« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

KASHIMA CHALLENGES TO DOUBLE OVER KAWASAKI

EMPEROR'S CUP

Masashi Motoyama's right leg erased the momentum toward Kawasaki when 2007 J-League Champion Kashima Antlers edged out 2007 ACL contender Kawasaki Frontale to advance to the JFA Emperor's Cup Final for the 11th title on coming New Year's Day.

It was fun game. Kawasaki was making the offence from side-attacks to decisive strikers, Juninho and Tese Chong as Kashima making from midfielder Mitsuo Ogasawara's fielding. Entering the 2nd half, it surprising me when Antlers' goalkeeper Jun Sogahata's punt connected to Motoyama's volley shot which easily found the net behind the opposite keeper Eiji Kawashima.

Well-known Antlers as the game expert had come back maybe. Sure if the 11th crown goes to them in the Final.

match result:

JFA Emperor's Cup
Semi Finals at National Stadium, Tokyo (29 Dec)

Kawasaki 0-1 Kashima
72' MOTOYAMA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MATSURIDA GOGH LOVES NAKAYAMA MOST TO WIN ARIMA KINEN

RACING HORSE

His 7th win was collected at Nakayama, where he had five wins including two G2 races, when Matsurida Gogh made long shot in JRA Arima-kinen, the Grand Prix on Sunday. Meisho Samson, the race favorite lost sight in the rear.

Katsumi Ando on the filly Daiwa Scarlet made the effective lap for her and might have showed the most valuable performance although she allowed the son of Sunday Silence onboarding Masayoshi Ebina turning around the place. The daughter of Agnes Tachyon repelled her brother Daiwa Major, who was retiring with five big titles before keeping the second place as a female horse since 1994's Hishi Amazon.

Hope both Matsurida Gogh's new adventure and Daiwa Scarlet's big ambitious coming year.

race result:

52nd Arima-kinen (23 Dec)
G1, 2500M, turf, at NAKAYAMA Racecourse

1.Matsurida Gogh #3 Masayoshi Ebina, Sakae Kunieda, 2:33:6
2.Daiwa Scarlet #7 Katsumi Ando, Kunihide Matsuda, +0.2
3.Daiwa Major #4 Hiroyuki Uehara, Mirco Demuro, +0.6

Nakayama_2   

| | コメント (3) | トラックバック (0)

CECH'S MISTAKE COSTS HIGHLY AS ARSENAL EXTENDS THE GAP

EUROPEAN FOOTBALL

On the way in the season, NHK gives us England Premiership's games who make me happy. UEFA Champions League's Grope Stage winners, Arsenal and Chelsea met at Emirates Stadium as London Derby on the 17th Day of the League Sunday.

Ending the first half, Chelsea's goalkeeper Petr Cech unbelievablely couldn't touch the ball from Cesc Fabregas' corner when former Chelsea player William Gallas' header made a precious lead. Entering the second half, Defense of boast both sides shined more before the Gunners extend the points, 40, by five with the Blues.

Arsenal's coach Arsene Wenger showed me the renewal team from which striker Thierry Henry had left. It is marvellos! It attracted me that Wenger realized the strategy moving ball and players over the field toward the goal. Hope Arsenal and others entertain me more in the season and Europe.

match result:

England Premiership 07-08
17th Day (16 Dec)

Chelsea 0-1 Arsenal
45' GALLAS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LAMBIEL REMEMBERS THE GLORY TO EDGE OUT TAKAHASHI

FIGURE SKATING

The Silver Medalist of Men's figure skating in Torino Olympic Winter Games 2006 came back to the top podium since 2006 world championships when Stephane Lambiel came from the second place after the short program to win ISU Men's Grand Prix Final over Japanese Daisuke Takahashi by just 0.16 point at the Palavela, Torino on Saturday.

Takahashi brought a 0.4 point-lead by the Swiss but took mistakes avoiding slippings. Same as Lambiel, who slipped once in the first half of acting. A 0.16 between them showed that the Men's best player of the Figure Skating have not been confirmed. The World Championships next March at Gothenburg, Sweden may tell us one more hint to find the next gold medalist of next winter's Olympics 2010, Vancouver.

match result:

ISU Grand Prix of Figure Skating Final 07-08
Men at Torino, Italy (15 Dec)

1.Stephane Lambiel, SUI, 239.10
2.Daisuke Takahashi, JPN, 238.94
3.Evan Lysacek, USA, 229.78

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG 07-08 part V

5回中山4日目5R

キャプテントゥーレがGⅠを激走した中山競馬場で2頭の愛馬がエントリーをしていました。そのどちらも雄姿をこの目で見ることはできませんでしたが、新馬を使ったコスモミネルヴァが人気薄ながら1番人気を差しトップゴール、見事デビュー戦を飾ってくれました。

昨年度ローブデコルテ、アストンマーチャンと、Cozzene系から大物が出たので、是非1頭選びたいなと思っていたところに、スターオブコジーン産駒でこの本馬を見つけました。この父が出したダービーまでの1400M以上の重賞勝ち馬は2頭いてどちらもラフィアンの所有馬(マイネル)。我が愛馬も同じ岡田グループのビッグレットファーム生産馬。マイネル・コスモってなかなか自分のリストの中に入ってこないので、こういう縁は捨てがたくセレクトした次第。

今回乗ったJkも芝でもいけるとコメントしていたので今後の選択肢も広そうで頼もしい限り。今度は是非その走りを目にしたいと思います。

keiba@niftyのPOGに参加しています。

レース結果:

12月9日中山D1200M(新馬)

1着、コスモミネルヴァ 1分14秒1 吉田隼人Jk
 父、スターオブコジーン by Cozzene
 母、スノークイーン by Gone West
 美浦 池上昌弘 厩舎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POG 07-08 part IV

5回中山4日目朝日杯FS

前走重賞勝ちしたキャプテントゥーレが公約通り、直行でGⅠに駒を進めてきました。愛馬の朝日杯出走は随分とご無沙汰だったので、意を決して中山競馬場へ私も足を運んできました。

Ct6274

パドックの様子は初めて見るものの、足取りもよく、悪くないかなといった感じ。他の馬も同様に良い悪いの区別がつかぬまま、発走の時刻となりました。ちょっと出負けしたものの、向こう正面までに好位にとりつきます。4角に差し掛かるにつれて後方からどっと押し寄せてきますが、我が芦毛も勝負どころと見てJkの手が激しく動いています。直線後続を離していくキャプテントゥーレですが、逃げる馬を捕らえられない。結局内から一頭に差され悔しい3着でした。

それにしてもよく踏ん張ったと思います。流れ的には先行馬有利の展開だったので、川田Jkの判断にも助けられました。穴人気ではありましたが、GⅡ馬としての面目も保てたのではないでしょうか。

私個人としても、これまでの愛馬のGⅠ最先着を更新し、来春も期待大となって年を越せそうです。いや、その前に、有馬記念、クリスマスがまだあるか・・・

Ash6272

keiba@niftyのPOGに参加しています。

レース結果:

12月9日中山芝1600M(GⅠ)

1着、ゴスホークケン 1分33秒5 勝浦正樹Jk
2着、レッツゴーキリシマ +0.4
3着、キャプテントゥーレ +0.4 川田将雅Jk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#721

「嫌われ松子の一生」

監督:中島哲也

日本映画ベストテン 第6位(キネ旬2006年)

「下妻物語」でブッ飛んで以来、この作品を観るのを楽しみにしていました。なかなかタイミングが合わなかったものの、ようやく巡り合うことができ、もちろん期待一杯で鑑賞開始。

ある事件をきっかけに転がり落ちた若き中学教師の人生を描く、のが本作のあらすじ。観終わって思ったのは、話としては重くなってもおかしくはないストーリーなのだけれど、そこを面白く、時には笑ってしまうほどに転換しているのは、監督の演出力のなせるワザだな、と感心した。さすがは・・・と言いたいところなのだが、私としては前作ほど痛快!とは感じられなかった。どうも彼女のもつ重さ、執拗さというものを一元的に軽くしていいものかどうか、見ている間気になってしまったのだ。例えば、裏切られることの連続だった中谷美紀が一変して能動的に行動した狂気への過程、そのあたりに細やかさがあればなあ、と悔やまれてならない。

それにしても魅力的なキャラクターたちと、展開の速さは前作よりもパワーアップ。ダレずに観れた2時間余でした。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろうをテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月観戦記

ハイライトは競馬、アドマイヤムーンのジャパンカップ有終Vです。この勝利で天皇賞の敗戦は大きな不利によるもので、力負けではなかったことが証明されたと同時に、マイル・二千・クラシックディスタンスと異なる距離のGⅠを制したことにより、種馬としての価値が高まることでしょう。絶頂期に引退するのは少々残念な気もしますが、是非とも産駒が走ることで再び楽しみを与えてくれることを期待しています。個人的には年度代表馬になって欲しい。
最後に、浦和レッズ、アジア制覇おめでとう!

1(木)
日本ハム@中日(NPB 日本シリーズ)
3(祝)
川崎 vs 大阪(Jリーグ ナビスコ杯決勝)
4(日)
日本 vs セルビア(FIVB 女子 W杯)
7(水)
日本 vs イタリア(FIVB 女子 W杯)
8(木)
浦和@セパハン(AFC CL決勝 1leg)
9(金)
ダラス@ゴールデンステイト(NBA)
10(土)
ラリージャパン(FIA WRC)
日本 vs ポーランド(FIVB 女子 W杯)
11(日)
大相撲九州場所(~25)
浦和@川崎(Jリーグ 第31節)
14(水)
LAL@サンアントニオ(NBA)
日本 vs キューバ(FIVB 女子 W杯)
15(木)
セパハン@浦和(AFC CL決勝 2leg)
ブラックバーン@マンチェスターUtd(プレミアリーグ 第13節)
16(金)
日本 vs ブラジル(FIVB 女子 W杯)
18(日)
清水@浦和(Jリーグ 第32節)
マイルCS(JRA GⅠ)
ボンパール杯(FIU フィギュア女子FS)
19(月)
オーランド@ニュージャージー(NBA)
21(水)
サウジアラビア@日本(AFC 北京五輪予選)
22(木)
日本 vs アルゼンチン(FIVB 男子 W杯)
23(祝)
日本 vs ロシア(FIVB 男子 W杯)
24(土)
鹿島@浦和(Jリーグ 第34節)
ジャパンカップ・ダート(JRA GⅠ)
25(日)
ジャパンカップ(JRA GⅠ)
30(木)
バルセロナ@リヨン(UEFA CL)
日本 vs USA(FIVB 男子 W杯)

#日付は放送日
*ライブ観戦

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »