« 9月観戦記 | トップページ | POG 06-07 part II »

POG 06-07 part I

4回中山7日目5R

今年もkeiba@niftyのPOGに参加しています。
これまで5頭がデビューし、先日1勝目を記録しました。
マル外牝馬、サーキットレディ。圧倒的人気で、持ったまま6馬身差の圧勝でした。

マル外や持込馬って、情報が少ないのでたくさんの人がPOGで手を出さない。けれども調べてみると毎年合わせて30頭近くの新馬ウィナーを輩出しているのです。しっかり勉強して、選ばない手はないでしょう!昨年はマル外&持込馬の中に、コレは!という若駒がいなかったのですが、今季は何頭かリストインしてきたので選んだ次第です。父のGrand Slamはミスプロ系で、BCスプリント2着の実績があるそうです(今知りました)。これまでの産駒はダートの短いところが主戦場、2つ上の半姉も日本にいてローカルの芝短距離を4勝(これも今知った)。結局のところ何が決め手になったかと言うと、①美浦の馬が欲しかった②それが二ノ宮厩舎だった③そしてこれが大きいのですが、開催のオーラスで恐らく強い牡馬はいないだろうと予想された、この3つです。

結果大楽勝。しかし次こそ試金石、来春まで楽しめる存在に育ってくれることを期待します。

レース結果:

9月30日 中山D1200M(新馬)
1着、サーキットレディ 1分13秒0 柴田善臣Jk
  父、Grand Slam by Gone West
  母、Laguna Seca by Seattle Slew
  美浦 二ノ宮敬宇 厩舎

|

« 9月観戦記 | トップページ | POG 06-07 part II »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106223/12123901

この記事へのトラックバック一覧です: POG 06-07 part I:

« 9月観戦記 | トップページ | POG 06-07 part II »