道草>☆4+

道草(ネタバレありません)#631

「エターナル・サンシャイン」ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND

監督:ミシェル・ゴンドリー

オリジナル脚本賞 Original Screenplay(第77回アカデミー賞)

いつもお世話になってはいるのだがTSUTAYAさんに一言いいたい。遅すぎるぞ!!このDVD、リリースされてから1年以上も新作扱いで、7泊で借りられるようになるのにここまで待たされてしまった。商売だから勝手だろうという言い分はあるだろうが、あまりにも酷すぎる。この作品以外にまだこんな扱いを受けたモノがないようなので、今後このようなことがないことを祈る。全米の批評家から大絶賛を浴び、オスカーにも輝いた作品をよーーーやく鑑賞。

カノジョに未練タップリ、傷心のカレシが取った奇想天外な行動にまつわるラブストーリー。序盤はMTV出身の監督よろしく、ちょっと入り組んでいますが、こういうのが大好きな私には気にならない。彼の奇想天外とそこからのひと騒動に疑問の余地ありだったのだが、抵抗するのを止めた。とにかくこの映像の氾濫に身を置くことの心地よさを優先したかったから。まったく先が読めないし、映像の処理も気に入った。ジム・キャリーって「トゥルーマン・ショー」でもそうだったが、掌の上で弄ばれるのが様になりますね。ラストも良かった。すべての成否は奇想天外についていけるかどうかだと思う。

オスカーを受けた脚本のチャーリー・カウフマンは「マルコヴィッチの穴」や「アダプテーション」も生み出し、私も観ているが、この作品が一番良かったと思う。それはたぶん監督との共同作業でホンを書いたからかもしれないが、以前のものと比べて刺激的で独りよがりなところが薄らいだ。それは万人受け狙いともとれるが、イマジネーション豊かな場面の連続はきっと監督だけによるものではないだろう。本当にこの人の視点はいつも面白い。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろうをテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

| | コメント (2) | トラックバック (1)

道草(ネタバレありません)#630

「蝉しぐれ」

監督:黒土三男

作家藤沢周平の「最高傑作の映画化」ばかりが目に付き、彼の作品を一度も読んだことのない私にとっては、そんな文句もネコに小判、これまでジャケットを見ては何となく後回しにしていた。けれどもキネ旬読者の熱い支持があったのだからと奮起して、時代小説の映画化を目にする機会を作った。

父の汚名にもめげず懸命に生きる少年藩士が、寵愛の姫となって戻った幼なじみを決死の身で守る、というのがあらすじか。父母への尊敬の念、厚き友情、心に秘めた淡い思い、そして戦いの場に立つ主人公・・・別の監督が手がけた過去の藤沢作品と通底する面が多々あったが(当然か)、2時間余のストーリーを楽しむことができた。序盤の洗濯娘が奉公者なのか武家娘なのか、時代劇に疎い私には胸のつかえが下りるのに時間がかかった(玉に瑕?勉強不足?)。ラスト2人のダイアローグももはや分かりきっているだろうに、と思いつつも、ヒロインを呼ぶヒーローの変化にすべてがふっとんだ。彼の一言で救われました。こんな具合にヤキモキするのも、この映画のいいところなのでしょう。

緒形拳は「隠し剣」にも出てたけれども、私のイメージとしてはコチラのほうがしっくりくる。原田美枝子は「亡国のイージス」でも感じたが、友情出演ならまだしも使われ方が可哀想。瑣末なことですが、私の中で続いたのでちょっと気になった。最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#627

「ブロークバック・マウンテン」BROKEBACK MOUNTAIN

監督:アン・リー

金獅子賞 Leone d’oro(第63回ヴェネチア映画祭)
監督賞 Directing(第78回アカデミー賞)
脚色賞 Adapted Screenplay(第78回アカデミー賞)他
作品賞ノミネート(第78回アカデミー賞)
外国映画ベストテン 第4位(キネ旬 2006年)

古今東西の映画を観ていくと、誰しもその中から自分に大きな影響を与える映画監督がいることだろう。私にとってそのひとりがアン・リー。「恋人たちの食卓」でのけぞり、「いつか晴れた日に」で意識し始め、「グリーン・デスティニー」でもはや決定的になった(「ハルク」もやってたとは驚)。彼が創作している時代と同じ時間を過ごしている・・・それだけでなんだか嬉しくなり、誇らしくなる。そしてまた新しい作品に触れることができる!!オスカー・レースでも話題の中心にいたこの小品をようやく鑑賞することができた。

60年代のワイオミング。ブロークバック・マウンテンで出会った2人のカウボーイの心の揺れを描く。またしてもコスモポリタンな監督が挑戦した新しい世界ではあるが、このストーリーになぜ60'sという年号が必要だったのだろうか?アメリカ西部人の気質がそれだけ今は変わってしまったのか、それともウェスタンへの逆差別に配慮した設定だったのか。時間の流れは年号をセリフとして言わずとも、お互いの家族を見ればそれだけで事足りるはず。そんななか年月を経てもたいしてメーキャップを施さなかったのは、2人の気持ちが年老わない表れを写したかったのかもしれない。

それだけこの話には普遍性があって、アメリカ国外にいる私からすればディテールに古さも新しさもない、ただただカウボーイ2人の魅力的な人物像を大自然の中に投影してくれた2時間余は濃密だった。テーマ云々が先行している本作ではあるが、アプローチはステレオタイプの如きベッタリではない。西部とカウボーイの世界に生きる2人のドラマを堪能できた。

残念ながら監督の代表作とは私には、言えない。あまりにもこれまでのフィルモグラフィーの中に優れた作品が多すぎるのと、今後も「ブローク~」を超える作品がいくつか出ることと思うから。そういう意味で下の星を付けたのだが、彼の名前を伝えるいい機会にはなったと思う。是非彼の他の作品にも触れることをオススメします。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろうをテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#622

「ミリオンズ」MILLIONS

監督:ダニー・ボイル

以前仕事で英国へ行くことがあった。てっきり通貨はユーロだと思っていたら、まだポンドのままだったことを知らなかった。実際に行ってみれば何の不都合もなかったのだが・・・それからわずかと経っていないのに、この映画ではまもなくポンドもユーロに切り替わるらしい。へー知らなかった、でも遂に代わるんだー

私ははすでに、全米の批評家も絶賛した英国監督の魔術にかけられていたのだ・・・

ポンドからユーロへ移る間際のイギリス。片親となった男の子の下にある日お金が降ってきた。ポンドが紙くずになるまであとわずか。男の子のとった行動は・・・、というのが本作のあらすじ。観終って思ったのは、主役の少年はとても魅力的なんだけれども、あまりにもリアリティに欠けるなぁ、ということ。違うのだ!今思えば、自分は子供心を失ってしまったなぁと嘆くばかり。

お気づきの方もいるでしょう。現実のポンドは(現時点で)半永久的にポンドのまま。私はこの物語がファンタジーであることに気付かず、90分強を過ごしてしまったのだ・・・なるほど物語のダイアローグのほとんどは子供たちが担っているし、伝説の聖人まで出てきて話し出すし(聖人は少年の母への強い思いの表れだとばかり思っていたが、舞台の場面で聖人が少年の代わりにセリフを言う場面がこれを否定している)。大人たちも存在するのかしないのか分からない雰囲気があるし、ラストも少年のかなり個人的な欲求に家族全員が付き合っているし・・・

最初からメガネを掛け違えていたとは。今なら「僕の子供たちに堂々と観せられる映画を作りたいと思った」という監督のメッセージに素直に共感できる。私のような子供が多数派でないことを祈るのみである・・・

最後に、「わたしの貴重な時間」はともかく、皆さんの貴重な時間を気持ちよくさせてくれることを祈って、

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

| | コメント (0) | トラックバック (1)

道草(ネタバレありません)#621

「理由」

監督:大林宣彦

日本映画ベストテン 第6位(キネ旬 2004年)

大林宣彦といえば尾道。京都で浪人時代を過ごしていたころ、1日中劇場で観ていた「ふたり」に感動し、尾道まで鈍行で行ったこともある(尾道に行くならぜひ在来線で。新幹線の駅はずっと内陸にありますから)。東京で大学生活を送ってからも「東京物語」を観て再度行っているので、尾道は非常にお気に入りの街。新尾道3部作のひとつ「あした」以来彼の作品を観てないから、よけいに彼の名前と自分の十九二十歳の頃とがリンクし、ノスタルジックな思いを募らせてしまう。そんな懐かしい響きと宮部みゆき原作のギャップに魅力を感じ、手にとってみた。

舞台は東京・荒川の高層マンションで起きた一家惨殺事件の真相をその関係者たちの証言で綴る、のが本作のあらすじ。お話の組み立てが秀逸。160分の長さも気にならないほど。監督の言によれば、原作を全く忠実に再現したとあるから、映画だけの力によるものではないのかもしれない。それでも観ている人を画面に張り付かせる術は映画の力であると言える。セリフを喋っている人物の横で、セリフのない人がチョコチョコ何かをやっていたり、何かが現れたり。さりげないCGだったり、役者の所作だったり。ダイアローグの多い作品というのは、どうしても単調になりがちなのですが、質感の違う映像を並べてみたりなど、監督はいろんなところで映画として仕掛けてくれていたのが嬉しかったです。

久しぶりの大林組の面々に頬が緩みます。ナビ役ともいえる岸辺一徳は素晴らしい。芝居っ気があるようで無い、役へのアプローチが他を圧倒していました。彼の作品への貢献度は大。また、宮崎あおいを始め、少女が印象的なのも大林映画健在を思わせてくれます。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」きっと皆さんの貴重な時間も邪魔しないはずです!

DVD鑑賞
☆☆☆☆☆

iconicon

| | コメント (2) | トラックバック (1)

道草(ネタバレありません)#615

「シンデレラマン」CINDERELLA MAN

監督:ロン・ハワード

アメリカ人は本当にボクシングが大好きだ。「ロッキー」シリーズは言うに及ばず、オスカーに絡んだ作品だけでも「レイジング・ブル」「ハリケーン」「ミリオンダラー・ベイビー」など簡単に出てくる。野球やアメフトのように、一発逆転を好むお国柄ですね。だからサッカーは流行らない。ロン・ハワードとラッセル・クロウがまたもタッグを組み、公開当時米批評家から大絶賛、さらにキネ旬読者からも大絶賛を受けた作品を鑑賞開始。

1920~30年代、アメリカに実在したジム・ブラドックというヘビー級のボクサーの生きざまを描く。ロン・ハワードの映画をすべて観ているわけではないが、彼の作品には(真の)悪人がいない。「バックマン家の人々」「アポロ13」「ビューティフル・マインド」・・・だから彼の作品は観ててとても気持ちがいい。本作もこれまでのフィルモグラフィーに負けず劣らず、気持ちのいい終わり方で幕を閉じる。ボクシングもののパターンともいえるクライマックスの試合についても、インサートとして入る市井の人々とラジオの実況、なにより控えめな音楽などの使い方が上手くて、過剰に煽ってないのが良かったのでは。観終わって正直に、あぁ~いいオハナシだったな~、という感慨に浸れた。やや長尺ですが、とても楽しい時間を過ごしました。

オスカー候補にもなったポール・ジアマッティがいい。「サイドウェイ」の彼も良かったけど、いい役者さんですね。そしてロン・ハワード。彼の作品は全般に、ハズレがないことを今回再確認しました。最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

| | コメント (0) | トラックバック (1)

道草(ネタバレありません)#612

「運命じゃない人」

監督:内田けんじ

日本映画ベストテン 第5位(キネ旬 2005年)

以前当ブログでも書いたが、私はお話がよければ映画に満足できる人。つまりは脚本がしっかりしてないとダメ、とも言えるわけだが、今回の作品を観て、これこそその典型だと感じた。邦画によくあることだが、予備知識がないもので驚きは洋画の倍以上になる。

ある平凡なサラリーマンのマンションの一室から、5人の物語を紡ぐ、のがこの作品のあらすじ。これを時間軸、視点を変えて観客に提示していくのだが、小道具のタネを少しずつ明かしていくことで、観客の登場人物の評価まで変えてしまうのに成功している。久しぶりに観ていて唸りました。こういう構成の映画はあまりないし(最近の洋画で「メメント」がまあこれに近い)、監督の頭の中で考えていた通りにいったのではないかと思う。しかし玉には瑕があった。

登場人物があまりにも淡々とし過ぎているのである。サラリーマンのキャラはあれで良いとしても、例えば元カノのキャラを状況に応じて変化させたほうが、素晴らしいホンに+αが生まれたのではないか、と悔やまれる。さっき“頭の中で考えた通り”と書いたが、これにはそういう意味も込めたつもり。なんとなくリメイクされそう、と観終わって感じたのも正直な気持ち。

この国にまた素晴らしい映画作家が現れたことに感謝。内田監督、次回作も期待してます。最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

| | コメント (4) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#608

「東京ゴッドファーザーズ」

監督:今敏

高校時代、友達の中でアニメに詳しいやつがいた。『ドラえもん』か『東映まんが祭り』ぐらいしか知らなかった当時の自分にとって、彼が紹介してくれたアニメ作品には『~ビューティフル・ドリーマー』や『~カリオストロの城』などがあって、純粋に面白かった。こうしたこともあって、コミック雑誌すら触手の向かなかった私が、躊躇せず今日アニメが観られるのも彼のおかげかもしれない。数年前、キネ旬の読者ベストテン上位に選ばれた本作がTV欄に載っているのを見てエア・チェックした。

現代の日本、クリスマスの夜ふとしたことから捨て子を抱えることになったホームレス3人のお話。日本のアニメーションはバラエティに富んでいるなぁ。こうした機会を得るにつれ、「ANIME」がグローバルに受け入れられているのがよく分かる。観終わって思ったのは、実写でもいけるストーリーながら、アニメのいい所、ズルい所を上手く使って見せているところが素晴らしい。

アニメのいい所、ズルい所はご都合主義と裏表。本作にもスレスレの展開は多々あるものの、例えば救急車がコンビニに突っ込む力技を駆使して、納得させることができる作品は少ない。その辺りからこの作品が特別なものである感触を得た次第。ただひとつ言うとすれば、このタイトルはどうにかならないものか。ちょっとベタ過ぎるぞ!!

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

NHK BS2(2/19録画)
☆☆☆☆―

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)#604

「誰も知らない」

監督:是枝裕和

日本映画ベストテン 第1位(キネ旬 2004年)

画面に切り取られた東京の風景。遠景に代々木のドコモビル、空き地の向こうには高架型の首都高速に、公団風コンクリート建築物。羽田へ行くモノレールを除けば、私がいつもごくごく何気なく眺めている首都の表情だった。ずーーとレンタル中だったこの作品にようやく対面でき鑑賞開始。

母子家庭から更なる逆境に置かれる子供たちの表情を見つめる、というのがあらすじ。実話をもとにしたストーリーで、映画を観たあとで実話の方の顛末を読んだ。というのも、映画は気になって仕方ない終わり方をしているんです。こうなると『大人は判ってくれない』的エンディングは綺麗すぎて罪作りだ。しかしそれ以上にこの作品を高めているのはカメラと音楽。ハンディとフィックスを多用した撮影は、対象をでき得る限り客観的に見つめていて、最後の141分まで緊張感もって観ることができた。カンヌで絶賛された少年の表情も、カメラマンの切り取り方あってこそだといえる。ゴンチチによる音楽は登場人物と長尺なストーリーを救ってくれた。もちろんそれらに付き合った私をも。

あの子供たちを支配した言いようのない孤独感。観終えたあと、どうしてもあの子供たちの決着の行方を知りたかった。つまりはこの映画に“やられた”ということなのだろう。映画はこれでいい。

最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草(ネタバレありません)Vol.16

「オールド・ボーイ」올드보이

監督:パク・チャヌク

審査員特別賞 Grand Prix(カンヌ映画祭2004)
外国映画ベストテン 第6位(キネ旬 2004年)

世は韓流。どんな形にせよ日本人が韓国の文化に興味をもつということは、前世紀では考えられなかったこと。韓国文化と言えば、「風の丘を越えて」(イム・グォンテク監督)、チョー・ヨンピル、ならすぐ思い出せる。以前はドメスティックなイメージが強すぎて、どうもなじめなかった。そんな私が「シュリ」を観て、「JSA」に驚嘆し、もはや抵抗感なく「ブラザーフッド」を観ている(冬ソナは観てないけど)。もはやハングルが聞こえてこなければ韓国映画と分からぬほど。でも四天王とチェ・ジウぐらいしかまだ顔と名が一致しない。今回の主人公役が「シュリ」に出ていたと言われても全く思い出せない。カンヌが絶賛した本作をようやく手にとり鑑賞開始。

不可解な監禁を強いられる男がその謎に立ち向かう、というのがあらすじ。観終って思ったのはとにかく壮絶の二文字。登場人物と正面で向き合う勇気が求められる作品です。これまでも数ある優れたサスペンス映画に遭遇しましたが、それらに匹敵するほどの展開と、なにより作り手のパワーを強く感じました。原作である日本の漫画にどこまで忠実かは分かりませんが、オリジナルであるエンディングについては、私は好意的に受けとめています。

どうもアバウトな表現でしか伝えられない本作ですが、まだ未見のみなさんに是非触れていただきたい。ただ、好き嫌いがでるのは確かでしょう。最後に、「わたしの貴重な時間を邪魔しなかった」たぶん皆さんの貴重な時間も邪魔しないだろう、をテーマにすると・・・

DVD鑑賞
☆☆☆☆―

| | コメント (0) | トラックバック (0)