« NUGGETS SHOW ANOTHER FACE TO DEFEAT SPURS | トップページ | 07キネマ旬報ベストテン発表さる »

POG 07-08 part VI

1回中山1日目5R

初めて2歳重賞勝ち馬を持って越年した今季POGですが、最後の10頭目を決められぬまま正月競馬を迎えてしまいました。そんな不安定な気分を吹き飛ばすべく、愛馬4頭目の未勝利脱出馬が出ました。常に人気を背負いつつも惜敗を繰り返してきたサトノプログレスが逃げ切り勝ちを収めました。

父のタイキシャトルは、日仏のGⅠを勝利し、JRA顕彰馬に選出されたほどの名馬。母は様々な種馬と相性の良いNijinsky系、さらに昨年も1頭勝たせてくれた国枝厩舎となれば、選ばない手は無かった、といった次第。僅差で敗れたデビュー戦、2戦目の勝ち馬がそれぞれ大きなところを勝っているので、今後も期待したい1頭。

keiba@niftyのPOGに参加しています。

レース結果:

1月5日中山芝1600M(未勝利)

1着、サトノプログレス 1分35秒8 横山典弘Jk
 父、タイキシャトル by Devil’s Bag
 母、トウヨウロイヤル by Royal Academy
 美浦 国枝栄 厩舎

|

« NUGGETS SHOW ANOTHER FACE TO DEFEAT SPURS | トップページ | 07キネマ旬報ベストテン発表さる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106223/17753219

この記事へのトラックバック一覧です: POG 07-08 part VI:

« NUGGETS SHOW ANOTHER FACE TO DEFEAT SPURS | トップページ | 07キネマ旬報ベストテン発表さる »