« MARKING 300th ENTRY | トップページ | RAIKKONEN CLAIMS 2007 CHAMPION WITH WINNING BRAZILIAN GP »

POG 07-08 part III

4回京都7日目1R

今週も愛馬がエントリー、未勝利を脱出しました。芝で頭打ち、ダートに転向した途端に結果を出したシュウボンバーが砂2戦目で、前で流れに乗り、後ろから来た馬を何とか振り切ってトップゴールを果たしてくれました!

栗毛の父は最強世代のダービー馬、スペシャルウィーク。前述の通り、SS系の成功種牡馬。母はノーザンテーストの肌馬で、ダービーを2着したインティライミをイメージしてたんですが、だいぶ違うようです(^^;

私としては、デビュー2戦目の芝マイルしんがり負けがひどく堪えてしまったので、今回勝ってくれただけで十分貢献してくれたと思っています。もうこの馬に(現時点で)これ以上求めてはいけない、残りのシーズンは、適距離で上手に着を拾って欲しいものです。

keiba@niftyのPOGに参加しています。

レース結果:

10月21日京都D1400M(未勝利)
1着、シュウボンバー 1分27秒8 幸英明Jk
 父、スペシャルウィーク by サンデーサイレンス
 母、エターナルシャイン by ノーザンテースト
 栗東 坂口正則 厩舎

|

« MARKING 300th ENTRY | トップページ | RAIKKONEN CLAIMS 2007 CHAMPION WITH WINNING BRAZILIAN GP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106223/16858403

この記事へのトラックバック一覧です: POG 07-08 part III:

« MARKING 300th ENTRY | トップページ | RAIKKONEN CLAIMS 2007 CHAMPION WITH WINNING BRAZILIAN GP »