« ALONSO WINS EUROPEAN GP PAST MASSA ON ROAD | トップページ | 7月観戦記 »

道草(ネタバレありません)#715

「太陽」Сoлнце

監督:アレクサンドル・ソクーロフ

外国映画ベストテン 第6位(キネ旬 2006年)

私は昭和生まれ。ゆえにこの映画の主人公の生前の姿を良く知っているつもりだ。教科書の中の事実、戦後の象徴としての立ち居振る舞い。この題材をロシア人が扱ったことに、そして新宿TSUTAYAでは、日本映画コーナーに置かれていることに、驚きを覚えつつ鑑賞開始。

終戦迫る1945年8月、昭和天皇とその周辺の人物を描く。正直この映画が終わった時には、なぜこのタイミングで終わらせるのか理解不能だったが、昭和天皇が行うある宣言をモチーフに話を進めていると考えると、この映画は成功の部類に入るのではないか。そしてイッセー尾形がこれに大きく貢献していることは間違いない。さらにただの物真似に終始させているだけではなく、美しいロングショットを織り交ぜることで、史実にありがちな生々しさを遠ざけて、寓話めいた雰囲気を作り出していて良かった。

まったくロシア人は出てこないし、ロシア的(=非日本的)な感情が発露してくるわけでもない。ソクーロフ監督の作品は初めて観たが、ロシア映画の伝統なのか、これほど客観的にモノを見れるものかと感嘆しきり。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

iconicon

|

« ALONSO WINS EUROPEAN GP PAST MASSA ON ROAD | トップページ | 7月観戦記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106223/15954183

この記事へのトラックバック一覧です: 道草(ネタバレありません)#715:

« ALONSO WINS EUROPEAN GP PAST MASSA ON ROAD | トップページ | 7月観戦記 »