier when it was the first win for the constructor Honda as a worksteam since 1967. Hungaroring Circuit in Budapest gave Grand Prix drivers and crews a rainy condition, which made race-leaders exchange.

It may be said that tyres seemed to be most important factor in this race, Michelin or Blidgestone. Michelin user, the pole sitter Kimi Raikkonen of McLaren drove fast overwhelmingly on early laps while Blidgestone user, the 12th grid Michael Schumacher of Ferrari couldn't keep explosive speed seen in last three races to be overtaken by Fernando Alonso(Michlin) after the German jumped up the fourth on the first lap. But Raikkonen retired out due to crashing with Vitantonio Liuzzi of Torro Rosso when Alonso led the race. When it stopped raining, only a driving line gradually got dry in the wet cource because almost all formula cars traced the same line. At that time, the superiority and the inferiority appeared in the Michlin users. Batton of Honda(Michlin), who started from the 14th grid due to the engine exchange, closed the gap with leading Spaniard Champion before the Englishman rushed up to where to catch up with the Renault.

It was less than ten laps left when Alonso stopped to hit the tyre-barrier after the pit-out and the Honda machine led the race during the rest of laps. The Honda's win might be produced by many accidents including Alonso and Schumi's penalty in the qualifying round, and might not connect with next win. But it is certain that formula one get more interesting rest of season.

race result:

FIA, formula one 2006, 13th round
Hugary Grand Prix (6 Aug)

1.Jenson Button, Britain, Honda, 01:52:20:941
2.Pedro de la Rosa, Spain, McLaren-Mercedes, +30.8
3.Nick Heidfeld, Germany, BMW Sauber, +43.8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#621

「理由」

監督:大林宣彦

日本映画ベストテン 第6位(キネ旬 2004年)

大林宣彦といえば尾道。京都で浪人時代を過ごしていたころ、1日中劇場で観ていた「ふたり」に感動し、尾道まで鈍行で行ったこともある(尾道に行くならぜひ在来線で。新幹線の駅はずっと内陸にありますから)。東京で大学生活を送ってからも「東京物語」を観て再度行っているので、尾道は非常にお気に入りの街。新尾道3部作のひとつ「あした」以来彼の作品を観てないから、よけいに彼の名前と自分の十九二十歳の頃とがリンクし、ノスタルジックな思いを募らせてしまう。そんな懐かしい響きと宮部みゆき原作のギャップに魅力を感じ、手にとってみた。

舞台は東京・荒川の高層マンションで起きた一家惨殺事件の真相をその関係者たちの証言で綴る、のが本作のあらすじ。お話の組み立てが秀逸。160分の長さも気にならないほど。監督の言によれば、原作を全く忠実に再現したとあるから、映画だけの力によるものではないのかもしれない。それでも観ている人を画面に張り付かせる術は映画の力であると言える。セリフを喋っている人物の横で、セリフのない人がチョコチョコ何かをやっていたり、何かが現れたり。さりげないCGだったり、役者の所作だったり。ダイアローグの多い作品というのは、どうしても単調になりがちなのですが、質感の違う映像を並べてみたりなど、監督はいろんなところで映画として仕掛けてくれていたのが嬉しかったです。

久しぶりの大林組の面々に頬が緩みます。ナビ役ともいえる岸辺一徳は素晴らしい。芝居っ気があるようで無い、役へのアプローチが他を圧倒していました。彼の作品への貢献度は大。また、宮崎あおいを始め、少女が印象的なのも大林映画健在を思わせてくれます。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」きっと皆さんの貴重な時間も邪魔しないはずです!

DVD鑑賞
☆☆☆☆☆

iconicon

| | コメント (2) | トラックバック (1)

7月観戦記

ハイライトはFIFAワールドカップ決勝トーナメント、準々決勝のブラジル対フランスを挙げます。
リーガでも激闘してきたロナウジーニョとジダンの対戦を期待していたのですが、ファンタスティコ・マジコは最後まで輝かず、ジダンとアンリによるスーパープレイに沈黙させられてしまいました。
また、フランスと決勝であたったイタリアは、十分にジダンを意識したディフェンス。永遠に語り継がれるジダンの退場劇の後は、ひたすらアグレッシブに残りの時間を攻めていたのが印象的でした。ピッチの内外でいろいろありましたが、イタリアはチャンピオンにふさわしいチームだったと思います。

1(土)
ドイツ vs アルゼンチン(FIFA WC QF)
2(日)
イングランド vs ポルトガル(FIFA WC QF)
ブラジル vs フランス(FIFA WC QF)
3(月)
アメリカGP(F1 第10戦)
6(木)
ポルトガル vs フランス(FIFA WC SF)
9(日)
ドイツ vs ポルトガル(FIFA WC 3位決定戦)
10(月)
イタリア vs フランス(FIFA WC決勝)
デトロイト@シアトル(MLB)
12(水)
MLBオールスター@ピッツバーグ
15(土)
A.モーレスモ vs J.エナン-アーデン(WTA ウィンブルドン女子単決勝)
R.フェデラー vs R.ナダル(ATP ウィンブルドン男子単決勝)
中日@阪神(NPB)
16(日)
フランスGP(F1 第11戦)
22(土)
浦和@川崎(Jリーグ 第14節)
30(日)
ドイツGP(F1 第12戦)

#日付は放送日(日本時間)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »