« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

ROONEY'S DOUBLE GIVES THE UNITED LITTLE STEP TO ATHENS

EUROPEAN FOOTBALL

Giving the opponent two away-goals, the home team came from behind to reach closer the final at Athens when Wayne Rooney struck twice in the second half to help Manchester United beat Milan at Old Trafford in the first leg of UEFA Champions League Semifinals. The United had won in the law against the Italian club following Roma in the Quarterfinals at home.

The away team put on the skipper of Brazilian Kaka behind Alberto Gilardino of lone striker, who seemed little sense of existence, but the attack worked well as Kaka denied Cristiano Ronaldo's opener from the corner and found the second precious away-goal with wonderful speed to lead for good.

The leader on the Premiereship table kept domination during the game but couldn't enter Milan's catenatio.  As a result, Rooney's equalizer into the second half was so controvercial as he might have been called off-side by other referee if. It was real, however, that his second strike ending the game was enought to give a hope for Sir Alex Ferguson's side and another game-plan for Carlo Ancelotti's side each other.

The United now has a lot of injured players, lack of which may help Milan grab the ticket for the Final with away-goal at Manchester next leg. Just for exciting game, I expect.

match result:

UEFA Champions League 06-07
Semifinals, 1st leg (24 Apr)

Milan 2-3 Manchester Utd
(0-1)05'  RONALDO
(1-1)22'  KAKA
(2-1)37'  KAKA
(2-2)59'  ROONEY
(2-3)90'+ ROONEY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG 06-07 part XIII

2回東京1日目6R

長きに渡った改修工事(8年!)が完了し、グランド・オープンとなった東京競馬場。個人的には開催のないときにも足を運んで改修の過程を目の当たりにしてきたので、あまり実感はないのですが、とても綺麗になりました。取り壊されてから不便に感じていた正門からスタンドへと伸びる回廊(下写真奥)が復活したのが一番嬉しい(これで雨の日もぬれずに中に入れる!)

Tky6030

今週は愛馬2頭がスタンバイ。そのうちの1頭、ダノンマッハが休み明け初戦を勝利で飾ってくれました!私も応援に駆けつけたのですが、パドックでも悠々とした動き。評判馬がいたこともあって対抗という評価でしたが、何の不安もなくゲートが開くのを待ちました。スタート後ちょっと口を割って行きたがるそぶり。今日がテン乗りの松田大作Jkは抑えることなく向こう正面半ばでハナにたちます。直線に入っても脚色は衰えず、残り百で勝利を確信、最後は3馬身半つけた快勝でした。ジョッキーのコメントにもありましたが、初のブリンカー効果が良い形となって表れたようです。

本馬の父、マンハッタンカフェは凱旋門賞に挑戦した内国産長距離砲でしたが、今年の産駒が初年度。母のルシエルはNijinsky系。サンデーサイレンス×Nijinsky系は相性も良く、スペシャルウィークやピースオブワールドなどを輩出している血統構成ですが、SS系との相性としては、01-02シーズンのキタサンヒボタン(父フジキセキ)がダービーまでの1400M以上の重賞を制しています。このあたりに可能性を感じてセレクトしてみました。

皐月賞では2頭が出走して存在感を示したマンハッタンカフェ産駒。この追い風に乗って、できれば期間内にあと1戦、願わくばダービートライアルに出走してくれれば・・・わがままなまでの希望的観測です(^^;

keiba@niftyのPOGに参加しています。

レース結果:

4月21日 東京芝1600M(未勝利)
1着、ダノンマッハ 1分34秒9 松田大作Jk
 父、マンハッタンカフェ by サンデーサイレンス
 母、ルシエル by Sky Classic
 美浦 戸田博文 厩舎

Dm6034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#711

「ホテル・ルワンダ」HOTEL RWANDA

監督:テリー・ジョージ

本作でアカデミー主演男優賞にノミネートされたドン・チードルといえば、バイプレイヤーという印象が強い。フィルモグラフィーを見て、結構観た映画が多いけれども、ハテこの時はどんな役だったけなと思い出せない次第。助演なんてそんなもの。キネ旬読者の支持を受けた作品を手に取ってみた。

フス族とツチ族の争いが絶えないルワンダで1994年に起きた混乱と悲劇の中、ひとりの男の勇気ある行動を描く、というのが本作のあらすじ。実話ものに特に要求されるリアリティと、娯楽としてのストーリーテリングとの按配というのは、すべての作り手が抱えるテーマでこれが難しい。この事実を風化させることなく世に問いたい、と熱くなる作り手に対し、私たち観る側が必ずしも彼らと同じ思いで画面を見ているとは限らない。そこにはルワンダと世界との関係に似て皮肉だが、自分が楽しめればいいという感情が存在することも確か。私としては新聞も読まず大学生を楽しんでいた頃故、この事件を知らなかったのだが、ただただ画面に引き付けられた2時間だった。ただし過去にスピルバーグのオスカー作品など、似たような事柄を知っている以上、映画(=娯楽)としてはあまり新味がない。

リアリティよりも人物描写に力点を置いたお話に破綻はないし、人物関係も何とか理解できた。だけども物足りない思いを拭い去れない。ドン・チードルの作品と言ってしまえばそれまでだが、彼の庇護の下にいる者の感情、彼を助けることのできぬ者の感情が足りないような気がして、彼だけが突っ走っているようにも見える。要は薄っぺらいということなのだろう。ご不満に思う方もいるかもしれませんが、なにぶん「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、のスタンスで書いているもので・・・

DVD鑑賞
☆☆☆――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VICTORY ADMIRED FIRST CROWN WIN WITH KATSUHARU

HORSE RACING

But little of people did them when Victory aboard Katsuharu Tanaka made a long-shot escape to win Satsuki-sho, the first race of JRA's Japanese triple crown races, at Nakayama Racecourse Sunday. Winning jockey Tanaka was the first big race victory since Yasuda-kinen in 1992 while winning trainer Hidetaka Otonashi deserved the second G1 title this season. Sun Zeppelin finished the second by nose, overtaking the winner before receiving the fight-back. Unbeaten horse, Fusaichi Ho O rushed the two horses from the rear side but didn't reach by nose with the third, which was same place as his farther Jungle Pocket six years ago.

Race favorite, Admire Aura and Yutaka Take onboard advanced on the way watching the second pick of the Fusaichi and Ando but had the result behind the rival. The owner Riichi Kondo had to accept a disgrace given by the other side owner Fusaro Sekiguchi followed last year. Kondo, however, might have happy half in his mind because he stood in the winning photo session after the victory ceremony along with Victory's owner Eiko Kondo, his wife.

Watching Victory's escape win, I remembered Sunny Brian 10 years ago when the Brians Time's colt, same as Victory, surpassed the rushing horses including the favorite by slight defference. And he escaped again to win the next race, Japanese Derby, in little evaluation. Victory and Tanaka's road to the Derby is same as the predecessors, I don't know.

race result:

67th Satsuki-sho (15 Apr)
G1, 2000M, turf, at NAKAYAMA Racecourse

1.Victory #17 Katsuharu Tanaka, Hidetaka Otonashi, 1:59:9
2.Sun Zeppelin #9 Masami Matsuoka, Makoto Saito, by nose
3.Fusaichi Ho O #1 Katsumi Ando, Kunihide Matsuda, by nose
4.Admire Aura #15 Yutaka Take, Hiroyoshi Matsuda, +0.2
*Horeses Above Automatically Deserved the Entry of Nippon Derby on 27 May

| | コメント (0) | トラックバック (0)

REDS MARCH IN STYLE PAST JUBILO

J-LEAGUE

Brazilian chance-maker Robson Ponte carried the ball to exchange with Yuichiro Nagai into the area to beat Japanese International goalkeeper Yoshikatsu Kawaguchi of Jubilo Iwata when Urawa Reds deserved crusial win on the 5th Day of J-League.

At first it was Iwata to get the initiative of the game with effective short-passes laced. The opening goal by Robert Cullen was made in Jubilo's domination. For Reds, until they lost the score, they had no chance to panic Kawaguchi and Jubilo's defence, in which Hideto Suzuki marked Urawa's lone-striker Washington to frustrate enough. But the Brazilian striker found just a moment to move freely to even the game. This season, I also understood that Washington in the box is dangerous every moment.

Into the second, the Adilson Dias Batista's side had the oppotunity to score a winning goal when shots by Yusuke Inuzuka and Yoshiaki Ota, who was the most threat for Urawa during the game, hit the post. In a while, the Holger Osieck's side forcibly challenge the defences with little possession at midfield when Ponte's success was finally born. That was their experience, or the King's style?

J-League 07 had just started. Both teams will make the league exciting and entertaining, my expecting.

match result:

Iwata 1-2 Urawa (7 Apr)
(1-0)33' CULLEN
(1-1)39' WASHINGTON
(1-2)79' PONTE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vリーグ女子・ファイナルラウンドを観戦@有明コロシアム

春高バレーを経由して、少しずつですがバレーボールの見方・楽しみ方が分かってきたかな~という今日このごろ、Vリーグも佳境を向かえ、遂にプレイオフ=ファイナルラウンドへ突入。まだ一度も対戦を観ていない女子のJTマーベラス武富士バンブーの試合を目当てに、土曜日に有明コロシアムへ出かけました。

407v6024

有明コロシアムは初めて入りましたが、外観を狙うのにいいシャッターポイントが見つからない(泣) 中へ入ってみると、東京体育館の時よりもコートと客席との距離が短くて迫力がある。第1試合(目当ての試合は第2試合)がまだ終わってなかったので、席を探して子供とおやつを食べていると、一際映える長身選手が。オペラグラスで見てみると、栗原恵選手(パイオニア)だった(嬉)

407v6025

第1試合が終わると、団体応援団が一斉に出口へ。そのあとすぐ第2試合の応援団が陣取り始めた。相変わらずバンブーのチア(白)はすごい。マーヴェラス側にもチア(緑)はいるのだが、比ではなかった。我が子も相変わらずバンブーの応援にハマッていた。

407v6026

試合はバンブーが先取するものの、マーヴェラスのモレーノ・ケニー選手を中心とした攻めで逆転勝ち。結構ラリーも多く、日本代表の竹下佳江選手が上手くブロックの薄いところへ廻している様に感嘆した。菅山かおる選手も健在。

407v6027

有明コロシアムってコンクリート張りのせいか、暗くなってくる時間になると何だか中の気温も下がっていくようで肌寒い。子供もいるから残念ながら第3セット終了で帰宅。ちょっと難もあるけど、バレーボールを観戦する環境としては最高ですね。楽しい時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

THUNDEROUS ATTACKS GIVE ROMA 1st-LEG WIN OVER 10-MAN UNITED

EUROPEAN FOOTBALL

Roma is real. Substitute Mirko Vucinic quickly reacted Mancini's shot that United's keeper Edwin van der Sar blocked when Roma beat Premiership leader Manchester United in the 1st leg of UEFA Champions League Quarterfinals last Tuesday. Roman crowd at Stadio Olimpico might be frustrated by the agglutinative situation in the first half that did not changed after the England side's skipper Paul Scholes was sent off by second yellow with 34 minutes to play. But thounderous attack was made when Brazilian midfielder Rodrigo Taddei carried Mancini's cross from the left into the net for Roma at ending the half.

Roma's key was midfielders' dynamo including forword Francesco Totti as a ball rolled well among them into the second. In a while, United's key was Cristiano Ronaldo's breakthrough as the Portuguese drove more freaqently appearing in both sides. And, precious away-goal by Wayne Rooney was produced by Ronaldo. Roma's coach Luciano Spalletti decided next option for attack, not for draw when Montenegro striker Vucinic immediately replaced one of midfielders, Christian Wilhelmsson. And some minutes later, a winning goal that gave Roma more confidence.

I watched Roma's game putting on for years and most enjoyed the match. I pray for the good fight at Old Trafford next week, although being deprived the chance to see it. 

match result:

UEFA Champions League 06-07
Quarterfinals (4 Apr)

Manchester Utd 1-2 Roma
(0-1)44' TADDEI
(1-1)60' ROONEY
(1-2)66' VUCINIC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#710

「グッドナイト&グッドラック」GOOD NIGHT, AND GOOD LUCK.

監督:ジョージ・クルーニー

作品賞ノミネート(第78回 アカデミー賞)
外国映画ベストテン 第8位(キネ旬 2006年)

米3大ネットワークのひとつNBCのTVドラマ「ER」からハリウッドを代表する俳優に育ったのが、本作の監督を務めるジョージ・クルーニー。そんな彼がTV界の伝説的な人物を題材にしたというのが面白い。聞くところによると彼の父君はニュースキャスターだったそうな。そんなこんなで、その年のオスカー候補作を鑑賞開始。

1950年代マッカーシズム吹き荒れる米国内で、CBSのニュースキャスターとスタッフたちがそれに対抗する姿を描く、というのが本作のあらすじ。おそらく本国では有名な逸話で、ほとんどの国民がこの事実を知っているのだろう、おそろしく端的に、成り行きだけを粛々と描くことに徹している。私のようなその時代の空気を知らない日本人としては、あまりにも物足りなすぎる。なぜ彼らがこの題材を取り上げたのか、周りのプレッシャーに対し彼らはどんな感情でいたのかさっぱり分からない。向こうの方々(特にハリウッド)が過剰な反応を示す赤狩りネタはこれまでも数多く作られているが、私にとっては他の題材ほど残るものがない。本作もそのひとつとなったようだ。

100分未満という鑑賞時間だけが救いか。いや、もっと彼らのことについて知りたかったというのが本音かな。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆―――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ADMIRE MOON WINS FIRST BIG RACE AT DUBAI

INTERNATIONAL HORSE RACING

Japanese horse Admire Moon finally became a G1 winner in the world when the 4-year-colt won Dubai Duty Free at Nad Al Sheba last Saturday, Dubai World Cup Day. Irish Linngari finished the second ahead of Daiwa Major of Japan, the third place.

In United Arab Emirates, you can not bet what is winner, so nobody knows who is the favorite but about the race, Japanese fans must have expected more for Daiwa Major than Admire Moon, who had been defeated by the 6-yer-colt in Japan's Emperor Cup last October. Afterward, Trainer Hiroyoshi Matsuda made decision to fly to a Hong Kong's International race, not big races in mother soil. This was effective enough to finish the second in Hong Kong Cup past last year's winner Vengeance Of Rain, who won Dubai Sheema Classic, 2400M, just before Dubai Duty Free.

Now after farewell to Deep Impact, Japanese had had new star horse. As well as horses testing Dubai on this day, I expect more Japnese horses surprise the world this year.

race result:

Dubai Duty Free (31 Mar)
G1, 1777M, turf, at NAD AL SHEBA Racecource

1.Admire Moon #10 Yutaka Take, Hiroyoshi Matsuda, 1:47:94
2.Linngari #16 Kevin Shea, Herman Brown, by 1/2
3.Daiwa Major #13 Katsumi Ando, Hiroyuki Uehara, by 4 3/4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月観戦記

ハイライトは奇手の応酬の果て、決着した大相撲春場所千秋楽を挙げます。本割りの結びでまず横綱が変化、そして優勝決定戦で白鵬が。セコイ朝青龍に、度胸のある大関、というのが私の見解です。今度は文句なしに勝って頂点に行ってほしい!
最後に、フジの春高バレー中継、一試合もフルカバーがなかったのは悲しい・・・

9(金)
セルティック@ACミラン(UEFA CL R16 2leg)
11(日)
大相撲春場所(~25)
12(月)
世界ジュニア選手権(ISU フィギュア女子)
14(水)
Rマドリー@バルセロナ(リーガエスパニョーラ 第26節)
17(土)
フラワーC(JRA GⅢ)
18(日)
デトロイト@フェニックス(NBA)
オーストラリアGP(F1 第1戦)
久光製薬 vs JT(Vリーグ女子@三重)
19(月)
全国高等学校バレーボール選抜優勝大会・男女(~25)
20(火)
スウェーデン vs 日本(WCF 世界女子カーリング選手権)
22(木)
ペア・フリー(ISU 世界フィギュア選手権)
アイスダンス・オリジナル(ISU 世界フィギュア選手権)
男子フリー(ISU 世界フィギュア選手権)
日本 vs USA(WCF 世界女子カーリング選手権)
23(金)
アイスダンス・フリー(ISU 世界フィギュア選手権)
日本 vs カナダ(WCF 世界女子カーリング選手権)
女子ショートプログラム(ISU 世界フィギュア選手権)
24(土)
女子フリー(ISU 世界フィギュア選手権)
25(日)
カナダ vs デンマーク(WCF 世界女子カーリング選手権決勝)
30(金)
西武@日本ハム(NPB)

#日付は放送日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »