« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

東京モーターショー2007に行ってきました

Tms6203

ヒーローものに熱が入り、以前ほど頻繁に車のおもちゃに手がいかなくなっている我が子ですが、話をすると行きたがったので、天気の悪いなか、初日の東京モーターショーへ今回も行ってきました。

前回はどこに何があるか分からず同じところを往ったり来たりしてグッタリしたものでしたが、今回はその教訓を活かし、最初のインフォメーションできちんと目当ての場所を決めてレッツゴー!

Tms6209

いろんなブースへ行っては運転席に乗り込む親子。足元の悪いなかたくさんの人がいましたが、前回ほどではないように感じました。歩けないほどでもなかったし(日産を除けば)。私としては恒例のF1マシンに堪能。

Tms6208

しかしふと外を見やると激しい雨風が。グランツーリスモを体験して、トミカを買って、横殴りに雨を受けながら駅まで戻って、ずぶ濡れになりながらも電車で熟睡の息子とともに家路に着きました(東京駅で京葉線の運休を聞いた時には肝を冷やしましたが)。

楽しい一日でした。

Tms6202

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASAKUSA KINGS WINS KIKKA-SHO TO BE BETTER

HORSE RACING

The last of JRA's triple-crown races this year is not with Derby winner, who is filly to advence to Shuka-sho at Kyoto two weeks earlier, finishing third. The second placed horse in the Derby, who had finished by four lengths and the long-shot, wins Kikka-sho. Asakusa Kings, the 4th favorite today, showed the best colt but nobody would consent it.

The son of White Muzzle could not perform satisfying action in June's Takarazuka-kinen, the 15th, but have been given the fate to defeat Vodka as a G1 horse. The chance waits him twice even this fall. It is a hard and winding road but he is expected to challenge it. Off course I'll give him yell.

race result:

68th Kikka-sho (21 Oct)
G1, 3000M, turf, at KYOTO Racecourse

1.Asakusa Kings #10 Ryuji Okubo, Hirofumi Shii, 3:05:1
2.Al Nasrain #12 Shigeki Matsumoto, Ryuji Wada, +head
3.Roc de Cambes #4 Noriyuki Hori, Yuichi Shibayama, +0.2
4.Eishin Dardman #5 Ryuji Okubo, Koichi Tsunoda, +0.4
5.Dream Journey #16 Yasutoshi Ikee, Yutaka Take, +0.5

Kyoto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RAIKKONEN CLAIMS 2007 CHAMPION WITH WINNING BRAZILIAN GP

FORMULA ONE

Kimi Raikkonen of Ferrari stole the head from the pole sitter fellow Felipe Massa after his second pit. Massa kept the position to finish the second at home soil and Two of McLarens, Fernando Alonso ended the third and rookie Lewis Hamilton, the seventh. That meant the Championship went to Raikkonen by only one point FIA's formula one 2007 season.

Facts on the first lap are all. The second grid Hamilton was past Raikkonen and Alonso before turning the first corner and mistaking out of the course. It is the biggest and the most like-rookie mistake, which felt the Englishman dowe the hopeless position. Ferrari had showed the speed ending the season, so it seemed sure that the Italian cars could have lost the place even if making their mistakes.

I wonder where McLaren's two drivers go, but I'm looking forward to next season.

race result:

FIA, Formula one 2007, 17th round
Brazilian Grand Prix (21 Oct)

1.Kimi Raikkonen, Finland, Ferrari, 1:28:15.270
2.Felipe Massa, Brazil, Ferrari, +1.4
3.Fernando Alonso, Spain, McLaren-Mercedes, +57

2007 Drivers Championship Standing (FINAL)
1.Kimi Raikkonen 110pts
2.Lewis Hamilton 109pts
3.Fernando Alonso 109pts

Interlagos

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG 07-08 part III

4回京都7日目1R

今週も愛馬がエントリー、未勝利を脱出しました。芝で頭打ち、ダートに転向した途端に結果を出したシュウボンバーが砂2戦目で、前で流れに乗り、後ろから来た馬を何とか振り切ってトップゴールを果たしてくれました!

栗毛の父は最強世代のダービー馬、スペシャルウィーク。前述の通り、SS系の成功種牡馬。母はノーザンテーストの肌馬で、ダービーを2着したインティライミをイメージしてたんですが、だいぶ違うようです(^^;

私としては、デビュー2戦目の芝マイルしんがり負けがひどく堪えてしまったので、今回勝ってくれただけで十分貢献してくれたと思っています。もうこの馬に(現時点で)これ以上求めてはいけない、残りのシーズンは、適距離で上手に着を拾って欲しいものです。

keiba@niftyのPOGに参加しています。

レース結果:

10月21日京都D1400M(未勝利)
1着、シュウボンバー 1分27秒8 幸英明Jk
 父、スペシャルウィーク by サンデーサイレンス
 母、エターナルシャイン by ノーザンテースト
 栗東 坂口正則 厩舎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MARKING 300th ENTRY

2 Years, 5 months and 12 days. My blog, LACK OF WORDS, have advenced to the 300th entry. I would like to thank you all visiting here, although always feeling it. You put that on your favorite?(thanks a lot!), or you reach here wandering from the Search Engines?(Hello!) You let me continue it until today.

This year, there are less entries in the blog, you might know. It is not the reasons that I have gotten tired of writing English, and that I've gotten sulky in defeated my horses(^^; That is why I have changed my job to involve in the business sometimes related to English. I could have witten new entries even weekday afternoon before. But I am going to manage to adjust the new life style in all respect.

Please continue the favor, although the blog's style might change. In 300 entries, English/Japanese is 133/167.
*The entry on 21 October was translated.

[other milestones]
the 100th entry here
the first entry here

<PLEASE CLICK BELOW!>

banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

300エントリー突破!

2年5ヶ月と12日。おかげさまで三百のエントリーを数えるに至った当ブログ。重ね重ね、ご来訪いただいた皆様に感謝。恐れ多くもブックマークしていただいている方。はじめまして、何だか分からないけど検索サイトでフラフラやってきた方。今日まで続けて来れたのも皆様のおかげです。

お気づきの方がいるかもしれませんが、今年に入ってから極端にエントリーのペースが落ちてきております。英語に飽きてきた訳でも、愛馬の不振に不貞腐れている訳でもありません(^^;プライベートな話で恐縮ですが、三十路の転職を決意しまして、少なからず英語に関わる業務を日々こなしております。以前は暇な時には平日の昼間でも書き込めた日常が一変したため、何とか手探りでペースを掴みはじめているところです。

少しずつスタイルが変わっていくかもしれませんが、今後ともどうぞよろしく。300回時点で英文/日本文は133/167。

【資料】
100エントリー突破はコチラ
初エントリーはコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG 07-08 part II

4回京都4日目デイリー杯2歳S

2年ぶりの愛馬の重賞チャレンジ、そして3季ぶりの愛馬の重賞制覇という嬉しい結果が待っていました。騎乗停止中の主戦に代わって、ピンチヒッター川田Jkが早めに動いたキャプテントゥーレを叱咤し続け、後続を1+3/4馬身離してのトップゴールでした!

アグネスタキオン産駒の芦毛、前走の野路菊Sは本命も、後方を外からまわって届かない結果(3着)だったのですが、今回は前から。上がりの時計はメンバーの中では大して目立つものではないものの、先行してのギアチェンジの上手さは特筆していいのではないかと思います。次走は朝日杯となるのでしょうが、時計に勝ったタイプが揃うとちょっと苦戦しそうな気が・・・とはいえ、暮れの二千米は上がり勝負になるときついし・・・どちらも難しそう(^^;でもこういうことを考えていられるのはとてもシアワセ☆彡

いずれにせよ、重賞を勝って来春の大一番への出走権を取れたことは、狙った番組を心配なく使えることを意味するわけで、是非とも万全の体勢で臨んで欲しい。これで今季は大きなレースを観戦する機会が増えそうです。

keiba@niftyのPOGに参加しています。

レース結果:

10月13日京都芝1600M(GⅡ)
1着、キャプテントゥーレ 1分35秒6 川田将雅Jk
2着、タケミカヅチ +0.3
3着、ウイントリガー +0.3
4着、ジョニーバローズ +0.4
5着、シャランジュ +0.4

| | コメント (1) | トラックバック (0)

HAMILTON STOPS AS RAIKKONEN WINS TO STAY ALIVE AT SHANGHAI

FORMULA ONE

Point leader of this season, 107 pts, Lewis Hamilton, McLaren Mercedes, was past trailing Kimi Raikonnen of Ferrari at half of the race before he stopped the machine due to the accident few laps later in the Chinese Grand Prix of FIA Formula One World Championship 2007. After the race it was Raikkonen who atood on the top of the podium with ten point, 100 pts total. Hamilton's fellow and the nearest enemey, Fernando Alonso finished the second close by four points, 103.

This season, every races have bored me more because no battles involving with winning the race were seen on the circuit. But the miracle makes me stay in front of the TV that three drivers have the possibility of the World Champion remaining only one race first since decades. After the rainy Asian series, I'm looking forward to the scene with full of their technics and performances in Brazil.

race result:

FIA, formula one 2007, 16th round
Chinese Grand Prix (7 Oct)

1.Kimi Raikkonen, Finland, Ferrari, 1:37:58:395
2.Fernando Alonso, Spain, McLaren-Mercedes, +9.8
3.Felipe Massa, Brazil, Ferrari, +12

Shanghai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月観戦記

ハイライトはJリーグ、浦和レッズの快進撃を挙げます。決して自分たちの展開ではないのに勝利を収めてしまうのは強さの証?代表に選出されている選手も多い中、明らかに経験値が他チームの選手よりも高まっている様子。ACL準々決勝などを観てると頼もしさすら感じられます。ともかく日本サッカーに新しい常勝軍団が生まれるか、CWC出場も決まっているJリーグ王者誕生が待ち遠しい!

3(月)
ブラジル@日本(FIFA女子 親善試合)
7(金)
ニューオーリンズ@インディアナポリス(NFL week1)
9(日)
日本@サウジアラビア(FIFA 北京五輪予選)
イタリアGP(F1 第13戦)
11(火)
シカゴ@サンディエゴ(NFL week1)
14(金)
中日@阪神(NPB)
15(土)
ルーマニア@ドイツ(FIFA 親善試合)
NYY@ボストン(MLB)
中日@阪神(NPB)
16(日)
NYY@ボストン(MLB)
中日@阪神(NPB)
ベルギーGP(F1 第14戦)
17(祝)
NYY@ボストン(MLB)
18(火)
ドイツ vs 日本(FIFA女子W杯)
19(水)
サンディエゴ@ニューイングランド(NFL week2)
20(木)
全北@浦和(AFC CL QF 1leg)
22(土)
浦和@横浜FM(Jリーグ 第26節)
24(休)
ソフトバンク@日本ハム(NPB)
ソフトバンク@日本ハム(NPB)
中日@巨人(NPB)
25(火)
中日@巨人(NPB)
26(水)
中日@巨人(NPB)
28(金)
浦和@全北(AFC CL QF 2leg)
30(日)
日本GP(F1 第15戦)
ドイツ vs ブラジル(FIFA女子W杯決勝)

#日付は放送日
*ライブ観戦

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »