日記>節目 milestone

MARKING 300th ENTRY

2 Years, 5 months and 12 days. My blog, LACK OF WORDS, have advenced to the 300th entry. I would like to thank you all visiting here, although always feeling it. You put that on your favorite?(thanks a lot!), or you reach here wandering from the Search Engines?(Hello!) You let me continue it until today.

This year, there are less entries in the blog, you might know. It is not the reasons that I have gotten tired of writing English, and that I've gotten sulky in defeated my horses(^^; That is why I have changed my job to involve in the business sometimes related to English. I could have witten new entries even weekday afternoon before. But I am going to manage to adjust the new life style in all respect.

Please continue the favor, although the blog's style might change. In 300 entries, English/Japanese is 133/167.
*The entry on 21 October was translated.

[other milestones]
the 100th entry here
the first entry here

<PLEASE CLICK BELOW!>

banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

300エントリー突破!

2年5ヶ月と12日。おかげさまで三百のエントリーを数えるに至った当ブログ。重ね重ね、ご来訪いただいた皆様に感謝。恐れ多くもブックマークしていただいている方。はじめまして、何だか分からないけど検索サイトでフラフラやってきた方。今日まで続けて来れたのも皆様のおかげです。

お気づきの方がいるかもしれませんが、今年に入ってから極端にエントリーのペースが落ちてきております。英語に飽きてきた訳でも、愛馬の不振に不貞腐れている訳でもありません(^^;プライベートな話で恐縮ですが、三十路の転職を決意しまして、少なからず英語に関わる業務を日々こなしております。以前は暇な時には平日の昼間でも書き込めた日常が一変したため、何とか手探りでペースを掴みはじめているところです。

少しずつスタイルが変わっていくかもしれませんが、今後ともどうぞよろしく。300回時点で英文/日本文は133/167。

【資料】
100エントリー突破はコチラ
初エントリーはコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この1年で見たTVドラマから【2周年記念】

既エントリー「はずれない映画を見る方法」でも紹介しているTVドラマについて書きたいと思います。今季はあまり観る機会を作れませんでした。そんなこんなで以下の通り。

☆「24」第2シーズン
第5シーズンがエミー賞を獲得したことで、追いかけている途中です。早くもこのスタイルに飽きはじめているワタクシ。無事目標まで辿りつけるでしょうか。先は長いぞ・・・

☆「野ブタ。をプロデュース
原作本を読んだこともあってドラマ版も気になって観たものの、こちらの方が楽しめた。学園モノにしたのが成功の一因では。また原作からの大きな変更のひとつ「小谷さん」、堀北真希が上手にキャラを作っておりました。そして主人公だが、観てるとなんだかオイシい所をみんな新キャラ:彰に持ってかれてるようで、修二の印象があまりよく見えなかったのだが、いいのかこれで。ともかくオススメできる代物です。

☆「ちびまる子ちゃん」(TVアニメ放送開始15周年記念ドラマ)
たまたま再放送で一緒に観た我が子がハマってしまい、録画を何度観たか数知れず。しかし絶妙のキャスティング。まるちゃん役の森迫永依ちゃんが最高なのは言うまでもなく、さくら家の面々、クラスの友達など、よくぞここまで集めたものだと感心しきり。おかげでその後アニメも観始める始末(祝連ドラ化!)。

ちなみに今回は書棚に残すべき本は見当たりませんでした・・・

【資料】1周年記念その1その2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道草の地図(50回記念)

道草の数も多くなってきました。日本語で書いていることだから、かなの数まで来た今回、区切りとして一覧ページを作ることにしました。

大きく日本映画、外国映画に分けて、そこから50音順に並べてあります。カッコの中は監督名と道草No.です。ご活用ください。

日本映画
<あ>
いつか読書する日(緒方明、#701)
運命じゃない人(内田けんじ、#612)
ALWAYS 三丁目の夕日(山崎貴、#629)
<か>
カーテンコール(佐々部清、#626)
空中庭園(豊田利晃、#625)
<さ>
下妻物語(中島哲也、Vo.7)
スゥイングガールズ(矢口史靖、Vol.8)
蝉しぐれ(黒土三男、#630)
<た>
誰も知らない(是枝裕和、#604)
父と暮らせば(黒木和雄、Vol.6)
血と骨(崔洋一、Vol.17)
チルソクの夏(佐々部清、Vol.12)
東京ゴッドファーザーズ(今敏、#608)
<な>
<は>
パッチギ!(井筒和幸、#603)
亡国のイージス(阪本順治、#607)
<ま>
メゾン・ド・ヒミコ(犬童一心、#619)
<や>
雪に願うこと(根岸吉太郎、#702)
<ら>
理由(大林宣彦、#621)
リンダ リンダ リンダ(山下敦弘、#617)
六月の勝利の歌を忘れない(岩井俊二、#618)
<わ>

外国映画
<あ>
アビエイター(マーティン・スコセッシ、Vol.14)
ある子供(ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ、#628)
アンソニーのハッピー・モーテル(ウェス・アンダーソン、#611)
インファナル・アフェアⅢ 終極無間(アンドリュー・ラウ、アラン・マック、Vol.9)
ウィスキー(フアン・パブロ・レベージャ、パブロ・ストール、#606)
海を飛ぶ夢(アレハンドロ・アメナーバル、#602)
エターナル・サンシャイン(ミシェル・ゴンドリー、#631)
オールド・ボーイ(パク・チャヌク、Vol.16)
鬼が来た!(チアン・ウェン、Vol.13)
オペラ座の怪人(ジョエル・シュマッカー、#610)
<か>
キル・ビル Vol.2(クエンティン・タランティーノ、Vol.2)
キング・コング(ピーター・ジャクソン、#620)
クラッシュ(ポール・ハギス、#624)
皇帝ペンギン(リュック・ジャケ、#609)
<さ>
サイドウェイ(アレクサンダー・ペイン、#601)
シンデレラマン(ロン・ハワード、#615)
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(ジョージ・ルーカス、#605)
<た>
大統領の理髪師(イム・チャンサン、#614)
父、帰る(アンドレイ・ズビャギンツェフ、Vol.1)
チャーリーとチョコレート工場(ティム・バートン、#613)
<な>
ネバーランド(マーク・フォースター、Vol.11)
<は>
バッドアス!(マリオ・ヴァン・ピープルズ、#623)
パリ・ルーヴル美術館の秘密(ニコラ・フィリベール、Vol.3)
ヒトラー ~最期の12日間~(オリヴァー・ヒルシュビーゲル、#616)
ブロークバック・マウンテン(アン・リー、#627)
<ま>
Mr.インクレディブル(ブラッド・バード、Vol.4)
ミリオンズ(ダニー・ボイル、#622)
ミリオンダラー・ベイビー(クリント・イーストウッド、Vol.15)
モーターサイクル・ダイアリーズ(ウォルター・サレス、Vol.5)
<や>
<ら>
Ray/レイ(テイラー・ハックフォード、Vol.10)
<わ>

【資料】道草セレクションはコチラからどうぞ

【参考】↓TSUTAYA作品検索はコチラ↓

TSUTAYA online

| | コメント (0)

To my shame, NOW 100 PLUS ENTRIES IN ENGLISH

Weeks ago, I celebrated two hundred entries overall here. Regrouping the category, I found my English entries had not counted one hundred yet, precisely 97. Then I might have mistaken it due to counting POG entries even more.

Now this entry is the 101st entry in English. I really am sorry that I disturb you. Please give me a chance to say everyone coming here.

I much thank for those who have loved my blog and have come in here accidentally from all over the world. I heard that my blog is come from overseas countries using languages of Chinease, Czech, Dutch, Finnish, French, German, Greek, Hebrew, Hungarian, Italian, Korean, Polish, Portuguese, Slovakian, Spanish, Turkish and of course English. I'm sure to appreciate it for people in Japan too.

I do my best today and write an English. Please favor it with your continued patronage.

<please click below!!>

banner_02

| | コメント (0)

この1年で見たTVドラマから【1周年記念】

既エントリー「はずれない映画を見る方法」でも紹介しているTVドラマについて書きたいと思います。

邦洋問わずTVドラマのDVDって、1枚で3~4エピソード入っているので、1週間で借りれる枚数に限界のある私、だいたい一度に1~2枚くらいしか借りられない。さらに他にも観たい映画があるから連続して観ることも難しい。そんなこんなでこの1年見たTVドラマは以下のようになりました。

☆「フレンズ」第8シーズン
この番組はリリース当初まったく観る気はなく、奥さんのリクエストで観はじめたのですが、今では借りてきても私だけが観ています。30分という手軽さ。話の単純さ。進展してそうで不変な登場人物の相関関係。レイチェルが妊娠・出産するこのシーズンはめでたくエミー賞の作品賞を受賞しました(2002年)。残りのシーズンもあとわずか、何とか早く完走したいものです。

☆「ER 緊急救命室」第6シーズン
エミー賞作品賞をとった第2シーズン(1996年)以降観るスピードが年々遅くなっていくのですが、まだ完走まで距離半ば。がんばります・・・

☆「となりのサインフェルド」第1シーズン
1990年にオンエアされた、「フレンズ」などのシットコム・ブームの走りとなった番組のようです。最初のシーズンが何故かDVD1枚(5話)のみというのも不思議ですが、エミー賞に輝いたシーズンまで付き合ってみます。

☆「24」第1シーズン
ついに昨年末、奥さんにせがまれ観てしまいました。これは他の番組と違って連続ものなので、毎週追いかけるように借りて観ていたのを思い出します。ワタクシ的には画面を分割して多方面を見せるやり方に批判があるのですが、見ていくうちにこだわらなくなっていきました。映画と違って長丁場なのでケンカしないように見るのがいい。

☆「義経
源義経って知ってそうで知らないな、と思い「利家とまつ」以来のNHK大河にチャレンジ。一度見逃しただけで、なんとか義経の最期を見届けることができました。大河って話そのものよりも初めて見る役者さんが多くて、役者の名前を覚えるのにも便利ですね。1年付き合うわけですから、いろいろ吸収しようと努めていました。

以上、韓国ドラマは依然手付かず。何か目安になる韓国ドラマ賞ってないんですかねぇ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この1年で読んだ本から【1周年記念】

ブログ開設後「いま読んでいます」欄で、私が仕事の合間などに読んでいる本を紹介しています。

大学時代からずっとベストセラーを中心に読む本を選んでいます。マンガはほとんど読まないけれど、ときどき文庫版のものをまとめて買って読んだりはします(いまチビチビ見てるのは「釣りキチ三平」と「あさきゆめみし」)。雑誌もほとんど最近は読まず、「Number」と決算号の「キネ旬」くらいでしょうか。

今回1周年を記念し、昨年来読んだ本の中から、「これはBOOKOFFに持っていくのはよそう」我が家の本棚に置いとくべき、と悟った本について書きたいと思います。2冊あって、どれも映画化された作品です。

☆『ダ・ヴィンチ・コード』ダン・ブラウン
道草でも一度書いたことがありますが、前にルーブル美術館に行ったことがあって、その記憶を反芻しながら当時ページをどんどんめくっていきました。世界史も好きだったので、キリスト教文化の薀蓄あたりも非常に興味深く、物語としてのラストシーンも良かったです。映画版はまだ観るかどうか分かりませんが、ロン・ハワードだけに不満は出ないのではないかな、とも思っています。

☆『電車男』中野独人
これは小説ではないけど、新しい形のストーリー・テリングだなと。さらに世のモテたい男性にとってのマニュアル本としても使えるのではないかなと。ところどころで話の腰を折られるのは、この本の宿命でしょうが、あとでパラパラ見るには逆にいいかなと。映画・TVドラマ・舞台、どれも見てませんが、ライターの創造を掻き立てるのに適した題材だと思います。

以上、ベストセラーって圧倒的にノンフィクションものが多いんですけど、この1年に限っては上のような例外が印象に残った年でした。

あとこれも告知してきませんでしたが、最近5件のエントリーに下のようなバナーを貼っています。これをクリックいただけるとお安く購入できるサイト等に飛んでいきます。ご利用いただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HAPPY 1st ANNIVERSARY

本日めでたくブログ開設1周年を迎えることが出来ました。

これもひとえにご来訪いただいている皆様の支えあってこそと思っております。

今後もスポーツと映画の両輪で続けていければと思いますが、ブログでできる可能性をもっと追求して参りたいと思います。

また、これを機に少しずつ記事の整理を行っていきたいと思います。なるべく見易いようにやってみます。

いままで言う機会もなかったですけど、人気ブログランキングに参加中です。下のアイコンを1日1回クリックいただけると最高です。

banner_02

| | コメント (0)

100th ENTRY BREAKTHROUGH !

304 days from this blog establishment, today became the over-100th entry. It is comments and trackbacks from everybody who sees this that I've kept on writing. Thank you very much.

You know it, but this blog announces my interesting sports in English in order to heighten my English expression, and my comments about movies (with no plot showed) and horse racing POG in Japanese if I feel it choke.

Japanese sentence seems to have passed a little by 47/53 when the breakdown of English/Japanese is examined. If it is possible to exchange it with everybody through blog in the future, it is most important happiness.

My best regards in the future.

*The comment on March 8 was translated.

| | コメント (0)

100エントリー突破!

当ブログ開設から304日。今日が101回目のエントリーとなりました。これもひとえにご覧いただいている皆様のコメントやトラックバックなど、反響あればこそ続けてこられたものと考えております。ありがとうございます。

ご存知の通り当ブログは、自分の英語力を上達させるべく、興味のあるスポーツ観戦記を英語で、なんだか窮屈になってきたら、道草で映画(ネタバレなし)や競馬POGの愛馬について日本語で書き綴ってゆく、といった具合で進めております。

英文/日本文の内訳を調べてみると、47/53で、やや道草が過ぎている様子。これからもブログを通して、みなさんと交流することが出来ればなによりの幸せです。

今後ともよろしくお願いいたします。

*節目として模様替えしました

| | コメント (0)

より以前の記事一覧