« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

道草(ネタバレありません)#629

「ALWAYS 三丁目の夕日」

監督:山崎貴

日本映画ベストテン 第2位(キネ旬 2005年)

建設途中の東京タワー。ノスタルジックな雰囲気が好感をもたれたのか大ヒット、業界人(日本アカデミー)から批評家にまで支持されたモンスターをついに手に取る日がきた。正直、昭和の話ってこと以外ほとんど予備知識なく鑑賞開始。

昭和33年。東京の下町で巻き起こる様々な人情豊かな出来事を追いかける、のがあらすじ。赤い大鉄塔の他にも、集団就職・冒険小説・テレビジョン・・・その時代のキーワードを追いかけるだけで団塊世代の郷愁ならずとも若い層への新鮮味まで呼び起こすに十分。さらにそこへ肉付けしていく役者たちとテクノロジー。不特定多数を劇場へ誘う装置としても充分。観終えた感想ですが、全体のまとまりは良かった。ラストも正月に観る寅さんのような、人情劇の定番のような・・・だ。しかし話の筋を反芻してみると、エピソードのつなぎ目が唐突で少々荒っぽい。降って湧いたかの如く、時間が来ましたかの如く、吉岡秀隆とワケありの居候少年の核心に持ち込むのはちょっと・・・そのあたりが心残りでした。それとタイトルの“オールウェイズ”って一体???

好感を持ったのは、自分の役をマンガにしなかった薬師丸ひろ子と、何でもない場面で光っていたテクノロジー。この技術を見るためにもう一回見れます。続編製作も決定。とにかく東宝にひさびさ帰ってきた人情劇に拍手。今回の特撮水準をキープしつつ寅さんの如く製作するのは不可能でしょうが、ネタは豊富(コミック原作50余巻)、がんばってください。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG 06-07 part IV

5回東京7日目ベゴニア賞

この週は未勝利を脱出したヒシブレーブが1勝馬クラスと初対戦、特別レースに再びアンカツJkを背に5番人気で出走しました。勝利した2戦目同様やや立ち遅れてのスタート、中団後ろめのインでレースを進めて直線半ば、自慢の末脚を披露しましたが、少々脚を余す印象でゴール。5着でした。

勝ち馬は新馬戦でのちの札幌GⅢ2着馬と同タイム惜敗、2戦目(札幌)を勝って今回初コース+輸送を経験しての格上初戦勝利(上がり1位)ですから、力が一枚上だったのでしょう。それでも我がアドマイヤベガ産駒は強い相手に上がり2位タイ。できれば4着馬(札幌GⅢ惨敗)をかわして欲しかったところですが、一戦ごとに時計も詰めてますので、今後の活躍に期待です。

あまりPOGでは人気のなかった本馬ではありますが、どうやら今季楽しめる存在になっていく模様。こういう掘り出し物を探し当てるのがPOGの面白さのひとつ。年明け以降も無事にいって欲しいものです(⌒~⌒)ニンマリ

keiba@niftyのPOGに参加しています

レース結果:

11月25日 東京芝1600M(500万下)
1着、メイショウレガーロ 1分35秒4 ランフランコ・デットーリJk
2着、マイネシャリマー(f) +0.3
3着、ディープスピリット +0.4
4着、ニシノプライド +0.5

5着、ヒシブレーブ +0.5 安藤勝己Jk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SAMUEL'S THREE INFORMS BAD NEWS BEARS

NATIONAL FOOTBALL LEAGUE

My eyes were forced rapid motions of zig'n'zag many times during watching it at Gillette Stadium on week 12 of NFL. The defence teams of New England Patriots and Chicago Bears shined when they overall collected five interceptions and five fumbles with 14 points off turn-over and blocking a field goal. At last, Patriots' cornerback Asante Samuel's third interception at ending 4Q effected much before Patriots beat Bears 17-13.

Defence showed Quarterbacks a nightmare. Bears QB Rex Grossman also had a fumble lost at eight yards to touchdown, from where home team scored opener in Laurence Maroney's TD run early at 2Q. In a while, Patriots QB Tom Brady allowed interceptions by visitor's Cornerback Charles Tillman twice, one of which led Cedric Benson's touchdown run to tie score at 10 starting 4Q. 

It might be experience for tough moment against top teams that both teams made the result of under a 3rd-and-9 situation at 4Q. Patriots, who has become Super Bowl Champion three times in last five years, took a firstdown there to earn a winnig touchdown. However Bears, who has just played twice in January in last five years, was then forced a field goal and Grossman's third misque. It cannot be only me that expect in Grossman's and Bears' stirring up. GANBARE, Bears!!

match result:

Chicago 13-17 New England (26 Nov)
(00-07)2Q TD RB Maroney 2 yd run with e.p. made
(03-07)2Q FG K Gould 46 yd
(03-10)2Q FG K Gostkowski 52 yd
(10-10)4Q TD RB Benson 2 yd run with e.p. made
(10-17)4Q TD TE Watson 2 yd catch with e.p. made
(13-17)4Q FG K Gould 32 yd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NAKAMURA, BORUC GIVE CELTIC A WIN IN BRITISH REUNION

EUROPEAN FOOTBALL

Green and white stripes crowd at Celtic Park waving when Shunsuke Nakamura curled a free-kick into the net at nine minutes left. The Scotish side's victory over the Engilsh side Manchester United quarified the birth of last sixteens at the match day 5 of UEFA Champions League.

Like match day 1 at Old Tradfford, the United dominated gradually the field to create the chance at first half but attackers including matchday one's man-of-the-match Louis Saha wasted it delivering Ryan Giggs and Paul Scholes. Celtic coach Gordon Strachan put on right midfielder Nakamura at the left to limit attacks from Cristiano Ronaldo, but moved the Japanese to the usual position into the second as the Portuguese came back to life to threaten the Celtic. Such a powerful red dominance. Ronald and the visitors rolled comfortably but finished wide and offside calls when Reds coach Sir Alex Ferguson moved nothing yet for the United, who had gone through the group stage in even draw this night.

Edwin van der Sar streching to the left, Nakamura broke the deadlock to stun Reds again. That was one and only chance to score for Celtic in the second. The home team, however, had long and winding road to win. Three minutes to end, Neil Lennon fouled Scholes to force Ronald's free-kick in front of the box, which was as same a point as Nakamura made success. Ronald hit the wall but the referee called Shaun Maloney's handling to point the penalty spot. The rest job was Saha. Celtic goalkeeper Artur Boruc was another hero this night. The Polish keeper saved superbly French striker's ball just when Celtic beat the United to confirmed going through the group. The United and Benfica will chase last quarification at Manchester on last matchday, 6 December.

match result:

UEFA Champions League 06-07
Group F, Match Day 5 (21 Nov)

Manchester Utd 0-1 Celtic
81' NAKAMURA
*Celtic into Final Phase Next Feb.
*15/Dec. Draw Gives Celtic a Tie with Milan in 1st KOR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SAITAMA LIFTS JAPAN TO 2nd ROUND

VOLLEYBALL

Thanks for Saitama crowd, home Japan deserved a win 25-16, 22-25, 27-25 and 27-25 from seventh-ranked Argentina with much mistake in a Poll A match of FIVB men's world championship. The 10th-ranked host has three victories of four playing in the poll match to advance the second round remaining Wednesday's match against Poland at same Saitama Super Arena.

The game was thriller but there were a plenty of mistakes for especially South American. Some of theirs were fatal enough when the visitor greeted match point earlier at the third and fourth set. Jon Uriarte's men missed couple set-points to spike out their almost gasping sets to Japan.   

I wonder that men's Japan team is a good team. Watching more couple games of Tatsuya Ueta's men, I'll understand the team and the players, and PLEASURE of VOLLEYBALL.

match result:

FIVB World Championships Japan 2006
Men
Pool A at Saitama (21 Nov)

Japan 3-1 Argentina
*Japan Going Ahead Second Round at Sendai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#628

「ある子供」L’ENFANT

監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ

パルム・ドール Palme d’or(カンヌ映画祭2005)
外国映画ベストテン 第4位(キネ旬 2005年)

キネマ旬報ベストテンがすべてではない、とは以前にも書いた。ある程度の尺度にはなると信じて書くが、カンヌ映画祭パルム・ドール(最高賞)はアカデミー作品賞といい勝負をしている事実に、調べてみて正直驚いた。オスカーから「許されざる者」「恋に落ちたシェークスピア」「ミリオンダラー・ベイビー」が、パルムドールから「ピアノ・レッスン」「秘密と嘘」「戦場のピアニスト」が近年両賞からベストワンに輝いている。ミニシアター通いをしていた独身時代ならともかく、ビデオチェックと化した現在では良質の非アメリカ作品に触れるのは貴重な機会。ということで2度目のカンヌ最高賞の兄弟監督作品を手にとってみた。

その日暮らしの若い男が、生まれたての我が子に対しとった行動とそのオトシマエをつける、のがこの話のあらすじ。観終って、正直ダメでした。例えばこの男が子供のことで仲間に電話をかける理由、そのあともう一度子供を求める理由、どうにも子供っぽくて見ていられない。ラストもいただけないし。個人的にはより説明を加えて長くするのもいいけど、もっと登場人物のセリフを少なくして画だけで見せてほしかった。母親が再度病院に行く展開からは、『自転車泥棒』かなと思ったんだけど・・・う~んじゃあ中途半端なダイアローグはいいとして、アンゲロプロスくらい対象に冷徹であってくれたら・・・

期待はずれでした。

監督のプロフィールを見ると、とかく製作側と衝突してるみたいなので、本作ももしかしたら未完成なのかもしれません。カンヌで先に受賞した「ロゼッタ」は観てませんが、機会があれば観てみたい。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろうをテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆―――

| | コメント (2) | トラックバック (2)

RUSSIA ENDS BRAZIL DREAM TO GET GOLD

VOLLEYBALL

The European came from behind 11-13 in 5th set tie-break when Russia beat Brazil 15-25, 25-23, 25-18, 20-25 and 15-13 to reach the top of podium in the Women's Final of FIVB World Championship at Osaka Municipal Central Gym, Japan on Thursday afternoon. Brazil, who deseved a win from Russia in the second round last Sunday, stood there as only unbeaten-team for first world crown but Sheilla Castro spiked long to tie at 13 in the tie-break. And Yulia Merkulova block on Jaqueline Carvalho and Ekaterina Gamova spike gave the South Amerian the first tournament loss and the silver medal.

Looking back on the tournament, I was surprised at volleyball's match-point system, in which winning team earns two points while a loser also can take one point. That rule of one-point made me comlexed the chart for the final when I enjoyed the crimax of the second round. Well, I will be used next men's tournament.

match result:

FIVB World Championship Japan 2006
Women
Final at Osaka (16 Nov)

Russia 3-2 Brazil

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#627

「ブロークバック・マウンテン」BROKEBACK MOUNTAIN

監督:アン・リー

金獅子賞 Leone d’oro(第63回ヴェネチア映画祭)
監督賞 Directing(第78回アカデミー賞)
脚色賞 Adapted Screenplay(第78回アカデミー賞)他
作品賞ノミネート(第78回アカデミー賞)
外国映画ベストテン 第4位(キネ旬 2006年)

古今東西の映画を観ていくと、誰しもその中から自分に大きな影響を与える映画監督がいることだろう。私にとってそのひとりがアン・リー。「恋人たちの食卓」でのけぞり、「いつか晴れた日に」で意識し始め、「グリーン・デスティニー」でもはや決定的になった(「ハルク」もやってたとは驚)。彼が創作している時代と同じ時間を過ごしている・・・それだけでなんだか嬉しくなり、誇らしくなる。そしてまた新しい作品に触れることができる!!オスカー・レースでも話題の中心にいたこの小品をようやく鑑賞することができた。

60年代のワイオミング。ブロークバック・マウンテンで出会った2人のカウボーイの心の揺れを描く。またしてもコスモポリタンな監督が挑戦した新しい世界ではあるが、このストーリーになぜ60'sという年号が必要だったのだろうか?アメリカ西部人の気質がそれだけ今は変わってしまったのか、それともウェスタンへの逆差別に配慮した設定だったのか。時間の流れは年号をセリフとして言わずとも、お互いの家族を見ればそれだけで事足りるはず。そんななか年月を経てもたいしてメーキャップを施さなかったのは、2人の気持ちが年老わない表れを写したかったのかもしれない。

それだけこの話には普遍性があって、アメリカ国外にいる私からすればディテールに古さも新しさもない、ただただカウボーイ2人の魅力的な人物像を大自然の中に投影してくれた2時間余は濃密だった。テーマ云々が先行している本作ではあるが、アプローチはステレオタイプの如きベッタリではない。西部とカウボーイの世界に生きる2人のドラマを堪能できた。

残念ながら監督の代表作とは私には、言えない。あまりにもこれまでのフィルモグラフィーの中に優れた作品が多すぎるのと、今後も「ブローク~」を超える作品がいくつか出ることと思うから。そういう意味で下の星を付けたのだが、彼の名前を伝えるいい機会にはなったと思う。是非彼の他の作品にも触れることをオススメします。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろうをテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG 06-07 part III

5回東京3日目3R

この週は2頭が府中で出走、天気の悪い中初勝利をもぎとった愛馬がいます。ヒシブレーブ。新馬戦とはうって変わって出遅れ最後方ポツン、そこから全馬ゴボウ抜きで本命の責任を果たしてくれました。直線の審議はご愛嬌、逆に更なる可能性を感じさせてくれます。

このアドマイヤベガ産駒を新馬戦出走時に応援に行ってきたのですが(下写真)、パドックでは胴詰まりな感じも悪くはないなぁ~と思ってましたが、掲示板を見ると(評判馬の参戦もあって)ブービー人気・・・しかししかーし結果は直線先頭も4着の大健闘だったので、2戦目の今回は本命視も当然のことでしょう。加えて前走とは違う競馬で上がって来てくれたのですから、先が楽しみです。

血統的には、昨季も2頭選んだお気に入りWoodman牝馬の産駒。好調国枝厩舎(2頭が2歳OP勝ち)の下で花開くかと期待しましたが、正解でした。このまま健やかに成長してくれることを願います。

keiba@niftyのPOGに参加しています

レース結果:

11月11日 東京芝1600M(未勝利)
1着、ヒシブレーブ 1分36秒3 安藤勝己Jk
  父、アドマイヤベガ by サンデーサイレンス
  母、ヒシショウコ by Woodman
  美浦 国枝栄 厩舎

<10月29日デビュー戦の本馬とアンカツJk>

Hb5846_2   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DEFENCE KEEPS COLTS UNBEATEN PAST PATRIOTS

NATIONAL FOOTBALL LEAGUE

Less than two minutes left after the former patriot Adam Vinatieri failed the field goal attempt for Indianapolis Colts, linebacker Cato June saved the day for Indy to catch a loose ball reflected hands of New England Patriots' widereciever Kevin Faulk from skipper Tom Brady. Crowd at chilly Foxborough saw the intercept of the fourth for Brady or the second for June when Colts beat Patriots, 27-20, to keep unbeaten 8-0 on week 9 of NFL.

A tough game. Despite just one punt series each in 3Q, almost all drives connected plays at red zone, where I watched many inpressive performances on both offence and defence. Two topteam players were in fierce competition during the game. That was why incredible plays happened like Brady's four missques, season most per a game, and Vinatieri's two misskicks, his first failures this season.

It'll be no exaggeration to say that both teams will meet again somewhere of AFC championships. I desire more exciting game there.

match result:

Indianapolis 27-20 New England (5 Nov)
(07-00)1Q TD WR Harrison 5 yd catch with e.p. made
(07-07)2Q TD RB Dillon 1 yd run with e.p. made
(14-07)2Q TD RB Addai 2 yd run with e.p. made
(14-14)2Q TD RB Dillon 4 yd run with e.p. made
(17-14)2Q FG K Vinatieri 23 yd
(24-14)3Q TD WR Harrison 4 yd catch with e.p. made
(24-17)3Q FG K Gostkowski 49 yd
(27-17)4Q FG K Vinatieri 31 yd
(27-20)4Q FG K Gostkowski 26 yd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DELTA BLUES TOPS MELBOURNE CUP TAKING THE FELLOW

INTERNATIONAL HORSE RACING

Visiting the cyte of Japan Racing Associaton, I was surprised at watching a race movie when Japanese Delta Blues and Jockey Yasunari Iwata won the Melbourne Cup at Flemington Racecourse, Australia, where the winning trainer Katuhiko Sumii also sent out Pop Rock, who finished the 2nd by a head of the fellow. The favorite Tawqeet of USA, who beat Delta Blues in Caulfield Cup(G1) last month, sank down the 19th.

The result of Japanese one-two-finish in overseas G1 race was as incredibly nice as Agnes Digital and Eishin Preston did the same thing at Hong Kong in 2002. Delta Blues, who won five times including G1 Kikka-syo two years ago with Iwata, is not so special in Japan recent days. Same as Pop Rock, who has never entered G1 races in Japan but on this day had more population than Delta Blues maybe due to home Jockey Damien Oliver onboard.

The trainer Sumii, who deserved last July's American Oaks(G1) in Hollywood Park with Cesario, embodies a mind of the right stuff in the right place. It's marvelous!

race result:

Melbourne Cup (7 Nov)
G1, 3200M, turf, handicap, at FLEMINGTON Racecourse

1.Delta Blues #2, 56kg Yasunari Iwata, Katsuhiko Sumii, 3:21:47
2.Pop Rock #12, 53kg Damien Oliver, Katsuhiko Sumii, +0.03
3.Maybe Better #23, 50kg Chris Munce, Brian Mayfield-Smith, +0.71
4.Zipping #13, 52.5kg Glen Boss, Graem Rogerson, +0.96

Flemington_1 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AOKI'S LAST-GASP HELPS YOUNG JAPAN CHALLENGE THE WORLD

INTERNATIONAL FOOTBALL

Young guns opened the gate of the world under water and dusk when Japan U-19 team shook off West giant Saudi Arabia U-19, 2-1, at Bangalore of India in the AFC Youth Championship. The Samurai Blue advanced to Semis against former Champ Korea Republic and clinched a ticket for FIFA World Youth Canada 2007, which had been also given the Korea, Jordan and DPR Korea.

Starting the 1st with falling rain, Japan caught first scoring chance from the right. Yosuke Kashiwagi's FK found Kazuhisa Kawahara's head to lead the game. Since it stopped raining midway through the 1st, the blue shirts still controlled the field while the green eleven couldn't approach the area just to challenge from shots outside the box or little set-plays, which was, however, acurate and dangerous.

Into the 2nd, Abdulaziz Aldawsari's spot kicks continued to give the Saudi some hints to equalize but were edged out by the eastern defence including the goalkeeper Akihiro Hayashi's savings. Meanwhile it was less than ten minutes to end when an Aldawsari quality ball forced a Japanease player's foul in their own box. Jufain Ali Albishi did the rest job to level.

I had ever seen it before in the country, Sree Kanteerava Stadium stopped giving some lightings to the two teams and the crowd in the way both finding a winner ending the game. Under hard to see plays, a substitute striker Kota Aoki fired through defenders and made it past Ahmed Dalah's hand in very ninety minutes.

I say VAMOS to young Japan being for the top of Asia!

match result:

AFC Youth Championship India 2006
Quarterfinals at Bangalore (7 Nov)

Japan 2-1 Saudi Arabia
(1-0)07' KAWAHARA
(1-1)81' ALBISHI
(2-1)90' AOKI
*Japan Qualified FIFA U-20 World Cup Canada 2007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OYAMA, JAPAN CANNON KOREA INTO 2nd ROUND

VOLLEYBALL

A Korean player missed to recieve the Japan's service when host Japan beat Korea 25-21, 21-25, 25-21 and 25-22 in a Pool A game of FIVB woman's world championship. Japan now wins three of four in the pool matches to improve next round before facing last first round game against Poland Sunday.

For me, it had taken long time since watching Japan's volleyball game at last. But I enjoyed Japan's speedful attackings and both team's rally seen often tonight. Especially Shuka Oyama's back attackings like cannons made me amazing and exciting enough to cheer up Syoichi Yanagimoto's women with the crowd at Yoyogi National Stadium.

I expect their next round success for gold.

match result:

FIVB World Championships Japan 2006
Women
Pool A at Tokyo (4 Nov)

Korea 1-3 Japan
*Japan into second round at Nagoya

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月観戦記

ハイライトはMLBナショナルリーグ優勝決定戦、セントルイス・カーディナルス対ニューヨーク・メッツの7つの死闘を挙げます。シーズン終盤辛くも中地区Vを果たしたセントルイスと、シーズン通して圧倒的な強さを示し、またDSでもドジャースをスウィープしたニューヨーク。ブルペンを含めた投手陣、対するクリーナップほか伏兵バットマン達・・・両軍による紙一重の展開を十分満喫しました。
そんななか第2戦9回、田口選手の勝ち越しホームランは驚きとともに快哉。長年のバックアップという立場にもめげずチームに貢献してきたのが実った瞬間でした。世界一おめでとうございます!

1(日)
スプリンターズS(JRA GⅠ)
中国GP(F1 第16戦)
2(月)
凱旋門賞(海外競馬 GⅠ)
ニューイングランド@シンシナティ(NFL week4)
4(水)
デトロイト@NYY(MLB プレイオフ)
6(金)
デトロイト@NYY(MLB プレイオフ)
7(土)
NYY@デトロイト(MLB プレイオフ)
ソフトバンク@西武(NPB パ・リーグプレイオフ)
8(日)
NYY@デトロイト(MLB プレイオフ)
日本GP(F1 第17戦)
ソフトバンク@西武(NPB パ・リーグプレイオフ)
9(祝)
名古屋U-18×滝川第二(JFA 高円宮杯決勝)
ソフトバンク@西武(NPB パ・リーグプレイオフ)
11(水)
ボルティモア@デンバー(NFL week5)
ソフトバンク@日本ハム(NPB パ・リーグプレイオフ)
12(木)
ソフトバンク@日本ハム(NPB パ・リーグプレイオフ)
13(金)
セントルイス@NYM(MLB プレイオフ)
14(土)
セントルイス@NYM(MLB プレイオフ)
横浜@G大阪(Jリーグ 第27節)
15(日)
NYM@セントルイス(MLB プレイオフ)
16(月)
アルゼンチン@スペイン(FIFA 親善試合)
NYM@セントルイス(MLB プレイオフ)
18(水)
NYM@セントルイス(MLB プレイオフ)
19(木)
セントルイス@NYM(MLB プレイオフ)
20(金)
バルセロナ@チェルシー(UEFA CL)
セントルイス@NYM(MLB プレイオフ)
21(土)
川崎@浦和(Jリーグ 第28節)
日本ハム@中日(NPB 日本シリーズ)
22(日)
セントルイス@デトロイト(MLB WS)
菊花賞(JRA GⅠ)
日本ハム@中日(NPB 日本シリーズ)
23(月)
セントルイス@デトロイト(MLB WS)
24(火)
中日@日本ハム(NPB 日本シリーズ)
25(水)
デトロイト@セントルイス(MLB WS)
中日@日本ハム(NPB 日本シリーズ)
26(木)
中日@日本ハム(NPB 日本シリーズ)
27(金)
デトロイト@セントルイス(MLB WS)
28(土)
デトロイト@セントルイス(MLB WS)
29(日)
天皇賞・秋(JRA GⅠ)
スケート・アメリカ(ISU フィギュア女子FP)
31(火)
ボルティモア@ニューオーリンズ(NFL week8)

#日付は放送日(日本時間)
*ライブ観戦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »