« 映画館へ行ってきました! | トップページ | 8月観戦記 »

道草(ネタバレありません)#719

「ディパーテッド」THE DEPARTED

監督:マーティン・スコセッシ

作品賞 Best Film(第79回アカデミー賞)
監督賞 Directing(第79回アカデミー賞)
脚色賞 Adapted Screenplay(第79回アカデミー賞)他

リメイクに賞をあげてはいかんだろう。今年のアカデミー賞で一番に思ったのはコレ。アカデミーは時に罪作りだ。スコセッシの代表作で一番に思い浮かぶのはたぶんこの作品ではないだろう。なのに歴史的には彼の名前を挙げる時、この作品が冠としてくっついてくる確率が高い。香港のオリジナルは私にとって☆4級なだけに、オスカーさえ取らなければ無視を決め込む予定だったのだが・・・鑑賞開始。

現代のボストン。アイリッシュ・マフィアと州警察の間で、素性を隠して二重生活を送る男の話。観終わって思ったのだが、やはりオリジナルの仏教的な部分が何かに置き換えられることなく話が作られていた。こうなるとカウンセリングの部分がただのロマンスにしかならないのも止むを得ない。百歩譲って良質のサスペンスか否かと問うてみてもどうだか。他の映画なら衛星で犯人を追い詰めるほどの警察力なのに、この体たらく・・・アメリカという舞台だとそのショボさに抵抗が生じる。

それでもエンディングを変えているのは、作り手として多少の意地を感じるし、文化の違いを越えてよくここまでやったなという感慨もある。日本でもこれを見習って是非日本版リメイクをプロデュースする輩はいないものか・・・

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろうをテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆――

|

« 映画館へ行ってきました! | トップページ | 8月観戦記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106223/16208395

この記事へのトラックバック一覧です: 道草(ネタバレありません)#719:

« 映画館へ行ってきました! | トップページ | 8月観戦記 »