« TAKE FAILS TO TAKE BACK PRIDE in HONG KONG | トップページ | KIM WINS GP FINAL AS ASADA SLIPS LANDING »

POG 06-07 part V

5回中山4日目6R

今週はサーキットレディが新馬勝ちしたコースに戻って、2度目の1勝馬クラスとの対戦がありました。スタート良く3角から先頭に取りつくのですが、直線に向いてサッパリ。2戦目に続き大敗という結果に終わりました。今回はこの馬の2勝目はあるか、考えたいと思います。

デビュー戦は逃げ切り勝ち、格上げ初戦の2戦目は経験不足を露呈し揉まれて惨敗。そして今度の3戦目はスピードに任せた結果脚が止まるという格好。勝ち馬は3角で同じ位置にいながら、愛馬を先に行かせての差し切り勝ち。我がGrand Slam 牝馬との競馬っぷりの差を見せつけられてしまいました。愛馬に初騎乗の蛯名Jkもレース前のイレ込みを指摘していたように、まだまだレースに集中しきれず持って生まれたスピードだけで競馬している様子なのでは。きっと競馬を覚えていっている過程なのだと思いますが、レースになって騎手が持っていかれるようでは成長もありえない。今後さらなる準備を期して戻ってきて欲しいです。

過去3戦の時計を見ると、2戦目はともかく今回は負けすぎ。単調にならず勝ち馬のように上手に振る舞えれば、暖かくなる頃にはもうひとつ勝利をプレゼントしてくれるかも・・・

希望的観測です(^^;

keiba@niftyのPOGに参加しています

レース結果:

12月10日 中山D1200M(500万下)
1着、ディオスクロイ 1分11秒9 松岡正海Jk
2着、ワンダフルドーラ(f) +0.1



11着、サーキットレディ +3.0 蛯名正義Jk

|

« TAKE FAILS TO TAKE BACK PRIDE in HONG KONG | トップページ | KIM WINS GP FINAL AS ASADA SLIPS LANDING »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106223/13042538

この記事へのトラックバック一覧です: POG 06-07 part V:

« TAKE FAILS TO TAKE BACK PRIDE in HONG KONG | トップページ | KIM WINS GP FINAL AS ASADA SLIPS LANDING »