« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

道草(ネタバレありません)#631

「エターナル・サンシャイン」ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND

監督:ミシェル・ゴンドリー

オリジナル脚本賞 Original Screenplay(第77回アカデミー賞)

いつもお世話になってはいるのだがTSUTAYAさんに一言いいたい。遅すぎるぞ!!このDVD、リリースされてから1年以上も新作扱いで、7泊で借りられるようになるのにここまで待たされてしまった。商売だから勝手だろうという言い分はあるだろうが、あまりにも酷すぎる。この作品以外にまだこんな扱いを受けたモノがないようなので、今後このようなことがないことを祈る。全米の批評家から大絶賛を浴び、オスカーにも輝いた作品をよーーーやく鑑賞。

カノジョに未練タップリ、傷心のカレシが取った奇想天外な行動にまつわるラブストーリー。序盤はMTV出身の監督よろしく、ちょっと入り組んでいますが、こういうのが大好きな私には気にならない。彼の奇想天外とそこからのひと騒動に疑問の余地ありだったのだが、抵抗するのを止めた。とにかくこの映像の氾濫に身を置くことの心地よさを優先したかったから。まったく先が読めないし、映像の処理も気に入った。ジム・キャリーって「トゥルーマン・ショー」でもそうだったが、掌の上で弄ばれるのが様になりますね。ラストも良かった。すべての成否は奇想天外についていけるかどうかだと思う。

オスカーを受けた脚本のチャーリー・カウフマンは「マルコヴィッチの穴」や「アダプテーション」も生み出し、私も観ているが、この作品が一番良かったと思う。それはたぶん監督との共同作業でホンを書いたからかもしれないが、以前のものと比べて刺激的で独りよがりなところが薄らいだ。それは万人受け狙いともとれるが、イマジネーション豊かな場面の連続はきっと監督だけによるものではないだろう。本当にこの人の視点はいつも面白い。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろうをテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

| | コメント (2) | トラックバック (1)

POG 06-07 part VII

5回中山8日目2R

有馬記念が行われたこの週、愛馬が3頭エントリー、そのうちの1頭マイネルアワグラスが見事初勝利を挙げてくれました。初コースも持ち時計の良さで本命に推されましたが、フタを開けてみれば6着までが3馬身以内というタフなレースとなり、この馬の新しい一面を見せて人気に応えました。

父のブライアンズタイムは三冠馬を含む3頭のダービー馬を輩出している名馬ですが、コンスタントにクラシック路線の重賞勝ち馬を出しています。02-03シーズンにフラワーCを勝ったマイネヌーヴェルも同産駒ですが、マイネルアワグラスは彼女の全弟になります。お姉さんは小回りコースが得意な追込馬という印象でしたが、本馬は先に府中でも良績を示していますし、またちょっと違う能力が備わっているのかなと期待しています。

実はこの府中での未勝利戦出走の際、応援に行ってきたのですが、馬体重(506kg)そのままに雄大で、他を圧倒していたのが印象に残っています。状態の良い時に勝ててホッとしていますが、中山ダートの時計的には物足りない感じなので、今後は新馬以来の芝へ戻るのか、府中の砂まで待つのか、興味深いところです。

keiba@niftyのPOGに参加しています。

レース結果:

12月24日 中山D1800M(未勝利)
1着、マイネルアワグラス 1分58秒3 柴田善臣Jk
 父、ブライアンズタイム by Roberto
 母、マイネプリテンダー by Zabeel
 美浦 稲葉隆一 厩舎

<10月29日未勝利戦の本馬とヨシトミJk>

Mog5850_1 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

PATRIOTS HAVE HAPPY HOLIDAYS TO WIN AFC EAST TITLE

NATIONAL FOOTBALL LEAGUE

Patriots' defence was alive when Defensiveend Jarvis Green's sack forced Jax Quarterback David Garrard's fumble into patriots' recover at 1:55 to end when New England Patriots edged out Jacksonvill Jaguards on week 16 of NFL to earn the division title with eleven wins. On Christmas Eve, Jaguards stood on the difficult way to the wild card births.

Both teams were known as good defensive team to allow few points per game. Impessive for me, the fact showed their strength to defend well that Patriots QB Tom Brady rushed ten attempts for 31 yards while he had done 17 yds of 38 att. this season. But Brady and Garrard were good enough to complete passes to extend the lead. Brady shotguned twice to Tightend David Thomas for long gains in 3Q, while after that both team kickers failed long yard field goal attempts, Garrard made a deep pass to Widereceiver Ernest Wilford towards touchdown in the same quarter.

Remaining just one game, Jax, eight wins, is trailing Denver and New York Jets both of nine wins with Cincinnati, Tennessee and Kansas City. When I'll listen to the bell for a New Year, Jaguards will find the way clear, I expect.

match result:

New England 24-21 Jacksonville (24 Dec)
(03-00)2Q FG Gostkowski 48 yd
(03-07)2Q TD Jones-Drew 74 yd run with e.p. made
(10-07)2Q TD Dillon 1 yd run with e.p. made
(17-07)3Q TD Thomas 22 yd catch with e.p. made
(17-14)3Q TD Jones-Drew 1 yd run with e.p. made
(24-14)4Q TD Maroney 27 yd run with e.p. made
(24-21)4Q TD Jones 33 yd catch with e. p. made

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HAPPY ENDING FOR DEEP IMPACT FLYING TO BE SIRE

HORSE RACING

Deep Impact, the 6th triple crown horse in Japan, won Arima-kinen at Nakayama Racecourse Sunday. The Arima-kinen title was the seventh G1 win for the 4-year-old colts, who stands most G1 wins with Shimbori Rudolf and T.M.Operaoh. Deep Impact set to quit racing horse before JRA held the farewell ceremony for future legend with owner Makoto Kaneko, trainer Yasuo Ikee, jockey Yutaka Take and twelve thousand fans in front there. It was very very happy moment on Christmas Eve.

It was last year's Wakagoma-stakes, the second race for Deep Impact, that I felt him special, but I thought it suspicious when "Deep" met olders after earning the triple crown. My doubt seemed to be right when Heart's Cry, no G1 holder at that time, defeated Deep Impact last Arima-kinen. But into 2006, Deep Impact performed his strength in Hanshin-daisyoten on March when he changed the gear faster at the third to fourth corner before the stretch to catch up with the top from one in the last. Watching this race winning, I was sure that no enemy was in Japan. Then at Longchamp on October, Deep Impact and on- boarding Take seemed to run for the victory first time in his carrier as Take put him in front more than usual in Japan. That was much impressed me even after watching his last-run.

Thank you, Deep Impact. Show us many sons and daughters resembling him into the turf.

race result:

51st Arima-kinen (24 Dec)
G1, 2500M, turf, at NAKAYAMA Racecourse

1.Deep Impact #4 Yutaka Take, Yasuo Ikee, 2:31:9
2.Pop Rock #1 Olivier Peslier, Katsuhiko Sumii, +0.5
3.Daiwa Major #5 Katsumi Ando, Hiroyuki Uehara, +0.6
4.Dream Passport #3 Hiroyuki Uchida, Hiroyoshi Matsuda, +0.6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG 06-07 part VI

今季POGの登録馬10頭が本日決まりました。何とか年内に発表できてよかった(汗)。最後の10頭目は今週のデビューです。

グランメルヴィーユ by スペシャルウィーク 池添兼雄 厩舎
ダイワモナーク by サクラバクシンオー 増沢末夫 厩舎*転厩
マイネルアワグラス by ブライアンズタイム 稲葉隆一 厩舎

サーキットレディ by Grand Slam 二ノ宮敬宇 厩舎
フューチャーボーイ by スペシャルウィーク 松元茂樹 厩舎
ヒシブレーブ by アドマイヤベガ 国枝栄 厩舎
ダノンマッハ by マンハッタンカフェ 戸田博文 厩舎
セイカジーベック by ムタファーウエク 田中章博 厩舎

ジョウノガーベラ by アフリート 加藤征弘 厩舎
ナスノオスカー by フジキセキ 奥平真治 厩舎*転厩

今年は愛馬選抜リストの作成が大幅に遅くなりましたが、サンデーサイレンス産駒がいなくなり、どの産駒を中心に据えようか・・・とりあえず一種馬一産駒で、その中のベストを見つけていきました。手違いはご愛嬌で^^;
10頭並べてみて、SS系の中でも取捨を明確にし、セレクトしたい種馬から上手く選べたと自負しています。昨年とはうって変わって関東馬を多く選ぶ結果になりましたが、個人的には競馬場に足を運ぶ機会が多くなりそうで嬉しい限り。できるだけ応援に行きたいと思います。

この中から私をダービーやオークスへ連れて行ってくれる孝行者に出会えることを祈ります。

keiba@niftyのPOGに参加しています。

【資料】POG05-06シーズンの愛馬十頭はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CLUB WORLD CUP GOES TO BRAZIL AGAIN

INTERNATIONAL FOOTBALL

Eleven Brazilians stopped Ronaldinho, the superstar of the mother country when substitute Adriano's late goal gave Internacional a victory over Barcelona in Final of FIFA Club World Cup at Yokohama International Stadium Sunday. Brazilian club won the tournament two in a row while Barcelona was the second appearance since former Toyota Cup 1992 but missed the chance for the world title again.

It was a long ball that the South American side broke the deadlock at less than ten minutes left into the second half when Abel Braga's men succeeded in luring Barca's centerback Rafael Marquez near the halfline to create a fast-break. Iarley phisically defeated Carlos Puyol in competing flowing ball and Adriano, who replaced captain Fernandao at 31 minutes of 2nd, did the rest job past Victor Valdes into the net. Barcelona coach Frank Rijkaard replaced Xabi with Motta to show the spirit for the title but at last it ended to a reckless gamble. Ronaldinho and Deco, who was born in Brazil and was naturalized in Portugal, challenged for scoring but failed at all. For me, however, the game entertained me.

I was surprised at the fact that five of six participation teams had Brazilian players. Today, Brazilian have showed they are excellent as both an individual and a team to again all over the world.

match result:

FIFA Club World Cup Japan 2006
Final at Yokohama (17 Dec)

Internacional 1-0 Barcelona
82' ADRIANO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KIM WINS GP FINAL AS ASADA SLIPS LANDING

FIGURE SKATING

Yu-Na Kim grabbed the first senior title from the 3rd place of the short program at St. Petersburg, Russia in ISU Grand Prix Final of Figure Skating Saturday. Following the World Junior Championships last March, the sixteen-year-old Korean earned a victory against same age Japanese Mao Asada, who finished the 2nd to take pratfalls twice despite starting as the short program leader. Sarah Meier of Switzerland lifted the place of the 3rd while the rest of Japanese, Fumie Suguri and Miki Ando were the 4th and 5th place each.

Under the music of the Lark Ascending by Ralph Vaughan Williams, Kim skated with beauty and elegance using her thin and long limbs. I felt her difference when looking at her first jumping attempt when she spinned and landed very speedily. Her fighting with Japanese, especially Asada has just begun. I will watch it until next Winter Olympic Games Vancouver 2010.

I had watched series of figure skating matches this time. International Skating Union offered us different championships, Grand Prix, Four Continents Championships and World Championships... I have no idea whose champoion is the gretest, so I'll learn each history and grade of the championships although I might not know to be able to watch all of them on TV.

match result:

ISU Grand Prix of Figure Skating Final 06-07
Ladies at St. Petersburg, Russia (16 Dec)

1.Yu-Na Kim, KOR, 184.20
2.Mao Asada, JPN, 172.52
3.Sarah Meier, SUI, 170.28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG 06-07 part V

5回中山4日目6R

今週はサーキットレディが新馬勝ちしたコースに戻って、2度目の1勝馬クラスとの対戦がありました。スタート良く3角から先頭に取りつくのですが、直線に向いてサッパリ。2戦目に続き大敗という結果に終わりました。今回はこの馬の2勝目はあるか、考えたいと思います。

デビュー戦は逃げ切り勝ち、格上げ初戦の2戦目は経験不足を露呈し揉まれて惨敗。そして今度の3戦目はスピードに任せた結果脚が止まるという格好。勝ち馬は3角で同じ位置にいながら、愛馬を先に行かせての差し切り勝ち。我がGrand Slam 牝馬との競馬っぷりの差を見せつけられてしまいました。愛馬に初騎乗の蛯名Jkもレース前のイレ込みを指摘していたように、まだまだレースに集中しきれず持って生まれたスピードだけで競馬している様子なのでは。きっと競馬を覚えていっている過程なのだと思いますが、レースになって騎手が持っていかれるようでは成長もありえない。今後さらなる準備を期して戻ってきて欲しいです。

過去3戦の時計を見ると、2戦目はともかく今回は負けすぎ。単調にならず勝ち馬のように上手に振る舞えれば、暖かくなる頃にはもうひとつ勝利をプレゼントしてくれるかも・・・

希望的観測です(^^;

keiba@niftyのPOGに参加しています

レース結果:

12月10日 中山D1200M(500万下)
1着、ディオスクロイ 1分11秒9 松岡正海Jk
2着、ワンダフルドーラ(f) +0.1



11着、サーキットレディ +3.0 蛯名正義Jk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TAKE FAILS TO TAKE BACK PRIDE in HONG KONG

INTERNATIONAL HORSE RACING

Yutaka Take on-boarding Admire Moon tried to catch up with French horse Pride through the way the French mare found but the Japanese colt was slightly edged out by head at Sha Tin in Hong Kong Cup Sunday. Pride, who was famous to Japanese as the runner-up past Deep Impact on Take in Prix de l'Arc de Triomphe 2006, was honored as a winner of Hong Kong Cup after having finished 2nd last year. Holder home horse, Vengeance Of Rain, finished the 3rd as Japanese mare, Dia de la Novia, ended the 7th place.

Admire Moon, who is a sun of late sire End Sweep, was not blessed with G1 titles despite the favorite on April's Japanese 2000 guineas, Satsuki-syo. Three-year-old horse and thirtyseven-year-old jockey couldn't achieve the revenge for the retiring Japanese star horse but it is not wrong that Admire Moon will be one of promising horses surporting JRA next year.

In Japan, you waiting for this year's last G1, Arima-kinen, on Christmas Eve, I'm wanting for fresh busters over Deep Impact. That must be what is the real farewell for the leaving.

race result:

Hong Kong Cup (10 Dec)
G1, 2000M, turf, at SHA TIN Racecourse

1.Pride #8 Christoph Lemaire, Alain de Royer-Dupre, 2:01:60
2.Admire Moon #7 Yutaka Take, Hiroyoshi Matsuda, by shorthead
3.Vengeance Of Rain #1 Anthony Delpech, David Ferraris, +0.3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#630

「蝉しぐれ」

監督:黒土三男

作家藤沢周平の「最高傑作の映画化」ばかりが目に付き、彼の作品を一度も読んだことのない私にとっては、そんな文句もネコに小判、これまでジャケットを見ては何となく後回しにしていた。けれどもキネ旬読者の熱い支持があったのだからと奮起して、時代小説の映画化を目にする機会を作った。

父の汚名にもめげず懸命に生きる少年藩士が、寵愛の姫となって戻った幼なじみを決死の身で守る、というのがあらすじか。父母への尊敬の念、厚き友情、心に秘めた淡い思い、そして戦いの場に立つ主人公・・・別の監督が手がけた過去の藤沢作品と通底する面が多々あったが(当然か)、2時間余のストーリーを楽しむことができた。序盤の洗濯娘が奉公者なのか武家娘なのか、時代劇に疎い私には胸のつかえが下りるのに時間がかかった(玉に瑕?勉強不足?)。ラスト2人のダイアローグももはや分かりきっているだろうに、と思いつつも、ヒロインを呼ぶヒーローの変化にすべてがふっとんだ。彼の一言で救われました。こんな具合にヤキモキするのも、この映画のいいところなのでしょう。

緒形拳は「隠し剣」にも出てたけれども、私のイメージとしてはコチラのほうがしっくりくる。原田美枝子は「亡国のイージス」でも感じたが、友情出演ならまだしも使われ方が可哀想。瑣末なことですが、私の中で続いたのでちょっと気になった。最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界バレーを観戦@代々木体育館

せっかく東京で世界のトップチームのプレーが見られるというので、国立代々木第一体育館で行われたバレーボール世界選手権、男子準決勝を観てきました。原宿駅から歩いて数分、見えてきました。目に鮮やかな黄色一色のノボリや立看板。チケットを買ってさっそく中へ。

Yoy5859_3   

国内スポーツ全国大会の聖地とも言える代々木体育館。コンサートなどイベントなどにも使われ、私も2度来ているのですが、スポーツ観戦は初めて。ブラジルとセルビア・モンテネグロの試合は既に始まっていて、照明の届かない薄暗い自由席の空きを探し終えると、お弁当を食べながらいよいよ観戦と相成りました。

いま何対何?とスコアボードを探すのですが、どこにもない・・・NBAのように天井に大きなモニターと一緒にあ・・・ない(涙)。世界のプレーそっちのけでスコアボードを探していると・・・ありました!

あんなちっちゃいのじゃ読めないよ~(泣)

下の写真で分かりますでしょうか。選手が技を競うコートのその後ろに0-0の文字が。あれがスコアボードなのです。大モニターにはスコアは一切写りません。さらにこの写真は最上階にある自由席から降りてきて、指定席のフロアまでやってきて撮ったもの。とてもじゃないが自由席からだとボードの位置は分かっても、私の視力では死力を尽くしても見れなかった次第。プレイが切れるたびに「ブラジル!ブラジル!」「セルビア(パンパン)、セルビア(パンパン)」と観客を煽るアナウンスが、最初ウザいと思いつつ、最後にはこれがないと展開が読めないくらい試合のモメンタムがつかめませんでした。

Yoy5860

まあ頻繁にセルビア・モンテネグロがタイムアウトをかけていたので、何となくブラジル優勢だなと思いましたが(子供はこの間のモップ掛けフキフキが受けてました)。しかしバレーボールを初めて生で見たんですけど、迫力はありました。彼らが立つとほんとにコートが小さく見えてしまいます。それでもスパイクのほとんどがスコアに絡むのですから、技ですね。来て良かったです。

子供と一緒のため最初から1試合だけだろうと思ってましたが、案の定次の試合のインターバルが始まるとぐずり出しました。もともと世界王者と世界4位の対戦が見たかったのですから、良しとします。

ブラジル男子、カンピオ~ンおめでとう!

Yoy5867

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月観戦記

ハイライトはUEFAチャンピオンズリーグ、セルティック・パークで行われたマンU戦、中村俊輔選手の決勝フリーキックです。試合のほとんどをユナイテッドに支配されながら、ドローのまま後半30分過ぎ、セルティックはBOX前でファウルを受け千載一遇のチャンスをモノにします。壁を越えゴール右上を狙ったフリーキックはGKの届かない絶妙の場所へ!またしても英国ならずヨーロッパをも驚かせたシュンスケのゴールでした。
中村選手とセルティックには決勝Tでもビッグチームを脅かす存在になって欲しいものです。

3(祝)
日本 vs イラン(AFC ユース選手権)
4(土)
日本 vs 韓国(FIVB 女子 世界選手権)
5(日)
日本 vs ポーランド(FIVB 女子 世界選手権)
6(月)
チェルシー@バルセロナ(UEFA CL)
インディアナポリス@ニューイングランド(NFL week9)
7(火)
日本 vs サウジアラビア(AFC ユース選手権準々決勝)
8(水)
メルボルンC(海外競馬 GⅠ)
日本 vs キューバ(FIVB 女子 世界選手権)
10(金)
韓国 vs 日本(AFC ユース選手権準決勝)
11(土)
BCフィリー&メア・ターフ(海外競馬 GⅠ)
BCターフ(海外競馬 GⅠ)
BCクラシック(海外競馬 GⅠ)
12(日)
大相撲九州場所(~26)
エリザベス女王杯(JRA GⅠ)
日本 vs イタリア(FIVB 女子 世界選手権)
13(月)
日本 vs 北朝鮮(AFC ユース選手権決勝)
15(水)
サウジアラビア@日本(AFC アジア杯予選)
16(木)
シカゴ@NYG(NFL week10)
ロシア vs ブラジル(FIVB 女子 世界選手権決勝)
18(土)
ボンパール杯(ISU フィギュア女子SP)
19(日)
東京国際女子マラソン
マイルCS(JRA GⅠ)
ボンパール杯(ISU フィギュア女子FP)
21(火)
日本 vs アルゼンチン(FIVB 男子 世界選手権)
22(水)
日本 vs ポーランド(FIVB 男子 世界選手権)
23(祝)
サンディエゴ@デンバー(NFL week11)
24(金)
マンチェスターUtd@セルティック(UEFA CL)
25(土)
ジャパンカップ・ダート(JRA GⅠ)
26(日)
ジャパンカップ(JRA GⅠ)
27(月)
シカゴ@ニューイングランド(NFL week12)
28(火)
日本 vs セルビアモンテネグロ(FIVB 男子 世界選手権)
29(水)
日本 vs ロシア(FIVB 男子 世界選手権)

#日付は放送日(日本時間)
☆ネット配信映像(from JRA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

To my shame, NOW 100 PLUS ENTRIES IN ENGLISH

Weeks ago, I celebrated two hundred entries overall here. Regrouping the category, I found my English entries had not counted one hundred yet, precisely 97. Then I might have mistaken it due to counting POG entries even more.

Now this entry is the 101st entry in English. I really am sorry that I disturb you. Please give me a chance to say everyone coming here.

I much thank for those who have loved my blog and have come in here accidentally from all over the world. I heard that my blog is come from overseas countries using languages of Chinease, Czech, Dutch, Finnish, French, German, Greek, Hebrew, Hungarian, Italian, Korean, Polish, Portuguese, Slovakian, Spanish, Turkish and of course English. I'm sure to appreciate it for people in Japan too.

I do my best today and write an English. Please favor it with your continued patronage.

<please click below!!>

banner_02

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »