« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

道草(ネタバレありません)#626

「カーテンコール」

監督:佐々部清

今晩も明りを落としてPCの前に臨んだのですが、珍しくコカコーラにスナック菓子を携えての鑑賞。偶然ですが、この映画こういう雰囲気が似合うなぁ~と感じつつほくそえんでいました。

昭和の下関。映画隆盛の頃に現れたある幕間芸人と彼の足跡を辿る女性のお話。ほくそえんでいたのは藤村志保の語りべの辺り。どっぷり映画に浸っていました。ここから先が佐々部節なのですが、残念ながら終わらせ方が私にはしっくりいきませんでした。2つあって、鶴田真由の島へ渡る決心が抜け落ちているところ。その前後ばかり取り扱っていて、ちょっとここは泣かせすぎでは。もうひとつは伊藤歩(キレイになった♪)が最後に全てをどう見つめていたのか、記事の内容を知りたかったです(どうも彼女のパートが紋切り型過ぎやしないか)。

とはいえ、たくさんのキネ旬読者に愛されたのも納得。いろんな意味で「映画観てるな~」という雰囲気を作ってくれる稀有な作品でした。「チルソク~」の時もそうだけど、向き合うのをためらうような純情さがここにある。他では触れられないものを作り出せる佐々部監督にこれからも頑張ってほしいです。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FIGHTERS HAMMER DRAGONS TO EARN NIPPON SERIES

NIPPON SERIES

Sapporo crowd enjoyed jumping when Hokkaido Nippon-Ham Fighters deserved a 4-1 series win over Chunichi Dragons in the best-of-seven Nippon Series. Fighters are the first title since moving the franchise to Sapporo, Hokkaido, and the twice in team history since the former club Toei Flyers in 1962.

Defence was the most factor towards the championship. In all five games, starting pitchers dicided each game to be marked a win or a loss. Ham's bullpen was almost perfect to give the Nagoya team just one run, which the best reliever in the Pacific League Hisashi Takeda allowed in Game 1. Dragons manager Hiromitsu Ochiai switched out relievers in less than an inning but unfortunately could not go ahead to a good direction.

I was disappointing for Dragons' four streak losing but at the same time I was excited at pitchers' battle coming to a deadlock. I expect to watch many games like these next season.

match results:

Nippon Series 2006

Nippon-Ham 2-4 Chunichi (21 Oct)
W:Kawakami
S:Iwase
L:Darvish

Nippon-Ham 5-2 Chunichi (22 Oct)
W:Yagi
S:MICHAEL
L:M.Yamamoto

Chunichi 1-6 Nippon-Ham (24 Oct)
W:M.Takeda
L:Asakura

Chunichi 0-3 Nippon-Ham (25 Oct)
W:Kanemura
S:MICHEAL
L:Nakata

Chunichi 1-4 Nippon-Ham (26 Oct)
W:Darvish
S:MICHEAL
L:Kawakami

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DROGBA, CHELSEA OPEN CHAPTER 3 TO BEAT BARCA

EUROPEAN FOOTBALL

Spain and England Champion had three streak meeting in UEFA Champions League when Barcelona was welcomed by Chelsea at Stamford Bridge on the 3rd match day of the group stage. Home striker Didier Drogba, who was sidelined due to a slight brain concussion for last couple minutes of the first half, fired an Ashley Cole's pass in front of the box to break the deadlock starting second. The Blues kept the top of the group A with the maximum point while the Euro champ stayed four points with Bremen remaining three games.

Chelsea, who sent out the 3rd goalkeeper Henrique Hilario because of Petr Cech and Carlo Cudicini both injured, held well the Barca's skipper learning from the lesson of the past when a left-sideback Khalid Boulahrouz and a left of the diamond Michael Essien took care of Ronaldinho. New striker Andrly Shevchenko and new top of the diamond Michael Ballack wasn't awake and might seemingly need time to fit.

Barcelona, who had been serious lack of Samuel Eto'o this season and put former Chelsea player Eidur Gudjohnsen on Eto'o's place, wasn't able to show explosive power seen last season with away orange shirt. It was not only absence of Eto'o but fatigue Ronaldinho seemingly. Lionel Messi shined sometimes but produced nothing to level to end the game.

However it's true that this tie is fan to watch as well as last two seasons. I expect Barca's strikeback at Camp Nou two weeks later.

match result:

UEFA Champions League 06-07
Group A, Match Day 3 (18 Oct)

Barcelona 0-1 Chelsea
47' DROGBA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NL TITLE GOES TO CARDS IN 7th GAME

MLB PLAYOFFS

Yadier Molina's two-run homer in the ninth set the place where the National League title went to when St. Louis Cardinals edged out New York Mets in last game of best-of-seven NLCS, MLB. Cards are going to meet AL champ Detroit Tigers to look for the first World champion since a 1982 team.

It was exciting series. Into the postseason, St. Louis lost Jason Marquis of 14-win starter and Jason Isringhausen of 33-save closer while New York was lack of Orlando Hernandez(11 wins) and Pedro Martinez(9 wins) of both starters. However both team's pitchers including the bullupens had limited the cleanups each other during the series. For example, Juan Encarnacion had .182 avg with 2 RBIs and no HR for Cards as David Wright was .160 with just a homer for Mets this series. Meanwhile the extra-players had appeared more in the Redbirds. So Taguchi's pinchhit homer in game 2, Preston Wilson's winning RBI in game 5 and Molina's game 7. It might be difference between two teams.

Tigers next facing Cards have a force to keep seven consecutive wins after a loss to Yankees in game 1 of ALDS, and resemble Red Sox meeting two years ago when Cards allowed Boston's four game sweep with eight straight postseason victories. More needful Game 1 win will be St. Louis. Make me amaze once more!

match results:

St. Louis 0-2 New York (12 Oct)
W:Glavine
S:Wagner
L:Weaver

St. Louis 9-6 New York (13 Oct)
W:Kinney
L:Wagner

New York 0-5 St. Louis (14 Oct)
W:Suppan
L:Trachsel

New York 12-5 St. Louis (15 Oct)
W:Perez
L:Thompson

New York 2-4 St. Louis (17 Oct)
W:Weaver
S:Wainwright
L:Glavine

St. Louis 2-4 New York (18 Oct)
W:Maine
L:Carpenter

St. Louis 3-1 New York (19 Oct)
W:Flores
S:Wainwright
L:Heilman
*St. Louis into World Series against Detroit

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SPAIN WINS FRIENDLY OVER ARGENTINA

INTERNATIONAL FOOTBALL

Spain's coach Luis Aragones was relieved to see his striker David Villa's penalty goal when home Spain beat Argentina at Estadio La Nueva Condomina of Murcia, FIFA International Friendly.

Spain, who had lost two straight games of Euro 08 qualifying round against Northern Ireland and Sweden, both away games, started to dominate the game before midfielder Andres Iniesta tried to make chances from the leftside. The Barcelona player found his team fellow Xavi Hernandez's opening middle shot and was fouled by Argentine to hand Villa to the winnning goal.

Argentina, who lost the first game for new coach Alfio Basile against Brazil at London last month, had groped where the coach wanted to go because of Juan Roman Riquelme's retirement of the national squad. Basile then may have summoned the players he knew and watched in his mother country such as Federico Insua, Daniel Bilos, Leandro Somoza and Sergio Aguero. They all were the first apperance in European club this season. But they will need time to fit to the national team and of course his clubteam.

Nothing to worry about. It is a point still more for FIFA World Cup South Africa 2010.

match result:

FIFA International Friendly
at Murcia, Spain (11 Oct)

Argentina 1-2 Spain
(0-1)32' XAVI
(1-1)34' BILOS
(1-2)63' VILLA(p)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉スタジアム2002を見てきました

FIFAワールドカップ日韓大会から4年。ようやく日本代表が戦ったスタジアムのひとつ、埼玉スタジアムへ行くことが出来ました。先日日本サッカーミュージアムでいただいたタダ券を使ってのものです。第17回全日本ユース(U-18)決勝戦が行われていました。

これまでJリーグの試合で埼玉スタジアムへ行く機会を探っていたのですが、レッズ戦のチケットを取るのは難しい(泣)。さらに私の自宅からだと片道2時間だからナイターは無理、天気の悪い日に行きたくないのでチケットは直前まで取れない。そんなこんなでここまでチャンスを逃していたわけですが、この日はお天気もよくレッズ戦でもないので気楽に構えていたら、午後1時キックオフなのに到着した時には後半が始まっていました(^^;

まあそれでも余裕で座れたし(観客数8千人余)、優勝校の追加点シーンも見られたし(お弁当を向いて2点目は見逃し)、それなりに久しぶりの生サッカー観戦を満喫しました。サッカー専用スタジアムとしては味スタを経験済みなのですが、メイン&バックスタンド側の集客力がダンチに違いますね~フルキャパになったら壮観だろうな~ジーコが好んで使ったのも頷ける。

今度いつ来れるか分かりませんが、是非また狙ってみたいです。
スタジアムの詳細はコチラ

Ss5823_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SCHUMI WINS CHINESE GP TO EVEN THE POINT WITH ALONSO

FORMULA ONE

Michael Schumacher of Ferrari took a victory from the 6th grid in wet conditioned Chinese Grand Prix of FIA formula one racing. Schumi, who announced his retirement after the Italian GP last month, tied Championship points, 116, with Fernando Alonso of Renault, who finished 2nd, remaining just two races.

Alonso started from the pole-position and cruised to extend the lead. Wet course at Shanghai International Circuit, however, made a story when the Spanish Champion changed them for new tyres in the first pit despite Schumi and Renault's fellow driver Giancarlo Fisichella staying on the tyres. Alonso's new tyres were slow to warm, so he couldn't have kept a speed than before. After a few laps, he wasted the lead to be stealed his position by chasing Fisichella and Schumi.

With gradually a dry line appearing, Fisichella keep Schumacher some laps from overtaking himself. But after the second stop the Italian driver couldn't do it when the German took best space of the first corner after the exit of the pit lane faster than Fisichella. Alonso, who changed slick tyres next stop, tried to catch up the Ferrari but inherited the second position from the fellow driver to end the race.

Now, next weekend is Suzuka. I cannnot look aside the moment when this year's champion might be named there.

race result:

FIA, formula one 2006, 16th round
Chinese Grand Prix (1 Oct)

1.Michael Schumacher, Germany, Ferrari, 01:37:32:747
2.Fernando Alonso, Spain, Renault, +3.121
3.Giancarlo Fisichella, Italy, Renault, +44.197

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG 06-07 part II

3回中京7日目5R

この週は前記サーキットレディの他にもう1頭デビューを果たしました。スペシャルウィーク産駒の牡馬、フューチャーボーイです。コースを熟知したジョッキーに導かれトップゴール!同じ週に愛馬が2頭デビューするだけでも稀なのに、両方勝つなんてラッキー!!しかしこの原稿を書こうと資料やリストをあらためて眺めてみると問題が・・・この松元茂樹厩舎の牡馬はリストインするはずのない馬だったのです(ヤッテモター!!)

父スペシャルウィークは説明のいらぬほどのマル父名馬ですが、03-04シーズンに初年度産駒が走り始め、翌シーズンには3頭がダービー前までに重賞を勝っています。その3頭の血統を参考に今シーズンもSW産駒のセレクトをしたつもりだったのですが、どうやら「その他のSS系種牡馬」のデータを参考に本馬を選んでしまったようです。なんだか馬連を間違えて枠で買い、図らずも的中したような気分ですが、これも縁。他の9頭と等しく今シーズン慈しんでいきたいと思います。

母父トニービンの産駒は98-99のアドマイヤベガを皮切りに、昨季のドリームパスポートまで6頭がダービーまでの重賞を勝利しているので、きっと名トレーナーの下で花開いてくれることでしょう。

keiba@niftyのPOGに参加しています

レース結果:

9月30日 中京芝1800M(新馬)
1着、フューチャーボーイ 1分48秒1 福永祐一Jk
  父、スペシャルウィーク by サンデーサイレンス
  母、フロムアファー by トニービン
  栗東 松元茂樹 厩舎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG 06-07 part I

4回中山7日目5R

今年もkeiba@niftyのPOGに参加しています。
これまで5頭がデビューし、先日1勝目を記録しました。
マル外牝馬、サーキットレディ。圧倒的人気で、持ったまま6馬身差の圧勝でした。

マル外や持込馬って、情報が少ないのでたくさんの人がPOGで手を出さない。けれども調べてみると毎年合わせて30頭近くの新馬ウィナーを輩出しているのです。しっかり勉強して、選ばない手はないでしょう!昨年はマル外&持込馬の中に、コレは!という若駒がいなかったのですが、今季は何頭かリストインしてきたので選んだ次第です。父のGrand Slamはミスプロ系で、BCスプリント2着の実績があるそうです(今知りました)。これまでの産駒はダートの短いところが主戦場、2つ上の半姉も日本にいてローカルの芝短距離を4勝(これも今知った)。結局のところ何が決め手になったかと言うと、①美浦の馬が欲しかった②それが二ノ宮厩舎だった③そしてこれが大きいのですが、開催のオーラスで恐らく強い牡馬はいないだろうと予想された、この3つです。

結果大楽勝。しかし次こそ試金石、来春まで楽しめる存在に育ってくれることを期待します。

レース結果:

9月30日 中山D1200M(新馬)
1着、サーキットレディ 1分13秒0 柴田善臣Jk
  父、Grand Slam by Gone West
  母、Laguna Seca by Seattle Slew
  美浦 二ノ宮敬宇 厩舎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月観戦記

ハイライトはパリーグ、北海道日本ハムファイターズのシーズンVです。交流戦終盤と7月は圏外だったのに、9月の快進撃で遂に頂点へ。

八木、ダルビッシュの若手先発陣の健闘と、武田久(MVP級!)、マイケルとリリーフがリーグ1の鉄壁ぶりに加え、小笠原を中心に稲葉、セギノール、田中賢と打線も活発。西武と互せる戦力を身につけ、全員野球でプレイオフも大暴れして欲しいものです。

最後に松井秀喜選手、おかえりなさ~い!!

1(金)
デトロイト@NYY(MLB)
2(土)
ミネソタ@NYY(MLB)
3(日)
ミネソタ@NYY(MLB)
4(月)
スペイン vs ギリシャ(FIBA 世界選手権決勝)
ミネソタ@NYY(MLB)
7(木)
日本ハム@ソフトバンク(NPB)
10(日)
大相撲秋場所(~24)
イタリアGP(F1 第15戦)
11(月)
インディアナポリス@NYG(NFL week1)
12(火)
西武@日本ハム(NPB)
14(木)
セルティック@マンチェスターUtd(UEFA CL)
16(土)
清水 vs 鹿島@国立(Jリーグ 第23節)
18(祝)
ラリー・ジャパン(WRC 第11戦)
20(水)
ピッツバーグ@ジャクソンビル(NFL week2)
23(祝)
清水@浦和(Jリーグ 第24節)
川崎@G大阪(Jリーグ 第24節)
26(火)
デンバー@ニューイングランド(NFL week3)
27(水)
ソフトバンク@日本ハム(NPB)
28(木)
カロライナ@タンパベイ(NFL week3)
29(金)
中日@阪神(NPB)

#日付は放送日(日本時間)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »